詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

篠田桃紅 夢の浮橋

  • 菊池寛実記念 智美術館 (東京都・港区)

 墨による抽象表現「墨象」で独自の世界を切り開き、昨年107歳で亡くなった篠田桃紅(1913~2021年)の追悼展が、東京・虎ノ門の菊池寛実記念 智(きくちかんじつきねんとも)美術館で開かれている。
 同館は通常は陶芸家の個展を中心に展覧会を行っているが、創設者の菊池智(1923~2016年)と篠田との長年の交流が機縁となり、エントランスホールと地下の展示室へと向かう螺旋階段に作品が常設展示されている。そのため、これまでにも篠田の個展を100歳記念の2013年と2017年に開催。3回目となる今回は、篠田の作品をおよそ40年にわたり国内外に紹介してきたトールマンコレクション ギャラリーの監修で1950年代から晩年までの肉筆、版画、着物など約50点を展示し、その創造の軌跡をたどっている。
 「篠田桃紅展」といえば、4月16日から6月22日まで東京オペラシティアートギャラリーで開催された大規模な回顧展が記憶に新しい。オペラシティではホワイトキューブに大作を中心に展示してその力量が示されていたのに対し、菊池智の美意識が反映された智美術館に展示された篠田の作品は、故人の息吹が感じられるかのような親密さがある。2017年に同館で開催された「篠田桃紅 昔日の彼方に」展の際は、プレスプレビューが篠田の誕生日の3月28日行われた。104歳になった篠田が和服姿で現れて会場をめぐり、「私の作品は全部危ない。どこかでやっと持ちこたえているような作品ばかり」と話していた。今回もそうした声が聞こえてくるかのようだ。

手前のS字型の台にはリトグラフとエッチングが展示されている
手前のS字型の台にはリトグラフとエッチングが展示されている

 篠田は、幼少時に漢籍や書に通じた父から書の手ほどきをうけたほかはほぼ独学で書を学び、20代から書家として独立。古筆から学び、書家として歩みながらも自由な創作を模索して1956年から58年まで単身で渡米した。この時期は、ジャクソン・ポロックやマーク・ロスコらの抽象表現主義絵画の全盛期で、篠田も刺激を受けて、ニューヨークを拠点に水墨の特性を生かした抽象画を手掛け、全米各地やパリで個展を開催し、好評を博した。その後も60年代から70年代にかけて表現を確立していった。
 展示室の入り口横の正面の壁に掲げられた「夜明け」はその当時の1967年の作品。抽象表現主義の作家を取り上げ、アメリカの美術界を牽引したベティ・パーソンズ・ギャラリーで発表され、トールマンが里帰りさせた。

「夜明け」 墨、和紙に金箔 124×124㎝ 1967年
「夜明け」 墨、和紙に金箔 124×124㎝ 1967年

 米国滞在時の1958年に紺紙に銀泥で三好達治の詩を書いた「桐の花」も展示されている。アメリカの実業家ジョン・D・ロックフェラー3世夫人の旧蔵品で、本展出品作のうち最も初期の作品となる。トールマンが90年頃入手し、篠田に見せたところ、篠田はこの作品との再会を喜び、当時使用した紺紙の残りをアトリエで見つけ、同じ三好達治の詩を書いた「甃(いし)のうへ」を制作した。この作品も展示されている。

「桐の花」 銀泥、紺紙 (92×62㎝)×2 1958年頃 ノーマンH.トールマン蔵
「桐の花」 銀泥、紺紙 (92×62㎝)×2 1958年頃 ノーマンH.トールマン蔵

 晩年の作品の中では、100歳の時に描いた「いしぶみ」が目を引く。縦146㎝、横98㎝の大作で、衰えぬ制作へのエネルギーが伝わってくる。平たい筆で墨の微妙な諧調を描き分けて時の移ろいや日々の雑感を表現した墨への思いが伝わる作品だ(7月24日まで展示)。本展最晩年の作品は2016年の「Silver Fountain」(銀泉)。金泥と銀泥で描かれた線のバリエーションが豊かで、強さと繊細さが織り交ぜられている。

「いしぶみ」 墨、朱、麻紙 146×98㎝ 2013年 ※前期展示
「いしぶみ」 墨、朱、麻紙 146×98㎝ 2013年 ※前期展示
「Silver Fountain」 胡粉、銀泥、金泥、麻紙 80×50㎝ 2016年
「Silver Fountain」 胡粉、銀泥、金泥、麻紙 80×50㎝ 2016年

 展覧会の副題「夢の浮橋」は、源氏物語の最終巻のタイトルであり、107歳まで生きて多くの作品を残した人生を思い返すのにふさわしいことから付けられた。合わせて篠田が1990年に手掛けた同タイトルのリトグラフも展示している。鋭い線やかすれた線、ぼかしたような線が重なり合い、墨の持つ特性や、朱の色が効果的に生かされた作品だ。
 篠田は水墨とは異なる距離感を楽しむように1960年代からリトグラフにも取り組んだ。版材に篠田自身が描画し、印刷は国内の刷り師では第一人者だった木村希八が行っている。刷られた画面上に肉筆が加えられるのが特徴で、この作品では、画面右中央にひかれた朱の線とその左斜め下の薄墨の部分が筆で描かれている。

「夢の浮橋」 リトグラフ、手彩 63.5×90.5㎝ 1990年
「夢の浮橋」 リトグラフ、手彩 63.5×90.5㎝ 1990年

 展示室の最後には、篠田が菊池のためにデザインした着物と帯が初公開されている。着物には、菊池の依頼を受けた篠田が色やデザインを細かく指示して染め上がった布地に、想、遊、語の文字が銀泥で書かれ、帯には墨と銀泥で抽象的なデザインがあしらわれている。帯の包み紙には「月映え」というタイトルが書かれ、寒くなる時期にこの帯とつむぎを合わせたら良いのではないかという提案と菊池の体をいたわる温かい言葉が書かれた手紙が添えられていたという。二人の友情を感じさせる出品だ。

「染め分け着物 想・遊・語」2000年、「縮緬名古屋帯 月映え」 いずれも菊池コレクション
「染め分け着物 想・遊・語」2000年、「縮緬名古屋帯 月映え」 いずれも菊池コレクション

 冒頭で紹介した2つの常設作品のうち、螺旋階段壁面の「いろは歌切れ 真行草」は、2003年の美術館開館に合わせて作られた。菊池が所蔵していたいろは歌が書かれた屏風を真、行、草の漢字からイメージした形に大胆にカットし、銀の和紙の上にコラージュしている。「四角い紙を貼るだけでは面白くない」という菊池の提案に篠田が応え、展示作業の際も陣頭指揮をとって完成させたという。
 もう1点は、美術館の入り口から続くエントランスの正面を飾る「ある女主人の肖像」。菊池の姿を「女」の文字で表している。
 2つの作品は、館内に凛とした空気をもたらしている。そうした雰囲気の中で篠田の作品に静かに向き合うことができる追悼展となっている。

地下の展示室に向かう螺旋階段にある「いろは歌切れ 真行草」2003年設置
地下の展示室に向かう螺旋階段にある「いろは歌切れ 真行草」2003年設置
エントランスホールにある「ある女主人の肖像」 1988年頃
エントランスホールにある「ある女主人の肖像」 1988年頃

(文中敬称略)
 
執筆・写真撮影:西澤美子
 
参考資料:「篠田桃紅 夢の浮橋」展 図録 (ザ・トールマンコレクション刊 2022年)

【会期・会場】
2022年6月18日(土)~8月28日(日)
※7月24日までを前期、26日からを後期として一部展示替えあり
菊池寛実記念 智美術館(東京都・港区)
美術館HP:https://www.musee-tomo.or.jp/