詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

「のぞけプサイ亀を翼ある密軌を」(1962年)〈手前〉。「プサイの祭壇」(1961年)〈奥〉

Exhibitions

生誕100年 松澤宥

「オブジェを消せ」以前の初期絵画や立体、プサイの部屋の再現も

 日本におけるコンセプチュアルアート(概念芸術)の先駆者である松澤宥(ゆたか)(1922年~2006年)の生誕100年を記念した大回顧展が長野県立美術館で開かれている。
 松澤は1922年2月2日午前2時に生まれ、生後22日間眼を開かなかった。これが「2」を数霊的なオブセッションとする活動につながり、「眼に見えるものより見えないものを希求する生涯を決定づけた」(※1)という。同館は、毎週水曜が休館日なので通常ならば2月2日は休みとなるが、2が5つ含まれる2022年2月2日の松澤の誕生日に合わせてスタートするために、あえて開館したことなどからも、同展への期待が高まる。

昨年4月にリニューアルオープンした長野県立美術館のエントランスに掲げられた松澤宥の「消滅の幟」(複製)
昨年4月にリニューアルオープンした長野県立美術館のエントランスに掲げられた松澤宥の「消滅の幟」(複製)

 展示は全5章で構成。第1章は、長野県の下諏訪町の旧家に生まれ、長野県立諏訪中学(現・諏訪清陵高校)を卒業した松澤が、早稲田大学理工学部建築学科に進学した当時の設計課題の図面から始まる。同大卒業式後の謝恩会で「私は鉄とコンクリートの固さを信じない。魂の建築、無形の建築、見えない建築をしたい」と語った言葉を裏付けるかのように、卒業後は東京の建築事務所での2年間の勤務を経て、故郷の下諏訪に戻り、諏訪実業高校定時制の数学教師を務めながら、19歳頃に始めた詩作から絵画へと表現を模索し、変化させていく過程が紹介されている。日本語で書かれた詩は日本人にしかわからないので、言葉の壁を越えて内容を伝えたいという考えから、特定の言葉を使わず記号や点や線で詩を作った「シンボルポエム」や、美術文化協会展に出品した絵画の写真、同時期に描かれた絵画、アメリカのウィスコンシン州立大学とのフルブライト交換教授(研究テーマは「美の客観的科学的測定法について」)として2年間渡米した際のスケッチや資料なども展示している。

「シンボルポエム No.1」(1954年)〈右〉、「シンボルポエムNo.2」(1954年)〈左〉
「シンボルポエム No.1」(1954年)〈右〉、「シンボルポエムNo.2」(1954年)〈左〉

 第2章は1964年6月1日に夢で「オブジェを消せ」という啓示を受けてから言葉や行為による発表へと向かう過程が紹介されている。啓示以降はあまり見られなくなった初期絵画や立体作品が一堂に会する稀少な機会となっている。
 松澤は、米国留学後に下諏訪に戻り、数学教師を続けながら読売アンデパンダン展を中心に出品。1959年に描かれた「プサイの鳥」シリーズからは6点が展示されている。自らの思索を色で表現した。土俗的で素朴な形はパステルやかまどの炭、蝋などを用いて描かれていて、松澤が絵画材料の研究にも力を入れていたことがうかがえる。

「プサイの鳥」シリーズなど、絵画作品を多数展示。
「プサイの鳥」シリーズなど、絵画作品を多数展示。

 立体作品の発表も精力的に行われ、扉のある木箱に絵や印刷物の切り抜きを配した「プサイのオルガン」や格子のある木箱に詩や絵画や立体物を飾った「のぞけプサイ亀を翼ある密軌を」のほか、マンダラの図像学的構成を取り入れた「プサイの祭壇」などが出品されている。
 「プサイの祭壇」は1961年に東京国立近代美術館で開催された「現代美術の実験展」の出品作。壁に掛けられている9枚組の作品「プサイの意味-ハイゼンベルグの宇宙方程式によせて」が60年の第12回読売アンデパンダン展に出品され、翌年の第13回展に手前に配された「プサイ函YM」「プサイ函SM」「プサイの意味」と「プサイ函」と題されたチラシが出品されていて、それらをまとめて作品としている。

「のぞけプサイ亀を翼ある密軌を」(1962年)〈手前〉。「プサイの祭壇」(1961年)〈奥〉
「のぞけプサイ亀を翼ある密軌を」(1962年)〈手前〉。「プサイの祭壇」(1961年)〈奥〉

 こうした一連のオブジェの展示の後に、「プサイの死体遺体」が掲げられている。6月1日の啓示後、最初に発表された絵画や立体を廃した初めての文字作品で、松澤が生みだしたばかりの「非感覚絵画」とは何かを曼荼羅構造の9つの正方形の中に説明したチラシ。64年6月20日から7月3日まで東京都美術館で急きょ開催された「アンデパンダン‘64展」で1万枚配られたという。60年頃から頻繁に使われるようになった「プサイ(ψ)」は、ギリシャ文字の最後、オメガ(Ω)の一つ手前の文字で「心」を表す。現在が終末のひとつ手前であることも含めて用いている。

「プサイの死体遺体」(1964年)。本展の入口に置いてある作品リストの表紙として再現されている
「プサイの死体遺体」(1964年)。本展の入口に置いてある作品リストの表紙として再現されている

 第3章では、オブジェを廃した松澤が、1969年に長野県信濃美術館(現・長野県立美術館)で開催された「美術という幻想の終焉」展をきっかけに行動を共にした「ニルヴァーナ・グループ」などとの集団による表現活動の記録を写真や資料で紹介。サンパウロ・ビエンナーレで発表した「九想の室」の再現もある。ハガキの表に書かれたメッセージを読みとって、裏面の白色部分に観念の絵を描くハガキ絵画も展示している。

サンパウロ・ビエンナーレを再現した「九想の室」。床に白紙と「この白き紙を水と観ぜよ」などと書かれた紙が9組置かれ、壁にはニルヴァーナ・グループの活動写真が飾られている
サンパウロ・ビエンナーレを再現した「九想の室」。床に白紙と「この白き紙を水と観ぜよ」などと書かれた紙が9組置かれ、壁にはニルヴァーナ・グループの活動写真が飾られている

 第4章は、松澤が一貫して主張した「消滅」というテーマのもと、「人類よ消滅しよう行こう行こう(ギャティギャティ) 反文明委員会」と墨書きされた「消滅の幟」を用いたパフォーマンス映像や資料を中心に、言語や行為による発表を紹介している。88年の量子芸術宣言、最後のシリーズ「80年問題」までの流れをたどる。
 第5章は、松澤の自邸にあったアトリエで、美術評論家の瀧口修造が命名した「プサイの部屋」の一部が再現されている。筆者は、20年以上前に諏訪で松澤に取材し、プサイの部屋に案内してもらったことがある。2階の書庫の隅の小さな穴から梯子を下りるとたどり着く静まりかえった座敷で、蔵から持ち込んだという古い木箱や記号のようなものが描かれた絵画、新聞の切り抜きなどがあった。その際に感じた気配まで再現されているような印象を受けた。VRによる空間再現や写真展示などもある。
 松澤作品の多くは個人の手元にある。今回は2016年から同館を中心に行った調査に基づく展覧会であり、これまでの成果を時系列に並べて紹介し、さらなる研究を進めるきっかけとするのが目的。同展担当の木内真由美主査学芸員は、「これまでほとんど紹介されてこなかった初期作品を含めて、生涯を通した作品を一望することで、松澤の追求した芸術を再認識、再評価する機会となってほしい」と期待している。

「プサイの部屋」(再現)
「プサイの部屋」(再現)

長野・下諏訪で、松澤宥 生誕100年祭を開催

 生涯にわたり下諏訪を拠点にローカルかつグローバルに活動した松澤から学ぼうと、下諏訪町を中心とした10カ所で作品、資料展示が行われている。
 メーン会場の諏訪湖博物館・赤彦記念館では、諏訪湖に面したガラス張りのエントランスに、松澤の「消滅の幟」(複製)と、松澤の母校諏訪清陵高校(旧制諏訪中学)の美術部の幟が湖に見せるように掲げられている。同校では部活独自の幟を立てる伝統があり、松澤が幟を作品に用いるルーツを考えさせる。展示室内には松澤の学生時代からの絵画で自宅に保管されていた未発表作を含む21点を展観。過去最大規模の出品点数となっている。ほかに松澤が諏訪のバウハウスを目指して開校した東京・神田の美学校の諏訪分校関連資料などを加え、下諏訪ならではの切り口で、その活動をたどる。

諏訪湖博物館・赤彦記念館のエントランスから諏訪湖に向かって掲げられた松澤の「消滅の幟」と諏訪清陵高校美術部の幟
諏訪湖博物館・赤彦記念館のエントランスから諏訪湖に向かって掲げられた松澤の「消滅の幟」と諏訪清陵高校美術部の幟
旧制諏訪中学から早稲田大学時代に描かれたと推定される絵画
旧制諏訪中学から早稲田大学時代に描かれたと推定される絵画

 まちなか展覧会としては、1952年に描かれた自画像や54年のシンボルポエムを展示するEric‘s Kitchen、松澤の欧州訪問時の写真が壁を埋め尽くすCafé Tac、詩人や音楽家、地元の作家らと結成した「RATIの会」の資料やハガキ絵画、松澤関連書籍を紹介するマスヤゲストハウス、未発表作を含む絵画の小品をロビーに展示する旅館のぎん月などが参加。完全予約制だが、芸術家青木英侃(ひでなお)のアトリエも興味深い。かつては英侃の父親で松澤の諏訪中学時代からの親友であり、教員時代の同僚でもあった青木靖恭が使用していたプサイの部屋をほうふつとさせる空間に、松澤と靖恭との共作や資料が多数残されている。

松澤の等身大パネルと壁に貼られた欧州訪問時の写真(Café Tac)
松澤の等身大パネルと壁に貼られた欧州訪問時の写真(Café Tac)

(文中敬称略)

執筆・撮影:西澤美子

※1 「新美術新聞」1999年2月1日号(美術年鑑社)より

【会期・会場】
2022年2月2日(水)~3月21日(月・祝) 長野県立美術館(長野県・長野市)
美術館HP:https://nagano.art.museum/

※松澤宥 生誕100年祭 
2022年1月29日(土)~3月21日(月・祝) 諏訪湖博物館・赤彦記念館ほか
生誕100年記念サイト:https://matsuzawayutaka.jp/