詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

青空は、太陽の反対側にある:
原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

 2021年1月に閉館した東京都品川区の原美術館と群馬県渋川市のハラミュージアム アークを統合し、新たな名称でリニューアルオープンした原美術館ARC。伊香保温泉にほど近いリゾート地の豊かな自然に恵まれた美術館で、開館記念展の第3弾が開催されている。

 東京から渋川の館に移籍した学芸部長の坪内雅美さんは、まずこの地の自然環境の美しさに心を動かされたという。その言葉通り、開館記念展の名称には、「虹をかける」「雲をつかむ」、そして今回の「青空は、太陽の反対側にある」と、いずれも自然にまつわるキーワードが使われている。

原美術館ARC外観
原美術館ARC外観

 少し謎めいたタイトルには、「輝く太陽の周りは少し白っぽく、太陽から離れるにつれ青さが増してゆく。思い描く理想の青い空は、太陽の反対側にある」という意味があるという。美術や社会の伝統的価値観やマジョリティに流されることなく、自らの理想を求めて、オリジナリティあふれる作品をつくってきたアーティストたち。この展覧会では、40年余りをかけて集めてきた館の現代美術コレクションから、そうした国内外の作家の作品に焦点をあてている。

Aギャラリー展示風景 奈良美智《Fountain of Life》2001年 作家寄託  壁面左から/横尾忠則《戦後》1985年 《DNF:暗夜行路 2001年9月11日》2001年
Aギャラリー展示風景 奈良美智《Fountain of Life》2001年 作家寄託  壁面左から/横尾忠則《戦後》1985年 《DNF:暗夜行路 2001年9月11日》2001年

 青空に映える黒を基調とした端正な建築は、2022年12月に亡くなった建築家・磯崎新の設計によるもの。3棟に分かれた展示室が、「希望を保つ」「行動する」「抗う」のキーワードのもとで構成されている。
 「希望を保つ」を象徴するのは、奈良美智の《Fountain of Life》だろうか。2004年の個展に出品されたときは、子どもたちは悲しみの涙を流していたが、今回は、涙のないかたちが選ばれたという。子どもたちの無垢な表情に何を感じるかは、鑑賞者に委ねられているのだ。

Aギャラリー展示風景 壁面左から/やなぎみわ《案内嬢の部屋1F》1997年 《My Grandmothers: AI》2003年 ギルバート&ジョージ《成熟》1986年
Aギャラリー展示風景 壁面左から/やなぎみわ《案内嬢の部屋1F》1997年 《My Grandmothers: AI》2003年 ギルバート&ジョージ《成熟》1986年

 ときに解説を読みながら、じっくり作品を見ていくと、キーワードがすとんと腑に落ちる感がある。例えば、横尾忠則の《戦後》では、殺伐とした焼け野原の中にも、美空ひばりといった当時のスター歌手の溌溂とした姿が目を引く。あるいは、やなぎみわの《My Grandmothers: AI》では、モデルの女性が老女になったときになりたい自分を演じる姿が物語仕立てで写されており、そのタフなおばあさんの姿が清々しい感銘を与えてくれる。

Bギャラリー展示風景 中央/ヨーゼフ・ボイス《民主主義はいいもんだ》1973年 両脇/『ポートフォリオ:ボイスのために』1986年 全15点より2点
Bギャラリー展示風景 中央/ヨーゼフ・ボイス《民主主義はいいもんだ》1973年 両脇/『ポートフォリオ:ボイスのために』1986年 全15点より2点

 「行動する」の展示室では、社会活動や生き方そのものを美術作品としたヨーゼフ・ボイスが、自ら教鞭をとる芸術アカデミーの方針に異を唱えて起こした行動の結果を見せる作品が象徴的だ。「抗う」の展示室は、個々の作品が何に抗っているのかを考えさせてくれる。大人になること、戦争、絵画の伝統、従来の技法、美術館に展示される作品の在り方など、抗う対象は実に多様だ。

Cギャラリー展示風景 左から/奈良美智《Eve of Destruction》2006年 ジャン・デュビュッフェ《二人の機械工》1944年 安藤正子《あぶく》2010年
Cギャラリー展示風景 左から/奈良美智《Eve of Destruction》2006年 ジャン・デュビュッフェ《二人の機械工》1944年 安藤正子《あぶく》2010年
Cギャラリー展示風景  リー・キット《Flowers》2018年 美術館の展示作品とはこういうもの、という思い込みに疑念を呈する
Cギャラリー展示風景 リー・キット《Flowers》2018年 美術館の展示作品とはこういうもの、という思い込みに疑念を呈する

 この館の魅力のひとつは、印象深い常設のインスタレーションが数多くあることだ。草間彌生の《ミラールーム(かぼちゃ)》など従来の作品に加え、東京にあった作品もほぼ移設されている。トイレを使った森村泰昌の《輪舞(双子)》は1体だった像が2体となり、また奈良美智の《My Drawing Room》は戸口の位置が変わり、さらに東京の建物に使われていた窓枠や床板が加えられ、それぞれヴァージョンアップされた作品となっている。

森村泰昌《輪舞(双子)》1994/2021年
森村泰昌《輪舞(双子)》1994/2021年
奈良美智《My Drawing Room》2004/2021年
奈良美智《My Drawing Room》2004/2021年
鈴木康広《日本列島のベンチ》2014/2021年 屋外のインスタレーションで、実際に座ることができる
鈴木康広《日本列島のベンチ》2014/2021年 屋外のインスタレーションで、実際に座ることができる

 現代美術と古美術をともに見られるのも、この館ならではの魅力。明治の実業家・原六郎氏の古美術コレクションのために、同じく磯崎新が設計した「觀海庵(かんかいあん)」は、コレクションの中核をなす狩野派の障壁画があった三井寺の書院造を参照した独特の雰囲気をもつ展示室だ。今回は、障壁画のほか、通常は東京国立博物館に寄託されている国宝《青磁下蕪花瓶》と《青磁袴腰香炉》が里帰り展示(4月26日まで)され、また琳派の「光悦本」の《謡本》が初公開されている。
 觀海庵にはまた、例えば須田悦弘の本物の花と見まごうばかりの木彫などもさりげなく展示されており、古美術と現代美術の共演を楽しむことができる。

三井寺旧日光院客殿障壁画が並ぶ特別展示室「觀海庵」展示風景。 中央/国宝《青磁下蕪花瓶》南宋時代(展示は4月26日まで)
三井寺旧日光院客殿障壁画が並ぶ特別展示室「觀海庵」展示風景 中央/国宝《青磁下蕪花瓶》南宋時代(展示は4月26日まで)
《青磁袴腰香炉》宋時代(展示は4月26日まで)
《青磁袴腰香炉》宋時代(展示は4月26日まで)
特別展示室「觀海庵」展示風景 右上/ディヴィッド・スミス《3つの構造》 下/須田悦弘《水仙》1999年
特別展示室「觀海庵」展示風景 右上/ディヴィッド・スミス《3つの構造》 下/須田悦弘《水仙》1999年

 館内を堪能したら、ぜひ屋外を散策しながら、立体作品を見て歩きたい。この春、東京の館の庭にあった重量のある作品もすべて移設が完了したそうだ。映り込む景色が変わる作品や光を取り入れた作品もあり、季節や天候の違いによって様々な表情を見せてくれるに違いない。

屋外作品とカフェダール
屋外作品とカフェダール

執筆・写真撮影:中山ゆかり
  
*会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
*冒頭の写真: ジャン=ミシェル・オトニエル《Kokoro》と原美術館ARC外観
*屋外の立体作品のうちの3点は、隣接する伊香保グリーン牧場内にあり、鑑賞には入場券が必要となります。

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)
Opposite the Sun Is Where the Blue Sky Lies: Works from the Hara Museum and the Hara Rokuro Collections
  
【会期・会場】
会期:
第1期(春夏季) 2023年3月24日(金)-9月3日(日)
第2期(秋冬季) 2023年9月9日(土)-2024年1月8日(月・祝)
原美術館ARC(群馬県・渋川市)
  
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.haramuseum.or.jp/jp/arc/