詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

VOCA賞の川内理香子と受賞作「Raining Forest」

Exhibitions

News

VOCA展2022 現代美術の展望 新しい平面の作家たち

  • 上野の森美術館 (東京都・台東区)

 絵画や写真などの平面作品に取り組む若手作家を支援する「VOCA(ヴォーカ)展」の第29回となる「VOCA展2022」が東京の上野の森美術館で開かれている。
 全国の美術館学芸員、研究者らに推薦された40歳以下の作家33名(組)が、過去1年以内に制作した未発表の作品を出品。この中から、5名の選考委員、家村珠代(委員長・多摩美術大学教授)、荒木夏実(東京芸術大学准教授)、植松由佳(国立国際美術館学芸課長)、川浪千鶴(インディペンデント・キュレーター)、前山裕司(新潟市美術館館長)により、最高賞のVOCA賞(賞金300万円※特別協賛の第一生命保険株式会社の買い上げ料)に川内理香子、奨励賞(賞金50万円)に鎌田友介と近藤亜樹、佳作賞(賞金10万円)に谷澤紗和子と堀江栞が選ばれた。また、大原美術館賞(同館収蔵作品候補となる)には高階秀爾館長と同館学芸員による選考で小森紀綱の「絵画鑑賞」が決定した。

(前列左から)堀江栞、鎌田友介、川内理香子、谷澤紗和子、小森紀綱 (後列左から)高階秀爾、前山裕司、川浪千鶴、家村球代
(前列左から)堀江栞、鎌田友介、川内理香子、谷澤紗和子、小森紀綱 (後列左から)高階秀爾、前山裕司、川浪千鶴、家村珠代

 VOCA賞の川内理香子は、「食」や「身体」への強い関心をもとに絵画や立体を制作してきた。受賞作の「Raining Forest」は、2018年から制作している「Mythology(神話)」シリーズの一つ。油絵具を厚く塗り重ねた画面を引っ掻いて、ジャガーを中央に、さまざまな動植物や臓器、文字などを描いている。川内にとってジャガーは神話の中で人類に火をもたらし、自然と人間を結び付けるとともに分断を促す媒介者としての両義性をもつ重要なモチーフだ。画面の上方は「ヤシの木などに動物たちが登って吐いているイメージ。体の中の物としての吐しゃ物を自然界の物である雨のように描き、内と外の境目のなさ」(川内)を表した。川内を推薦した千葉市美術館の森啓輔学芸員は「自己と他者、内部と外部といった境界が曖昧な内臓の襞のようであり、グローバル化と分断が支配する現代に多層的な問題を提起している」と述べている。また、川内が「自分の作品の中ですごく重要な要素。身体の動きが如実に表れる人間の根源的な表現」だととらえる線についても「厚塗り絵画の層上に刻まれた線には、今日的な問題を包含しながらも、内なるエネルギーの発露が滴り、圧倒的な存在感が示されていた」(植松)、「身体的な線の力は豊かな絵画体験をもたらしてくれる」(前山)と高く評価された。
 川内は1990年東京都生まれ。2017年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究領域修了。「今回の受賞作を次の展開に生かしていきたい」という。

VOCA賞の川内理香子と受賞作「Raining Forest」
VOCA賞の川内理香子と受賞作「Raining Forest」

 大原美術館賞を受賞した小森紀綱の「絵画鑑賞」は、江戸時代の琳派や北斎の作品とダ・ヴィンチやキリコらの西洋の絵画や宗教的モチーフを折り重ね、さらには現代のコンセプチュアルアートも盛り込まれた独特な世界が展開する作品。仏教における三界(欲界、色界、無色界)を表し、画面左端の輪の内側を色界とし、鑑賞者は欲界から色界をのぞき込む構図がとられている。画面の中の円状の彫刻は無色界を表す。
 大原美術館の高階秀爾館長は「過去の絵画、現代の絵画、記憶の中の絵画などいろいろな絵画が一つの画面に存在している。また、鑑賞している人も絵の中の登場人物かもしれないというように、この作品自体が新しい世界を作り出している。絵画の持つ面白さを非常によく表し、大変内容の豊かな、見た目にも喜ばしい作品なので選んだ」と語った。
 小森は1997年鹿児島県生まれ。父は僧侶、母はカトリックの信者。2019年和歌山の高野山専修学院で得度した。21年武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業。今回の受賞について「大原美術館はコロナ禍でも学校での教育普及を最優先で行うなど美術館の鏡であり、尊敬している。その憧れの美術館の所蔵候補にしてもらい夢のようだ。VOCAの話が来た時もVOCA賞ではなくて大原美術館賞にしか興味がなかった」と喜びを語った。「僧侶になっても絵はずっと描き続けていきたい」という。

大原美術館賞の小森紀綱と受賞作「絵画鑑賞」
大原美術館賞の小森紀綱と受賞作「絵画鑑賞」

 奨励賞の鎌田友介(1984年神奈川県生まれ、東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了)は、日本の植民地支配下にあった台湾や朝鮮半島、入植地のブラジルなどに建てられた日本家屋の歴史についての調査をベースに「床の間」を再構築し、日本社会が歴史を忘却することに抗う「Japanese houses(Taiwan/Brazil/Korea/U.S./Japan)」を、近藤亜樹(1987年北海道生まれ、東北芸術工科大学大学院修士課程芸術文化専攻実験芸術領域修了)は、授かった命が「ここにいる」ことの不思議と感謝から絵筆を持ち続ける中の1枚で、かけがえのないものを守ることの大切を痛感させられる「ぼく ここにいるよ」を出品している。

奨励賞の鎌田友介「Japanese houses(Taiwan/Brazil/Korea/U.S./Japan)」
奨励賞の鎌田友介「Japanese houses(Taiwan/Brazil/Korea/U.S./Japan)」
奨励賞の近藤亜樹「ぼく ここにいるよ」
奨励賞の近藤亜樹「ぼく ここにいるよ」

 佳作賞の谷澤紗和子(1982年大阪府生まれ)は、高村智恵子へのオマージュと再解釈を切り紙や古い家屋の建材を用いた額で表現した「はいけい ちえこ さま」を、堀江栞(1992年フランス・パリ生まれ、多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業)は、正面を向いて立つ若者を日本画の画材で一画面に一人ずつ描き、個の存在を照らし出す5点の組作品「後ろ手の未来」を出品している。

佳作賞の谷澤紗和子「はいけい ちえこ さま」
佳作賞の谷澤紗和子「はいけい ちえこ さま」
佳作賞の堀江栞「〈後ろ手の未来〉#2、〈後ろ手の未来〉#3、〈後ろ手の未来〉#4、〈後ろ手の未来〉#5、〈後ろ手の未来〉#6」
佳作賞の堀江栞「〈後ろ手の未来〉#2、〈後ろ手の未来〉#3、〈後ろ手の未来〉#4、〈後ろ手の未来〉#5、〈後ろ手の未来〉#6」

 受賞を逃した作品の中で注目したのが、多田圭佑の「trace/dimension#16」。既存の木の板とタイルと鎖を用いたオブジェ風の作品に見えるが、すべて超絶技巧の賜物。多田によると、これらは厚みも含めてすべてアクリル絵具で作っているという。「絵具を『絵具であると同時に造形するための素材』と言う多田は、“本物”を知覚するということが何たるかを私たちに問う」と推薦者である水戸芸術館現代美術センターの井関悠主任学芸員は述べている。
 多田は、ビデオゲームや映画に用いられる3DCGへの興味やテーマパークのセット制作経験などから、「仮構されたもの」に多大な影響を受け、リアルとバーチャルを行き来する体験に興味があるという。画材、素材の観点から絵画の新たな可能性を探っている。

多田圭佑「trace/dimension#16」
多田圭佑「trace/dimension#16」

 出品作家はほかに、泉川のはな、大関智子、尾関諒、加藤笑平、川島崇志、木浦奈津子、是恒さくら、THE COPY TRAVELERS(加納俊輔、迫鉄平、上田良)、齋藤春佳、柵瀨茉莉子、塩原有佳、System of Culture(小松利光、佐々木祐真)、髙田裕大、舘田美玖、張小船 Boat ZHANG、手嶋勇気、長原勲、野原万里絵、平田尚也、藤田紗衣、水上愛美、武藤江美奈、村田啓、むらたちひろ、本山ゆかり、ユアサエボシ。
 
(文中敬称略)

執筆・写真撮影:西澤美子

【会期・会場】
2022年3月11日(金)~30日(水) 上野の森美術館(東京都・台東区)
美術館HP:https://www.ueno-mori.org/

※「VOCA 30 Years Story / Tokyo」
3月11日(金)~11月30日(水) 第一生命ロビー(東京都・千代田区)
VOCA賞受賞作品全29点を公開。
https://www.dai-ichi-life.co.jp/information/pdf/index_074.pdf