詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

練馬区立美術館『菅原健彦展』 ~ を見て!

練馬区立美術館で開催中菅原健彦展
「現代日本画に新風を吹き込み、最も活躍が期待されているひとり・・・」という振れ込みで出かけてみた。多摩美術大学で日本画を学び、在学中から横山操に傾倒し、市街地や廃坑などをモチーフに描き出した。戦後の日本画壇にあって、先鋭的だった横山操が好んで描いた、身近な工場の煙突や鉄骨の燈台など殺風景な対象を敢えて選んで、意表をつくような視覚から暗く沈んだ画面に大きく描き出す”絵画もまた力強くなければならない!”という横山操の心情を見事に受け継ぎ、純粋に力強い造形に対するバイタルな追求から、縦と横の息の長い線にハの字や逆ハの字のストロークで切っていくという構成の極めて印象的かつ重厚な横山操の作風を鮮やかに周知させたことには圧倒させられた。
«操車場»(1989) «246»(1991) «首都圏境»(1991) «黒い船―端島―»(1993)«首都高外環»(1993) «谷中Y字路»(1993) «円形のジャングルジム»(1993)
1995年より1年間のドイツ留学を果たし、以前から憬れていたアンゼルム・キーファーやヨーゼフ・ボイスら作品の多くにひたることだったらしい。しかしながら彼らのいわゆる「新表現主義」は、ベルリンの壁崩壊後、西側と東側、民族と文化のカテゴリーの消失とともに急速に失速し、物質を物質で描くことへの限界や虚無感を感じ、矮小化した観を与えるだけで帰国することになる。帰国後、山梨県白根町(現南アルプス市)の山間部、滋賀県大津市山間部に移住し、人工的な都会の物質文明から距離を置き、自然と向き合い、自然の中の霊気を感じ取り、生類万物の精気を全身全霊で和紙や木版の上に描き出す作品群は躍動感が漲っている。かねてから意識のなかに据えていた「水墨画」に挑みはじめ、純粋な水墨だけではなく、「東洋絵画への挑戦」という命題を抱え、たらし込みを大胆に使ったり、桃山文化の狩野永徳や長谷川等伯からの引用を織り込みながら、松煙を膠(ニカワ)で溶いて墨より強い物質感を表出し、その上から引っかいたり、箔を貼った和紙の質感を生かしながら独自の試みを展開していく。
“描くべき自然は自分の内部にある「普遍的な自然」である”と言っても過言ではなく、
『絵と、絵の外にある「自然」との間にどのような関係を創るのか・・・!?』という問いによって生まれてくる『自然との交感深度』なのであろう。
«淡墨桜»(1997) «カフェ»(1997) «神代桜»(1999) «冬木桜»(1999) «雪桜»(2000)«山水»(2000) «冬木桜»(2001) «石の橋»(2000) «淡墨桜»(2001) «雲水峡»(2003)«雲水峡»(2004) «淡墨冬華»(2004) «音»(2004) «聴音無量» (2004)«無名の滝»(2004)
それまでの岩絵具を塗り重ねる手法に変わって、即興的な線描を主体にした制作手法へと移行し、ずっしりと重みのある彩度の低い岩絵具より墨色を中心にした作品に圧倒される。2005年には、ニュージーランドに長期滞在し、氷河やフィヨルドの荒涼とした圧倒的な自然の力に驚異を感じ、ますます魅せられていくことになる。
2008年晩秋から取り掛かり、2009年に完成した新作龍図2点«雲龍図»«雷龍図»は1メートル四方の板を50枚も貼り合せた上に水墨でもなく、宗達ばりの琳派風装飾画でもない、荒々しく描き倒されるような迫力を感じた。
「絵を描くことは『快楽』以外の何ものでもない」という画家の風情が、われわれの感性と眼を圧倒し、徹底的に楽しませてくれる。
今後が期待される画家の一人であることは間違いない!!!
なんとも前衛的過激な世界を漂い、愉しく不可思議な気分にさせる展覧会であった!!!

ヘドデル・キドリンスキー

2009年12月2日