詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

青木繁《海の幸》1904年 石橋財団アーティゾン美術館 ★重要文化財

Exhibitions

生誕140年 ふたつの旅
青木繁 × 坂本繁二郎(1)

二人の関わりに焦点を当て、その画業をたどる

 人と人の出会いとは、偶然なのか必然なのだろうか。明治中期、若くして《海の幸》など独創的な絵画を描いた青木繁(あおきしげる)(1882~1911)は、華々しい活躍で注目を浴びたが、28歳で病没した。一方、坂本繁二郎(さかもとはんじろう)(1882~1969)は、明治大正昭和にわたる87年の生涯に、牛や馬、静物や月などを主題とする独自の静謐な世界を生み出した。対照的に見える二人だが、共に1882(明治15)年、現在の福岡県久留米市に生まれ、子供の頃から親密に交流し、互いを意識しながら切磋琢磨する仲だった。名前に「繁」をもつ二人でもある。
  
 アーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)で、この二人の関わりに焦点を当て、その画業と生涯を作品と資料によって丁寧にたどる展覧会が開催中だ。久留米市美術館に巡回。66年ぶりの二人展という。同館及び石橋美術館の創設者・石橋正二郎(1889~1976)も同郷で久留米市出身。坂本が高等小学校の図画代用教員をしていた時の教え子だった。青木の死後、作品の散逸を惜しむ坂本が石橋に「青木作品の蒐集をして美術館を建ててほしい」と伝えたことが、石橋の本格的な美術品蒐集の契機となった。

二人の出会い、画家の道へ

 青木が描いた《汗の妙義山スケッチ行》(1902年、個人蔵(久留米市美術館寄託))では、前から坂本、友人の丸野豊、青木の順で並んで歩いている。コミカルで青木の絵として意外な印象をもった。20歳の若者たちは屈託なく実に楽しげだ。
   
 青木が13歳の頃、また坂本は10歳の頃に、地元の洋画家・森三美の画塾に入塾し、二人は親しくなった。1899年、17歳の青木は明善中学を退学して画家を目指して上京し、小山正太郎(1858~1916)の画塾・不同舎に入門。翌年、東京美術学校西洋画科選科に入学。坂本は久留米高等小学校の図画代用教員となったが、1902年に帰省中だった青木に同行して上京し、不同舎に入門。上記のスケッチ旅行は、その頃のことだ。

アーティゾン美術館の会場風景(以下同様)。青木繁《汗の妙義山スケッチ行》1902年 個人蔵(久留米市美術館寄託))※前期のみ展示
アーティゾン美術館の会場風景(以下同様)。青木繁《汗の妙義山スケッチ行》1902年 個人蔵(久留米市美術館寄託))※前期のみ展示

 東京美術学校在学中の青木は、白馬会展に《黄泉比良坂(よもつひらさか)》(1903年、東京藝術大学)などを出品。白馬会賞を受賞し、注目を集めた。新しい絵画を目指して画家たちが模索するなか、青木は神話という主題を見出し取り組んだ。本展では青木が当時、東京帝室博物館(現東京国立博物館)で行った卓抜な仮面スケッチ25点が40年ぶりに出展。坂本没後の遺品にあったものだ。青木の古典研究の証しとされる。

青木繁《舞楽面》1900~03年頃 石橋財団アーティゾン美術館※前期のみ展示
青木繁《舞楽面》1900~03年頃 石橋財団アーティゾン美術館 ※前期のみ展示

青木繁、《海の幸》で絶賛をあびる

 東京美術学校卒業直後の1904年7月、青木は、坂本、美術学校の友人・森田恒友(1881~1933)、恋人の福田たねの4人で、古代神話が残るといわれる房州布良(めら)海岸(千葉県館山市)に一ヵ月半ほど滞在。ここで代表作となる《海の幸》(1904年、石橋財団アーティゾン美術館、★重要文化財)を生み出した(※森田恒友については、2020年3月20日の記事「森田恒友展 自然と共に生きて行かう」を参照されたい)。
  
 本作は2m近い横長画面の、上下一杯に、10人の裸の漁師たちが大鮫と銛を担ぎ、列をなし、大空と青の海原を背景に砂上を歩む。大漁の昂揚感、祝祭的気分、根源的な生命力を感じさせる作品だ。下描きの線が見え、塗り残しがあり、未完成に見えるが、それがさらなる魅力なのだ。画面に荒々しさを加え、歓喜の情を溢れさせる。同時に観る者を作品が生まれる場に立ち会っている気持ちにさせる。魚の鱗の装飾の木製額もいい。発表時は金地背景であり、中央の二人の白い顔は青木が後に加筆したという。発表時の情景も想像してみたい。
  
 坂本は後年、自身が大漁陸揚げの状況を実際に目にして青木に伝えた、と語っている。その話は青木の想像力を刺激し大きく羽ばたかせた。《海の幸》は白馬展に出品され、絶賛をあびた。浪漫派の文学者たちも共鳴し、蒲原有明は詩を寄せた。
  
 横長画面に列をなして歩む群像という構図の本作は、筆者には壁画にも見える。また雰囲気は異なるが、初期ルネサンスのマザッチョが描いた《楽園追放》も思い浮かぶ。青木が加筆した中央のこちらを向く白い顔は、ラファエル前派のエドワード・バーン=ジョーンズを思い起こさせる。青木は上野の図書館などでの熱心な勉強ぶりでも知られる。画期的な本作を発想し制作した時の頭の中を覗いてみたくなる。なお、青木が本作の対になる作品や、連作を構想していたことを坂本や蒲原が伝えているそうだ。実現してほしかったと思う。

青木繁《海の幸》1904年 石橋財団アーティゾン美術館 ★重要文化財
青木繁《海の幸》1904年 石橋財団アーティゾン美術館 ★重要文化財

分岐点:青木《わだつみのいろこの宮》/坂本《大島の一部》

 青木の《わだつみのいろこの宮》(1907年、石橋財団アーティゾン美術館、★重要文化財)は、縦長の特異な画面。主題は日本神話から、兄の海幸彦の釣り針をなくし、海底の宮殿の井戸にたどりついた山幸彦と、海の神の娘・豊玉姫の出会いを幻想的に描く。上方の山幸彦と八頭身で赤い衣裳の豊玉姫が視線を交わす。姫の下方から立ち昇る水疱や侍女のゆらめくヴェール、陽光を浴びながら揺れる桂樹など海中の描写が卓越。秩序や冷静さも感じられる。心惹かれる作品である。画家は事物考証や構成に意を尽くしたことを述べている。
  
 青木は期待をもって本作を東京府勧業博覧会に出品したのだが、三等賞末席に終わる。青木は納得できず、審査への痛烈な批判文を美術雑誌『方寸』(第1巻5号、1907年10月)に投稿した。本作は《海の幸》と同様に、のちに重要文化財に指定された。

青木繁《わだつみのいろこの宮》1907年 石橋財団アーティゾン美術館 ★重要文化財
青木繁《わだつみのいろこの宮》1907年 石橋財団アーティゾン美術館 ★重要文化財

 坂本は同博覧会に、《大島の一部》(1907年、福岡市美術館)を出品。布良海岸から見ると海向こうにある大島を、坂本は森田と共に訪れて制作。ひたすら働く人々の上後方に青海原が広がる。陰影を描き分けて、独特の雰囲気を醸す。筆者は右中央に黒猫を見つけ、坂本の茶目っ気も感じた。本作は同展で青木と同じ三等賞の、しかも首席を獲得し、坂本の画業での突破口となった。同博覧会展が、結果的に青木と坂本の人生の分岐点となってしまう。

坂本繁二郎《大島の一部》1907年 福岡市美術館
坂本繁二郎《大島の一部》1907年 福岡市美術館
坂本繁二郎《大島の一部》の部分 1907年 福岡市美術館
坂本繁二郎《大島の一部》の部分 1907年 福岡市美術館

【(2)へ続く】
   
執筆・撮影:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年8月)
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎
Two Journeys: Aoki Shigeru and Sakamoto Hanjiro
Commemorating the 140th Anniversary of Their Births
  
【会期・会場】
2022年7月30日(土)~10月16日(日)  アーティゾン美術館 6・5階(東京都・中央区)
※前期・後期で一部作品の展示替えをいたします。
前期:7月30日(土)~9月11日(日)
後期:9月13日(火)~10月16日(日)
※詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。
展覧会公式サイト:https://www.artizon.museum/exhibition/detail/543
  
2022年10月29日(土)~2023年1月22日(日) 久留米市美術館 本館2階(福岡県・久留米市)