詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

鉄道と美術の150年

  • 東京ステーションギャラリー (東京都・千代田区)

 「鉄道」と聞くと妙に心がときめく。列車、線路、駅。移り変わる窓の風景。遠くへ運ばれていく自分。今年2022年は日本の鉄道開業150年。1872(明治5)年10月14日(太陽暦)、日本で初めての鉄道が新橋-横浜間29kmを走った。「美術」という語がそれまでの書画などに代わって初めて登場したのも同年だった。殖産興業の一環として翌年のウィーン万博に参加のため、新たに造られた語だ。その後、鉄道と美術は互いに影響を及ぼしつつ、共に日本の近代化の流れと複雑にからみあいながら進展した。
  
 JR東京駅丸の内北口にある東京ステーションギャラリーで開催中の本展は、150年にわたる鉄道に関する美術(鉄道美術)を多様な視点で紹介する。同館の渾身の企画展と聞いていたが、予想をはるかに超える幅広さと刺激的な内容に驚嘆した。あえて章を設けずに構成したという展示は、めくるめく景色を展開し疾走する。展示替えを含み150作品が出品。

1872(明治5)年、日本で初めての鉄道、出発進行!

 世界初の蒸気機関車は英国で1804年に走行し、1825年に実用化された。日本には1853年ロシアが長崎に、翌年アメリカが横浜に来航時、模型を走らせた。そして1877年、日本初の鉄道が開業。当時それを速報として人々に伝えたのは瓦版や浮世絵だった。
   
 歌川広重(三代)(1842~94)は歌川広重の門人で明治広重と自称した。その浮世絵《東京汐留鉄道御開業祭礼図》(1872年、鉄道博物館)では新橋駅での明治天皇臨席の祝祭を、《横浜海岸鉄道蒸気車図》(1874年、神奈川県立博物館など)では蒸気機関車と帆船が並ぶ華々しい横浜の情景を、赤色を基調として描写する。

会場風景(以下同様)。歌川広重(三代)《横浜海岸鉄道蒸気車図》1874年、神奈川県立歴史博物館 *展示替えあり
会場風景(以下同様)。歌川広重(三代)《横浜海岸鉄道蒸気車図》1874年、神奈川県立歴史博物館 *展示替えあり

 先の拙稿(2022年11月2日記事「響きあう名宝―曜変天目・琳派のかがやきー」の最後で、幕末明治に活躍した画家・河鍋暁斎(1831~89)筆の傑作画帖『地獄極楽めぐり図』(表紙、見返し等除き35図)に触れたが、その内に「極楽行きの汽車」(1872年、静嘉堂文庫美術館)がある。本画帖は14歳で亡くなった娘・田鶴の追善供養として父の勝田五兵衛が暁斎に依頼。暁斎は田鶴が楽しく冥界を廻り極楽へ旅する様子を、温かくユーモアいっぱいに微細に描いた。目新しい鉄道を極楽行きの乗り物として登場させた暁斎の冴えに感服する。

河鍋暁斎『地獄極楽めぐり図』より「極楽行きの汽車」1872年、静嘉堂文庫美術館 画像提供:静嘉堂文庫美術館/DNPartcom *展示期間:10/8~11/6 (★11/8~1/9は下絵(1872年、公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館)を展示)
河鍋暁斎『地獄極楽めぐり図』より「極楽行きの汽車」1872年、静嘉堂文庫美術館 画像提供:静嘉堂文庫美術館/DNPartcom *展示期間:10/8~11/6 (★11/8~1/9は下絵(1872年、公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館)を展示)

 1872年には太陽暦が採用され、学制が発布。また日本初の博物館である東京国立博物館の始まりとなる湯島聖堂での博覧会が開催。ところで150年前とは遠い過去なのだろうか。祖父母のさらに祖父母か曾祖父母の時代になろうか。鉄道開業日に多くの市民が沿道に集まったという。その中に彼らがいたかもしれない。

明治中期:東海道線全通

 赤松麟作(1878~1953)の油彩大作《夜汽車》(1901年、東京藝術大学)は、明け方の客車内の人々の寛いだ様子を写実的に表す。会話が聴こえてきそうだ。1889(明治22)年に、新橋-神戸間が全通した東海道線の三等列車内、名古屋辺りとされる。眺めていると小説を読んでいる気分にもなる。ドストエフスキー『白痴』(1868)、夏目漱石『三四郎』(1908)の冒頭は汽車の場面だった。赤松は黒田清輝が結成した白馬会研究所で学び、1889年に開校し1896年に西洋画科を創設した東京美術学校に進む。1906(明治39)年、鉄道国有化。

赤松麟作《夜汽車》1901年、東京藝術大学
赤松麟作《夜汽車》1901年、東京藝術大学

1914(大正3)年、東京駅竣工。大正から昭和初期

 1914(大正3)年に東京駅(中央停車場)が竣工。ドーム屋根と赤煉瓦の壁を特徴とする幅335m、3階建ての駅舎は建築家・辰野金吾の設計。第一次世界大戦勃発の年である。
  
 川上涼花(1887~1921)は、油彩《鉄路》(1912年、東京国立近代美術館)を明るい色彩で汽車の疾走感を描いて新境地を拓く。長谷川利行(1891~1940)は、油彩大作《汽罐車庫》(1928年、鉄道博物館)にて田端駅の車庫を激情ほとばしる色彩と筆致で描写。また不染鉄(1891~1976)による日本画《山海図絵(伊豆の追憶)》(1925年、公益財団法人木下美術館)は、中央に富士山と駅と汽車を、手前に魚が泳ぐ太平洋を配し、独特な味わい。鉄道と駅の整備と共に絵画の領野が拡大する。

長谷川利行《汽罐車庫》1928年、鉄道博物館
長谷川利行《汽罐車庫》1928年、鉄道博物館

戦時下

 鉄道の煙だけが、また車窓からの湖の景色だけが描かれている2作品。例えようのない強烈な感情と苦しみが胸に突き刺さる。香月康男(1911~74)による油彩《煙》(1969年)と《バイカル》(1971年、共に山口県立美術館)だ。1942年12月の応召からシベリア抑留を経て1947年5月の帰国まで、その壮絶な体験を復員後に作品化したシベリア・シリーズだ。香月は《煙》に強い望郷の念を込め、鉄道で欧州留学した画家の先達にも思いを馳せた。

香月泰男《煙》1969年、山口県立美術館
香月泰男《煙》1969年、山口県立美術館

 東京駅は1945年5月25日の東京大空襲でドーム屋根が焼失し延焼。伊藤善(1916~73)による油彩《東京駅(爆撃後)》(1946年頃、東京駅)は衝撃的だ。その後、東京駅は戦災復興工事で2階建てとなった。長らくそのままだったが、2007年からの工事で創建当時の状態に復元され、現在に至る。

1964(昭和39)年、東海道新幹線開業。戦後から現在

 多くの人が行きかう駅という公共空間は、開業式を含め多様なパフォーマンスの舞台となった。平田実(1930~2018)が東京駅八重洲口で1964年に撮影したのは、東京-大阪間を開業したばかりの新幹線と、100号の自作絵画を両手に掲げて通勤者に見せる二人の画家・中村宏と立石紘一。彼らは「路上歩行展」を開催中だ。

平田実《「路上歩行展」と通勤者たち(中村宏・立石紘一作): 東京駅~京橋かいわい》1964年(プリント2016年)、東京ステーションギャラリー
平田実《「路上歩行展」と通勤者たち(中村宏・立石紘一作): 東京駅~京橋かいわい》1964年(プリント2016年)、東京ステーションギャラリー

 2011年5月、渋谷駅構内にある岡本太郎作の巨大壁画《明日の神話》に、芸術家集団Chim↑Pom(当時)(2005~)が原子力事故をテーマとした作品《LEVEL7feat「明日の神話」》(2011年、岡本太郎記念館)を無断設置し、翌日撤去された。本作も出展。
  
 立石大河亜(1941~98)こと立石紘一による油彩《香春岳対サント・ビクトワール山》(1992年、田川市美術館)は、福岡県田川市に生まれた画家の自伝的絵画。奇妙な煙と共に向かってくる蒸気機関車は、「SL人吉」としてJR 九州で運行され動態保存されている。

立石大河亞《香春岳対サント・ビクトワール山》1992年、田川市美術館
立石大河亞《香春岳対サント・ビクトワール山》1992年、田川市美術館

 日常的に利用し身近なものだが、「鉄道」とは何か? 鉄道美術は社会を鮮やかに写し出す。見応えのある展覧会だ。
  
  
【参考文献】
1)東京ステーションギャラリー 冨田章 田中晴子 柚花文 若山満大 半澤紀江 編集・執筆、羽鳥綾 編集:『鉄道と美術の150年』(展覧会図録)、左右社、2022年
2)東秀紀:『東京駅の建築家 辰野金吾伝』、講談社、2002年
  
執筆・見出し写真:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi)
作品画像提供:東京ステーションギャラリー(明記のものを除く) 
(2022年11月)
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

鉄道と美術の150年
Art and Railway –150th Anniversary of Railway in Japan
  
【会期・会場】
2022年10月8日(土)~2023年1月9日(月) 東京ステーションギャラリー(東京都・千代田区)
  
※①②③の期間、前期・後期で一部作品の展示替えをいたします。
①:10月8日~11月6日 
②:11月8日~12月4日
③:12月6日~2023年1月9日 
前期:10月8日~11月20日
後期:11月22日~2023年1月9日
※詳細は公式サイトでご確認ください。
公式サイト:www.ejrcf.or.jp/gallery