詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

『戦争画の相貌〜花岡萬舟連作〜展』を見て!

久しぶりに早稲田大学会津ハ一記念博物館まで足をのばしてきました。2006年に寄贈された「戦争画:花岡萬舟の57点」のうち、25点が修復され展示された。現代ではほとんど忘れられた”幻の画家”花岡萬舟は”孤高の人”のごとく、画壇に関わらず、個人で展覧会活動をおこない、従軍画家として特別待遇を受けた「藤田嗣治」らとはかなり違った経歴だったようです。
東京国立近代美術館に所蔵されている「戦争記録画」の大半は、陸海軍が委嘱する公式の戦争画で、重要な軍事的事項を記念する歴史画として、戦時中、新聞社や戦争画家の団体が主催する大規模な展覧会が列島内外を巡回した。横山大観、梅原龍三郎、藤田嗣治等が取り組んだ作戦記録画には、当人たちの思惑(戦争反対・賛成論議)は別にして、軍部社会の要請に触発された結果だったのかも知れない。突如降りかかってきた戦争という事態が、美術家たちにとって縁遠く、もの珍しく、日常からかけ離れた風景・風俗・風光を見てみたいという好奇心に因るものだったのかもしれない。
花岡萬舟の特筆すべき点は、日本画らしい日本画と洋画らしい洋画を並行して手がける、昭和初期には類例のない油彩技法を身につけていた。単なる画家としての従軍ではなく、上海事変の前から中国で活動し、1933年には上海事変(第1次)の戦跡にも足を運んで油彩による「爆弾三勇士」の大作を描き、この時期まだ、絵心のある職業軍人たちの絵画制作が中心でプロの画家の働きかけは活発ではなかった。日中戦争が始まると、中国人(中国名:陳張波)になりすまし、大道芸人になり諜報活動をして、工作員のような任務に従っていたらしい。この間の事情は萬舟をモデルにした関澤秀隆氏の小説「敵前潜行」に詳しい。このことから考えても、前出の画家たちと一線を隔す”謎めいた解読不可能な人物”というレッテルが相応しい。萬舟が自らの立場を戦争という事態の「内側」においていたということがいえるのかも知れない。
帰国後の萬舟は”油彩画に、日本画に平気で愚作を描きなぐり、「最高の徳は不要なり」の如くに、「その傑作も不要なるものの如くに描き上げる!」”と書いているのをみてもわかるとおり、作品の出来栄えには頓着しない精神運動が必要であり、「戦友道」とも言うべき美しき人間道徳をもってどこまで生きられるのかという命題を背負って設立した忠愛美術院の活動を積極的に進める。忠愛美術院は美術団体である以前に精神修養団体だった。戦場で傷ついたいわゆる「白衣の勇士」の手になる作品を大量に受け入れ、彼らの社会復帰のための手当てが模索されていた事実、その後の人生設計にもかかわろうとした形跡は、単なる美術家という範囲を超えている。1941年11月には、忠愛美術院では、傷痍軍人に美術教育をほどこすための「美術道場」の建設にも取り掛かっていたらしい。練馬富士見台に1942年2月竣工予定のこの「忠愛美術研究所」は、白衣の勇士や遺族の子弟で美術の途に進もうとする人々を集め、花岡萬舟、津田正周、高澤圭一の諸画伯ほか同人全部で指導するものであったという。(早稲田大学:河田明久氏文抜粋)
最後に、特筆すべきは「銃後戦線」「銃後ト戦線ノ勇士」の二つの画に、作品記録画の中に勇士たちのつぶやきとしての”ふるさとの情景” “生まれ育った田舎の風景”を噴出しのように取り入れて描いていることが{日本人特有の原風景}が漂い、非常に感慨深く伝わってくる!!!
ヘドデル・キドリンスキー

2009年7月22日