詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

特別展「医は仁術」

江戸時代、”文明開化”以前は、鎖国時代で海外交流がなされず科学や技術の情報が入ってこないため、ヨーロッパに比べて劣っていたのではないかと考えられていた。日本の科学技術は「欧米のものまね」だと揶揄されていた時代が長く、今や新興国にも産業開発・技術開発の面で追い上げられ、遅れをとっている帰来があるように見えるが、日本の科学技術並びに”ものづくり”の底力には凄いものあったし、
江戸時代の技術は、世界最先端を走っていたという発見の数々が感じられる特別展が開催されている。
”江戸の科学技術は世界水準!”というテーマで『医は仁術』”医の原点は江戸にあった!”は感動と驚異の連続する企画展だった。

企画展解説に入る前に、明治時代以前の日本の識字率は8割とも言われ、世界中のどこよりの高かったと言われている。
なかでも数学の関孝和、建部賢弘「和算」や円周率の解析、(余談だが筑摩書房刊「和算少女」遠藤寛子著は非常に面白いし、愉快!)現在の東芝に繋がっていく電信機や電話機を製造した会社を興した田中久重は、”からくり儀衛門”と呼ばれたからくり技術の名手で、
からくり仕掛け人形、「万年時計」=”江戸テクノロジー”の最高峰とも称されている。1年に1度ゼンマイを巻けば、ほぼ正確に時を刻み続ける
という優れもので、天文学にも優れていた。日本のレオナルド・ダ・ヴィンチともいわれる大野弁吉。
初めて日本のオリジナルの暦が1684年に採用された「貞享暦」。これを完成させたのが渋川春海(映画「天地明察」の主人公)、その後国産初の反射望遠鏡の制作に成功した国友一貫斎。もともと鉄砲鍛冶職人で、この鏡も錫と銅の金属製で性能的には素晴らしく脅威的でした。
天体観測から太陽の黒点の位置や数、大きさなども克明に記録している。月の観測では、クレーターの微細な形状まで書き留めている。
金星や土星の観測記録も残っていて、感歎驚異的である。エレキテルの発明平賀源内も忘れてはならない偉人・異人である。
そのほかにも、全国を測量して「大日本沿海輿地全図」の編纂の伊能忠敬、本草学、医学、土木・建築も世界水準だった国はほかにありません。

さて本題に入ると、山脇東洋がわが国初の人体解剖を行い、杉田玄白・前野良沢らが翻訳した『解体新書』は、蘭学の輸入により急速に広まっていく、人々を救うため、人体構造の解明と処方箋が漢方医も含めて開始された。

[第1章]病は、いつの時代も、身分の貴賤なく、人々を襲う
≪江戸時代の錦絵≫で当時の人びとの病に対する恐れ、ただ神に祈り、なすすべもなく諦め、自然に収まっていく様子を錦絵でたどる。
≪開運麻疹厄病神除け之伝≫≪はしか童子退治図≫≪大宅太郎光国妖怪退治之図≫≪薬の病退治之図≫≪きたいな名医難病療治≫≪白澤之図≫

[第2章]東から西から~医術の伝来
東や西から伝えられた医術が鎖国時代という閉鎖社会の中で融合し、日本独自の発展を遂げた。日本の「仁」は理念・理想としてではなく実践された。
≪神農図≫≪ヒポクラテス像≫≪五臓六腑図≫≪神農本草経≫≪経絡人形≫≪和蘭全躯内外分合図≫

[第3章]医は仁術~和魂漢才・和魂洋才の医
東西の才(知識と技術)が和魂として「医は仁術」として実践された。
≪東医宝鑑≫≪民間備荒録≫≪本草綱目≫≪大和本草≫≪解体新書≫≪解体人形≫なかでも≪山脇東洋解剖図≫にみられる五臓六腑から腑分けの詳細図には度肝を抜かれた。
解死編≫≪解臓記・解剖図≫≪寛政婦人解剖図≫≪施薬院男解体臓図≫≪刑死者解体図≫などなどがずらりと並んだ様は圧巻であり、脅威である。
また、聴診器、医療器具、お産道具、産科人形、胎児模型、この時代に目を疑うようなカテーテル器具、などなお盛りだくさんの内容だ。

[第4章]近代医学と仁
ドイツ医学をモデルとして大学東校(東大医学部の前身)の人物と歴史を探る。

[第5章]現代の医
人体内部を写す3Dプロジェクションマッピングや3Dプリンターで作られた生体質感臓器立体モデル、遺伝子解析技術、iPS細胞の誕生から再生医療・疾患研究に至るまで、開発・応用の実態を解明する非常に貴重な、面白い企画展である。

「仁」は”人を思いやる心”だと言われて、偉人たちがどんな思いで病と闘い、克服してきたあからさまな実態が解明される展覧会であり、たくさんの人びとに観てもらいたい展覧会である。

ヘドデル・キドリンスキー

場所;上野;国立科学博物館
日時;6月15日まで

2014年6月10日