詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

開催中〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

開催中〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

開催中〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催中〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

生誕 120 年 猪熊弦一郎展

開催中〜2022/11/06

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

長坂真護展 Still A “BLACK” STAR  supported by なんぼや

開催中〜2022/11/06

上野の森美術館

東京都・台東区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

開催中〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

開催中〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

開催中〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

開催中〜2022/11/13

世田谷美術館

東京都・世田谷区

第74回 正倉院展

2022/10/29〜2022/11/14

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

学年誌100年と玉井力三—描かれた昭和の子ども―

開催中〜2022/11/15

千代田区立日比谷図書文化館

東京都・千代田区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

開催中〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

ヤマザキマリの世界

2022/10/25〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

開催中〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

開催中〜2022/11/27

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

2022/10/04〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

開催中〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

2022/10/08〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

2022/11/18〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

2022/11/12〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

Exhibitions

小林敏也 画本原画展 – 宮澤賢治の世界

◆6月1日まで開催ー高原のミュージアムで触れる宮澤賢治の物語
山梨県の清里高原にある“えほんミュージアム清里”では、現在「小林敏也 画本(えほん)原画展 – 宮澤賢治の世界」が開催されています。
詩人で童話作家である宮澤賢治の世界を、独特の技法とタッチで描く小林敏也さんの原画展です。
子どもも大人も、誰もが親しんできたであろう物語の世界を“えほん”を通して愉しむ。
そんな特別な時間を味わえる展覧会をご紹介します。

小林敏也さんは1947年 静岡県焼津市生まれ。東京芸術大学工芸科を卒業後、デザイナー・イラストレーターとして活躍されており、イラストレーションの周辺も視野に入れたトータルな絵本づくりをめざしている作家さんです。
画本と書いて“えほん”と読む宮澤賢治シリーズの数々は、心象風景が細部まで見事に表現されているうえ、作品ごとに異なる風合いの紙と特色が使われていて、どれもが永久保存版といえるほどクオリティが高いのも特徴です。
この画本シリーズは2003年に「第13回宮澤賢治賞」を受賞。大人も楽しめるこだわりぬかれた作風や装丁に、多くのファンがいらっしゃます。

ふたつ屋根の可愛らしい外観のミュージアム。この日はあいにくの雨模様でしたが、晴れているとまた違った印象になりそうですね。
内装は木のぬくもりが感じられ、こじんまりとして落ちついた雰囲気。会場は二階にも続いており、まるで誰かの別荘にきたような気分です。

◆創作へのこだわりと情熱がつまった小林ワールド
今回の展覧会の見どころは、小林敏也さんが描く宮澤賢治シリーズのうち10作品のなかから、選りすぐられた原画が40点以上並び、各装丁(カバー・表紙・見返しなど)も合わせて鑑賞できることです。
小林さんの、デザイナーやイラストレーターとしての視点が盛り込まれている装丁をみると、色や構図など随所にこだわりが感じられます。
たとえば『猫の事務所』という童話では、最後に猫たちの事務所に獅子が現れ事務所の解散を命じるのですが、表紙には、ペンシルで丁寧に描かれた本編とは異なり、デフォルメされたかわいらしい獅子のイラストが。
カバーの下に隠れて普段あまり目にしない表紙ですが、ラインで象られたシンボルマークのような獅子を発見したとき、細部まで気を配る丁寧なお仕事をされているのだと感激しました。

また青梅で「山猫あとりゑ」という名のアトリエを営む小林さん。自然のなかでの生活を大切にしてらっしゃる様子からも宮澤賢治の世界の住人(山猫?)のような雰囲気の方なのですが、物語に登場しそうな外観や中の一部も写真パネルでご覧いただけます。
アトリエから飛び出してきたような、作品にまつわるオブジェやラフスケッチなどもありました。

原画は、作品によって技法が異なるのでそれぞれ比べながら観るとおもしろいかもしれません。
中でも、小林さんの代表的な技法ともいえるのが「スクラッチ」。
スクラッチボードと呼ばれる板に黒色を塗り専用のペンでひっかくように描いていくと、下の白色がシャープな線や面となって現れてくる技法です。
原画自体はモノクロですが、実際の画本を手に取ってみると、一般的なカラー印刷とは違う特色を使った2色・3色刷りの場面があります。
これは原画を印刷用に製版したあと1色ずつ重ねて印刷をしているのだそうです。
つまり色指定をしたぶん版も増えるので、一つの場面でも原画が二枚から三枚の構成になっているものもあるのです。
画本の色味を想像して来られた方の中には、モノクロ原画を観て驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしこの技法で創られた作品を観ると、色付きの原画を元に再現性を重視し印刷される他のえほんとは違い、思ったとおりの色で印刷された“画本”を読者に届けている小林さんの、えほんづくりへの情熱が感じられます。

今回展示されている中で、スクラッチの作品は『どんぐりと山猫』『銀河鉄道の夜』『注文の多い料理店』『やまなし』『雪わたり』の5つ。
特に『銀河鉄道の夜』の細かさは画本を見てもわかるのですが、原画では、出版された当時の印刷では反映されなかった極細の線も発見できます。
宮澤賢治の代表作のひとつとも言われタイトルからしてもロマンチックなのですが、個人的には哀しく、切なく、美しく、そして少し怖い印象をもっているので、小林さんが描く世界に共感する部分も多々ありました。
近づいてみて、星空や宇宙の情景など繊細な表現をぜひ確かめていただければと思います。

でもこのスクラッチという技法、こんなに細かな線を描いているとき、もし間違えてしまった場合はどうするのでしょうか。
小林さんに尋ねてみました。
「削ってしまったところは黒で埋めて消していきます。その真上に新しい線は引けないけれど、近いところにまた描く。
 埋めた部分と交差する線を描くときは、重なるところが点になりやすいという認識をもって描いていくか回避するしか仕方がない」とのこと。
スクラッチ専用のペンも何種類かあり、使い分けながらの細かい作業は気が遠くなるように思えますが、小林さんが職人のように寡黙に創作に打ち込んでいる姿が目に浮かびました。

他にも、二疋(にひき)の蟹の子どもたちが水底で会話をしている『やまなし』という作品があります。
この物語には思い入れがあり大好きなのですが、小林さんの画本は小さな頃から読んできた『やまなし』のイメージにぴったりでした。
「谷川の底を写した二枚の青い幻燈」この言葉がもつ《ふたつの季節と時間》の、透明感のある水の青がとくに美しく表現されています。
カバーの原画は3枚構成となっているので、比べて観ると立体的な構図の秘密がおわかりいただけることでしょう。

また、油彩や水彩で描かれたカラーの原画も小林さんの個性がきらりと光って見ごたえがあります。
油彩なの?と思うような淡く優しいタッチの『風の又三郎』、ひときわ大きい作品で、空の描写がドラマチックな『よだかの星』、小さいながら息をのむような美しさが滲みでている水彩の『黄いろのトマト』。
『よだかの星』の原画で注目していただきたいのは、葉っぱのスタンプ(数種類)が使われている場面です。
一見描かれているようにも見えますが、葉の裏面に色を塗り、葉脈の形が出るように押されています。
天体や動植物など自然への好奇心に溢れその描写力に富んだ宮沢賢治。
そんな彼を敬愛し、ご自身も青梅の大自然に囲まれて暮らす小林さんならではの魅力がつまった作品となっています。

そして2階の奥、壁一面にどーんと『雨ニモマケズ』全編。アトリエで刷られた木版画が飾られています。
黒一色ですが、こうして並ぶと迫力がありますね。
文字も画の一部として描かれているので、小林さんが想像する詩の世界観がダイレクトに伝わってくる気がします。
色鮮やかな画本のページをそのままパネルにしたものも展示されているので、見比べて楽しめるのではないでしょうか。


◆えほんを読みながらくつろげる場所も

階下を見下ろすとまるでリビングのようなカフェスペースが。
奥にもいくつかテーブルと椅子があり、えほんを読んだりサービスの飲みものを頂ける休憩場所として心地よい空間が広がっています。
テーブルの上に何気なく置かれているのは・・・そう、『注文の多い料理店』のラストシーン、顔が紙くずのようにくしゃくしゃになってしまった二人の紳士のパネルです。
画本の最後のページをパネルにしたもので、顔の部分がくり抜かれており、紙を丸めて好きな顔を描いてはめられるようになっています。
この日訪れていたお子さんたちも、仲良く顔をはめて遊んでいました。ほっこりしますね。

隅のイーゼルの上とその横に飾られている作品は、小林さんが自ら刷られた『雨ニモマケズ』の版画。額付きで販売されています。
また併設する物販コーナーには、パロル舎や好学社刊行の画本シリーズの他に、えはがきセットやお手頃価格の複製画(大・中・小/各二種)もありました。
複製画はサイズ種類ともに豊富なので、気に入った作品があればお部屋に飾っても良さそう。プレゼントにも喜ばれるかもしれません。

えほんミュージアムのある清里高原は、これから気持ちの良い新緑の季節がやってきます。
晴れた日には周辺をゆっくり散歩したり、緑の牧草地に面したバルコニーでホッとひと息ついたり‥‥。
宮澤賢治の物語を愛する小林敏也さんの“えほんづくりへの情熱”に触れながら、優雅な休日をお過ごしになってはいかがでしょうか。

「小林敏也 画本原画展 – 宮澤賢治の世界@えほんミュージアム清里」は、6月1日(月)まで。

◆えほんミュージアム清里 information
開館時間=9:30am-5:30pm
入館料(飲み物付)=一般750円、小中学生400円
休館日=火曜日 ※ただし5月5日(火)は開館、5月13(水)振替休館
住所=〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545-6079/TEL=0551-48-2220
電車=JR小海線清里駅から山梨交通清里ピクニックバス清里周遊で7分、「黒井健絵本ハウス」下車、徒歩5分
お車=駐車場あり(無料)
併催=リサとガスパール 絵本原画展
詳しくはWEBSITEをご覧ください。 http://www.ehonmuseum-kiyosato.co.jp

◆おまけ – 小林敏也さん出演情報
5/16(土)第12回月夜の幻燈会『どんぐりと山猫』@小平市立中央公園雑木林
詳しくは→ http://dongurinokai.net/?p=6248

文・写真=ふじきゆみこ

2015年5月26日