詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

若林奮 飛葉と振動

名古屋市美術館で5月24日まで、以降4会場を巡回

   彫刻家・若林奮の回顧展が始まった。2003年に67歳で亡くなった後、横須賀美術館、世田谷美術館、多摩美術大学美術館で、各館の収蔵作品や版画、素描などを中心とする個展が開かれたが、今回は、没後10年を経て、名古屋市美術館をスタートとし、足利市立美術館、神奈川県立近代美術館、府中市美術館、うらわ美術館を巡回する大規模な展覧会となっている。全体を通したテーマは庭。若林は鉄の彫刻家というイメージが強いが、人間は自然の一部であるとの考えを根底とし、木、石、紙、石膏、鉛、銅、硫黄などさまざまな素材を用いた作品を手掛け、その表現は庭という実際の自然空間へと展開した。
   本展は、庭への予兆(1957~82年)、庭へ(1982~2000年)、庭から(2000~03年)と題した3部構成で、初期から晩年までの仕事を一望し、創作の神髄に迫る試みとなっている。

・庭に着目する初の試み 
   若林が制作した庭としての作品は、長野県の《軽井沢・高輪美術館の庭》、滋賀県甲賀市の《神慈秀明会神苑(しんじしゅうめいかいみその)の庭》、東京都・日の出町の《緑の森の一角獣座》とその生命を受け継いだ《新しい庭》がある。また、鹿児島県の霧島アートの森に2000年に設置された《4個の鉄に囲まれた優雅な樹々》も野外に樹木を植えた作品で、その考えを受け継ぐ。会場では、これらの庭について、写真と映像、素描、マケットなどで紹介している。
   中でも興味深いのが《神慈秀明会神苑の庭》だ。非公開のため、これまでその全容は一部の人しか知ることができなかった。
   1986年から取り組んだこの庭の制作は、宗教法人神慈秀明会の小山美秀子会主が、名古屋の画廊で若林の木を描いた素描を偶然に見たことで、《多くの川を渡り、再び森の中へ》の制作を依頼したことに始まるという。この作品は、紙に木々などが鉛筆で描かれた18点のドローイングで構成されている。1点が248.5×113.5㎝という大作で、これまで、神慈秀明会を母体とするMIHO MUSEUMで2010年に一度、一般公開されたが、今展では特別に出品され、さらに18点すべてが一括で展示されるのは名古屋会場だけとなっている。

①

   この《多くの川を渡り、再び森の中へ》をきっかけとし、若林は「神苑」と呼ばれる本部敷地に庭の制作を依頼されることになる。手掛けたのは、遊歩道、梅園、スクウェア広場、ゲート広場の4つだが、ゲート広場は土地の利用法をめぐって調整がつかず、1996年12月に契約完了となり構想だけで終わったという。遊歩道は神苑の自然を体感する場所として、炭焼き場の跡などに設けた石組みや竹庭、鋳物の鉄の橋で構成。梅園は既設のものを造園し直して、種類の違う梅の配置と歩道の敷石や飛石の敷設デザインを手掛け、スクウェア広場は赤松やナラを主とする神苑の自然林に、古来から神社仏閣に多いケヤキ、クス、シラカシなどを植樹して神聖な雰囲気をもたらそうと試みた。
   その制作にまつわるエピソードが、名古屋市美術館で4月29日に行われた彫刻家の青木野枝と袴田京太朗、画家の鈴木省三による鼎談「若林さんのこと」で語られた。神苑の庭の制作の頃に若林のアシスタントとなり、以後約10年間務めた青木によると、会主が美術に大変な理解があり、若林は100%仕事を任されていたという。庭に多くの木を植えるために千葉、茨城、栃木、群馬、埼玉など何百キロにもわたって植木屋とともに木を捜し、若林が「植える」と判断すると、例えば20m級のけやきを関東地方から滋賀に運ぶなど、力を入れた仕事だった。

②

   次の庭となる《緑の森の一角獣座》は、東京都西多摩郡日の出町のごみ処分場建設に反対し、予定地内のトラストの森に植物や石を使って1996年4月から本格的に制作された庭。だが、周辺の木々が伐採され、山が崩され、水源が絶たれようとした時には、消えていく森の姿が描かれた36枚の銅板画で庭を囲う計画があった。この銅板画は、1999年4月に12枚が現地に仮設置された。翌日には取り外されたが、没後は倉庫に保管されていた。本展では、展示室にAからDに分類された36枚のうちのC面の全11枚が展示されている。今回の展覧会のための調査で、C面を除いて、そこに描かれた緑の木々が消され、輪郭が破線として穿たれていたことがわかった。そのうちの彩色の残る1枚を含む2点が公開されている。

③

   《緑の森の一角獣座》は2000年10月、東京都による強制収用で消滅してしまったが、若林は同年9月に庭の樹木のごく一部と、周辺の森の木や石を、日の出町の住民の敷地内に移し、それを元に新たに樹木や石を加えて「新しい庭」を制作した。桜、朴、シラカシの3本の木と石の枕をポイントとする庭で、今回、写真や映像、構想図などが展示され、まとまったかたちでは美術館での初めての紹介となった。
   前述の鼎談で、87年から数年の間、若林のアシスタントをしていた袴田は「庭の仕事は本流ではないと思っていたので、今回の大きな展覧会のテーマがなぜ庭なのかと思っていたが、展示を見て、一番中心にある仕事が庭というかたちで具現化されていることがよくわかった。実際に庭という名前で初めに手掛けたのは軽井沢だが、初期の作品は箱庭的なものや、風景を含んだ彫刻だったりする。《所有・雰囲気・振動-森のはずれ》が実際に自分のスペースを作ってしまう最初の仕事だと思うが、それが秀明会の庭や一角獣座で実際に社会の中にスペースを作っていくことにつながっていった」と考察した。

・名古屋会場のみで出品される 《大気中の緑色に属するものⅠ》
   名古屋市美術館の展示で特筆すべきは、若林が庭への関心を深めていった頃の《大気中の緑色に属するものⅠ》と《大気中の緑色に属するものの制作ノート》が同館のみで出展されていることだ。壁には3通りの展示状態を示す写真があり、今回の展示は、所蔵先の愛知県美術館がこの作品を収蔵する際に若林が記した指示書に従い、1stインスタレーションのかたちをとっている。

④

   また、第1章の庭への予兆の中で、若林が1973年から74年に文化庁芸術家在外研修で旧石器時代の洞窟遺跡を訪れた際の関連作品や写真資料を展示している。
   4月18日には、「1974年在外研修 フランス、スペイン、エジプト」と題し、画家で若林の妻である淀井彩子が、当時1歳だった長女の砂絵子とともに若林の文化庁在外研修に同行し、共に旧石器時代の洞窟遺跡を訪れた経験を、当時の素描やメモ書きなどの映像を交えながら語った。パリを拠点とし、地図を頼りに車で数多くの洞窟遺跡を勤勉に回った様子や、帰国前にアパートを引き払った日の午後にもエジプト旅行に行ったことなど。また、どの洞窟も家族3人で入れたが、フランスのポルテル洞窟は子どもが入ることは不可能だと言われ、若林だけが数人の見学者と共に洞窟に入り、長い間、洞窟の入り口で待っていたという話では、「約2時間半後にようやく出て来たので『どうだった?』と聞くと『普通だった』と。でもそれは実は気を使ってそう言ったのが後でわかりました。いろいろな動物の絵が描いてあって、すごくいい洞窟だったのです」など、心温まるエピソードも話された。

・約270点でその仕事を一望
   ホテルの便箋に自画像を描いて重ねた《閉じた系列としての自画像》は、2002年の豊田市美術館で出品された際は2002年9月1日に豊田市内のホテルの便箋に描かれた絵が一番上に来ていたが、今回は2003年6月1日の国立がんセンター中央病院になっていて、病に侵されながらも制作への情熱を失わない姿に身が引き締まる思いがした。
   また、副題の「飛葉と振動」は、晩年の若林が、自身の一連の作品に付けたタイトルでもある。
   名古屋会場の出品点数は彫刻98点、素描133点、書籍6点、写真などの資料27点で、計264点。

   「芸術広場」アートブログでは、5会場すべてをレポートする予定だ。巡回展ではあるが、各館では、館の特徴を生かした展示構成や講演会の開催などで、異なる角度から若林作品を紹介していくという。

   なお、美術館のある白川公園に隣接するケンジタキギャラリー(名古屋市中区栄3-20-25☎052-264-7747)でも、5月23日まで「若林奮展」が開催されている。1967年の《Cannibal》、75年の《立方体》など彫刻7点に、2000年の《硫黄の味方4》、2002年の《水没のドローイング》《花模様のドローイング》など、ドローイング41点の展観。

執筆:西澤美子

※文中、敬称略



若林奮 飛葉と振動

4月18日(土)~5月24日(日)※月曜休館
名古屋市美術館(名古屋市中区栄2-17-25)
☎052‐212-0001
詳細:http://www.art-museum.city.nagoya.jp

【巡回先】
足利市立美術館   :   6月6日(土)~8月2日(日)
神奈川県立近代美術館 葉山   :   8月15日(土)~12月23日(水・祝)
府中市美術館   :   2016年1月9 日(土)~ 2月28日(日)
うらわ美術館   :   4月23日(土)~6月19日(日)(予定)

【若林奮 略歴】
1936年1月東京・町田市生まれ。東京芸術大学彫刻科卒業。73年文化庁芸術家在外研修員として渡仏(74年まで)。70年代後半から自分と対象物との空間と時間を把握する「振動尺」の連作を発表。自然の観察に基づく思索的な作品で知られる。80年、86年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。73年、神奈川県立近代美術館、87年、東京と京都の国立近代美術館で個展、95年東京国立近代美術館で2度目の個展。96年中原悌二郎賞、2003年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。武蔵野美術大学、多摩美術大学で教授として後進の育成にも尽力した。2003年10月死去。

参考文献
『若林奮:1986.10-1988.2』図録 北九州市立美術館 1988年
『若林奮-1989年以後』図録 神奈川県立近代美術館、名古屋市美術館ほか 1997年
『若林奮』図録 豊田市美術館 2002年
『若林奮―VALLEYS』図録 横須賀美術館 2008年
「若林奮 飛葉と振動」展 パネルデータ 名古屋市美術館ほか 2015年

写真キャプション
① 《多くの川を渡り、再び森の中へ》(18点組)1986年 MIHO MUSEUM
② 4月29日の鼎談。左から角田美奈子学芸員、袴田京太朗、鈴木省三、青木野枝
③ 《緑の森の一角獣座―カッパーペインティングC》(11点組)1996年(手前)、
    《緑の森の一角獣座―カッパーペインティングD》(部分)1996年
    WAKABAYASHI STUDIO
④ 《大気中の緑色に属するものⅠ》1982年 愛知県美術館
⑤ ケンジタキギャラリーに出品の彫刻
⑥ 《花模様のドローイングⅠ~Ⅳ》(手前)、《水没のドローイングⅠ~Ⅳ》(正面)

2015年5月21日