詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

芳幾・芳年-国芳門下の2大ライバル

近代黎明期の二人の浮世絵師

 浮世絵師の芳幾(よしいく)と芳年(よしとし)は、幕末に活躍した国芳(くによし)の80余名の弟子のなかで傑出していた。幕末から明治に入り近代化へ邁進する大転換の激動期、二人の浮世絵師はどのように生きたのか? 師からの影響は? 卓越した視座で二人の画業を紹介する展覧会が三菱一号館美術館で開催中だ。北九州市立美術館に巡回。
  
 三菱一号館美術館の会場に足を踏み入れると、肉筆画(筆で描いた絵)大作に出会った。芳幾の歌舞伎看板絵、そして芳年が描いた神社に奉納された絵馬だ。両者が晩年に近づいた時期の見事な作品である。因みに前者は、丸の内に赤煉瓦の三菱一号館が竣工した年の制作だ。

三菱一号館美術館の会場風景(以下同様)。左から、芳年《ま組火消しの図》 明治12年(1879) 板絵着色 1面 赤坂氷川神社。芳幾《吃又》看板絵/四代鳥居清忠《文覚》看板絵 明治27年(1894) 紙本着色 2曲1隻  早稲田大学演劇博物館
三菱一号館美術館の会場風景(以下同様)。左から、芳年《ま組火消しの図》 明治12年(1879) 板絵着色 1面 赤坂氷川神社。芳幾《吃又》看板絵/四代鳥居清忠《文覚》看板絵 明治27年(1894) 紙本着色 2曲1隻  早稲田大学演劇博物館

二人の競作《英名二十八衆句》から、それぞれの武者絵へ

 二人の師・歌川国芳(1797~1861)は江戸っ子気質の親分肌だったよう。広重と同年生まれ。《通俗水滸伝豪傑百八人》などの武者絵や迫力ある大判三枚続錦絵が大評判をとる。風刺画や美人画などでも活躍。飯島虚心は、明治期浮世絵研究の先駆的著書『浮世絵師歌川列伝』「歌川国芳伝」で、「門人おおし。(中略)其の最も世に著われたるは、芳幾、芳年の二人なり」と記した。
  
 その国芳の弟子・落合芳幾(1833~1904)と月岡芳年(1839~92)は6歳違い。十代のほぼ同時期に国芳に入門し、師の晩年10年ほど薫陶を受けた。彼らの若い時代の競作《英名二十八衆句》(慶応2~3年〈1866~67〉)は、歌舞伎や講談の残酷な場面を14点ずつ描いたもので、実に恐ろしい。「血みどろ絵」の絵師として二人は名を馳せた。
 
 国芳は武者絵の人気連作《太平記英勇伝》(嘉永元~2年〈1848~49〉)を刊行。芳幾は師の没後、引き継ぐ形で同名の連作100図(慶応3年<1867>)を刊行し、国芳の描法を踏襲した。本展では前期と後期で頁替えをして全100図を展示。壮観である。一方、芳年は、明治16年から4年をかけて《芳年武者无類》33図の連作を制作。決定的瞬間を捉え、緊張感と独特の雰囲気をはらむ新たな武者絵の世界を確立した。本展で全33図出品されるが、本邦初という。一作一作見入った。水の表現、馬の姿、人が空中に跳ぶ姿が特に心に響いた。

左から、芳幾《太平記英勇伝 山路将監満国》《太平記英勇伝 明智左馬助光春》《太平記英勇伝 四天王但馬守政孝》 慶応3年(1867) 中判錦絵(全100図) 浅井コレクション ※前期展示(2/25~3/19)
左から、芳幾《太平記英勇伝 山路将監満国》《太平記英勇伝 明智左馬助光春》《太平記英勇伝 四天王但馬守政孝》 慶応3年(1867) 中判錦絵(全100図) 浅井コレクション ※前期展示(2/25~3/19)
左から、芳年《芳年武者无類 仁田四郎忠常》《芳年武者无類 八幡太郎義家》 明治19年(1886) 大判錦絵 浅井コレクション
左から、芳年《芳年武者无類 仁田四郎忠常》《芳年武者无類 八幡太郎義家》 明治19年(1886) 大判錦絵 浅井コレクション

芳幾の役者絵/芳年の美人画、歴史画など

 両者とも幅広い浮世絵を手掛け、人気を得た。芳幾による影絵での役者絵は軽妙で独特。実際に写生した影絵という。芳年は当世風の美人画や歴史的主題作品も開拓した。

左から、芳幾《真写月下の姿絵 二代目沢村訥升》《真写月下の姿絵 三代目沢村田之助》 慶応3年(1867) 大判錦絵 悳コレクション
左から、芳幾《真写月下の姿絵 二代目沢村訥升》《真写月下の姿絵 三代目沢村田之助》 慶応3年(1867) 大判錦絵 悳コレクション
左から、芳年《東京自慢十二ヶ月 二月梅やしき 新橋 てい》《東京自慢十二ヶ月 一月 初卯妙義詣 柳ばし はま》 明治13年(1880) 大判錦絵 北九州市立美術館  ※前期展示(2/25~3/19)
左から、芳年《東京自慢十二ヶ月 二月梅やしき 新橋 てい》《東京自慢十二ヶ月 一月 初卯妙義詣 柳ばし はま》 明治13年(1880) 大判錦絵 北九州市立美術館  ※前期展示(2/25~3/19)

芳幾の新聞錦絵、歌舞伎の仕事

 芳幾は明治に入って興隆した報道媒体にいち早く深く関わった。明治5年(1872)、東京初の日刊紙「東京日日新聞」を、長く交友をもつ戯作條野採菊、貸本屋番頭の西田伝助と共に創刊。なお條野は日本画家・鏑木清方(★参照「没後50年 鏑木清方展」2022年4月20日付拙稿)の父である(因みに清方の師となる水野年方は、芳年の弟子)。そして芳幾は明治7年(1874)に《東京日々新聞》大錦、つまり「新聞錦絵」を開始し成功をおさめた(版元は福田熊次郎)。これは新聞から美談や煽情的な話題を取り出し、文章を戯作者が書き直し、芳幾が絵を描いた大衆向けビジュアル媒体だ。なお翌年、「郵便報知新聞」新聞錦絵が対抗するように芳年を起用して刊行。芳幾は明治14年(1881)に「東京日日新聞」を退社し、演劇雑誌『歌舞伎新報』の1000冊超の表紙絵や挿絵など歌舞伎関連の仕事を多数手掛けた。冒頭に紹介した歌舞伎看板絵もその一つだ。

右手前は、芳幾《東京日々日新聞 百十一号》 明治7年(1874)10月 大判錦絵 毎日新聞社新屋文庫。画面中央は電柱。静岡県沼津での火事の際、興行で訪れていた相撲力士たちが燃える家を壊して電柱を守ったことを伝える。電柱は文明開化の象徴だった
右手前は、芳幾《東京日々日新聞 百十一号》 明治7年(1874)10月 大判錦絵 毎日新聞社新屋文庫。画面中央は電柱。静岡県沼津での火事の際、興行で訪れていた相撲力士たちが燃える家を壊して電柱を守ったことを伝える。電柱は文明開化の象徴だった

芳年最晩年の《月百姿》

 芳年は神経症を患い明治25年(1892)に54歳で他界した。100枚の大連作錦絵《月百姿》は、彼が没するまで8年かけて生み出した「月」を主題とする作品群。和漢の物語、謡曲、漢詩など多岐にわたる内容で、その生涯の集大成として達した浮世絵の境地とされる。飯島虚心は先述した著作で《月百姿》を、「古人の未だ画かざる所を画く甚妙也」と記した。一作一作に長大な物語を感じさせる深い味わいがある。

芳年《月百姿 朝野川晴雪月 孝女ちか子》 明治18年(1885) 大判錦絵 浅井コレクション。加賀の豪商である父が嫌疑をかけられ、その身代わりを申し出た娘のお近が、川に身を投じた場面
芳年《月百姿 朝野川晴雪月 孝女ちか子》 明治18年(1885) 大判錦絵 浅井コレクション。加賀の豪商である父が嫌疑をかけられ、その身代わりを申し出た娘のお近が、川に身を投じた場面
芳年《月百姿 雨後の山月 時致》 明治18年(1885)頃 大判錦絵 浅井コレクション。曽我兄弟の弟・曽我時致が工藤佑常を仇討ちする前の晩の姿
芳年《月百姿 雨後の山月 時致》 明治18年(1885)頃 大判錦絵 浅井コレクション。曽我兄弟の弟・曽我時致が工藤佑常を仇討ちする前の晩の姿

比較の妙/変転する時代をどう生きるか

 それぞれ人生半ばに明治維新を迎えた二人の浮世絵師は、浮世絵が翳りをみせるなかでどう生き抜くのか?との命題を突き付けられた。芳幾は知人たちと共に新しいジャンルを開拓した。一方、芳年は浮世絵にこだわりその刷新に挑んだ。
 
 筆者が本展で強く感じたのは、第一に比較する試みの妙である。両者の姿が対比のなかで判然となる。そして本展が、変転の現代に生きる者にも共通する切実な問題を扱っていることだった。
 
 なお三菱一号館美術館は本展開催後、設備入替および建物メンテナンスのため休館し、2024年秋頃の再開館予定。巡回先の北九州市立美術館は、2022年末に他界した世界的建築家・磯崎新の代表的建築である。

三菱一号館美術館外観 中庭側

【参考文献】
1)加藤陽介・野口玲一・河村朱音・藤原禎恵・東沙也華 編集:『芳幾・芳年-国芳門下の2大ライバル』(展覧会図録)、毎日新聞社、2023年
2)飯島虚心(玉林晴朗 校訂):『浮世絵師歌川列伝』、中央公論社、1993年
3)吉田漱 監修、悳俊彦 編著:『月岡芳年の世界』、東京書籍、1992年
4)小川敦生:「錦絵新聞のきらめき(上)(下)」、日本経済新聞2020年9月27日付・10月4日付朝刊「美の粋」面
 
執筆・写真:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi)
(2023年3月)
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル
Yoshiiku and Yoshitoshi:Ukiyo-e Masters at the Dawn of Modernization
 
【会期・会場】
2023年2月25日(土)~4月9日(日) 三菱一号館美術館(東京都・千代田区)
 前期:2月25日(土)~3月19日(日)
 後期:3月21日(火)~4月9日(日)
2023年7月8日(土)~8月27日(日) 北九州市立美術館 本館(福岡県・北九州市) 
※詳細は公式サイトでご確認ください。
展覧会サイト https://mimt.jp/ex/yoshiyoshi/