詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる
栗田宏一・福田尚代の作品から

 コロナ禍で移動の制限を余儀なくされた2年半あまりの時を経て、旅とは何かを考え、新たな旅への第一歩を踏み出そうという展覧会が東京都庭園美術館で開かれている。
 展示は3部構成で、第1部ではかつては朝香宮邸だった同館の本館建築に、朝香宮夫妻の100年前の欧州旅行が大きな影響を与えていることに着目し、旅行の際に購入した陶器やレコード、カメラ、現地での写真などを展示。第2部では鉄道資料収集家の中村俊一朗の約900点にのぼるコレクションから戦前の鉄道ポスターを中心に、電車のプレートや新幹線の座席など各種鉄道グッズが展示されている。第3部では6人の現代アーティストによる旅をテーマにしたインスタレーションを展開。その中で栗田宏一と福田尚代に着目した。

朝香宮家を創設した朝香宮鳩彦(やすひこ)王所用の「旅行鞄」(1920年代 東京都庭園美術館蔵)〈手前〉と「ルイ・ヴィトン ワードローブ・トランク」(1920年代 個人蔵)。ポスターは左から、カッサンドル「ノール・エクスプレス」「エトワール・デュ・ノール」、「シュマン・ドゥ・フェール・デュ・ノール」
朝香宮家を創設した朝香宮鳩彦(やすひこ)王所用の「旅行鞄」(1920年代 東京都庭園美術館蔵)〈手前〉と「ルイ・ヴィトン ワードローブ・トランク」(1920年代 個人蔵)。ポスターは左から、カッサンドル「ノール・エクスプレス」「エトワール・デュ・ノール」、「シュマン・ドゥ・フェール・デュ・ノール」

 栗田宏一(1962年山梨県生まれ)は、訪ね歩いた土地の土を一握り採取して、それを展示する手法で作品を発表している。新館の展示室を進むと、茶、黄、緑、白などさまざまな色の土が25㌢四方の和紙の上に一種類ずつ置かれ、床全体に並べてある。栗田によると平成大合併前の日本全国3233市町村すべての土を採取した37000種の中から北は北海道の礼文島から南は沖縄の与那国島まで、全県を網羅した256カ所の土だという。栗田が座っている写真の上段が北海道や東北、手前下段が九州沖縄の土。作品の周りを歩くことで日本縦断ができるといえるだろう。
 栗田は20代半ばからバックパッカーとしてインド、トルコ、エジプト、ギリシャ、ボリビア、トーゴなど世界各地を旅して回り、自然の中に身を置く体験を経て、1990年頃から自分の足下にある土の多様性に着眼。日本各地を訪ねて一握りの土を採取するソイル・ライブラリー・プロジェクトを開始した。「空にかかる虹には皆感動するけれど、足元にも虹があるのに気付いていない」という思いから、土のありのままの美しさと色の多様性を伝えようと旅を重ねながら作品を発表してきた。このインスタレーションには、旅の経験から得た、この世界の多様性と各個体がもつ固有性に対する畏敬の念が込められている。

全国256カ所の土を展示した「『旅』と『土』」と栗田宏一
全国256カ所の土を展示した「『旅』と『土』」と栗田宏一

 展示室の入り口から続くスペースには、100枚の絵葉書が並べられている。その日に自分がいた場所の一つまみの土を3日ごとに絵葉書に貼り、投函する作品で、タイトルは「Walking Diary」。今回の展覧会の話がスタートした頃の2021年11月26日から展覧会開催前々日の2022年9月21日までの300日の土が3日ごとに1枚の絵葉書にテープで貼られて美術館に送られている。ちなみに9月21日の土は展示作業のために訪れた庭園美術館のある目黒駅前で採取したものだという。
 絵葉書は、栗田が子どもの頃に祖母が旅の土産に買ってきてくれたという観光地のものが多数。よく見ると、中尊寺金色堂、伊豆シャボテン公園、志賀高原など、祖母の旅の記録となっている。切手は亡くなった父親のコレクションを使っている。
 「Walking Diary」は、2003年から1日も欠かさず続けているプロジェクトの一環。今回壁に展示されている葉書の宛先は庭園美術館だが、その時々のプロジェクトにより場所が変わる。なお、2003年から22年9月21日までの葉書の枚数は2298枚で、22日以降も毎日増え続けている。

栗田宏一「Walking Diary」
栗田宏一「Walking Diary」
展覧会開始直前の2022年9月21日の東京の目黒駅前の土の付いた絵葉書
展覧会開始直前の2022年9月21日の東京の目黒駅前の土の付いた絵葉書

 本館と新館をつなぐ渡り廊下には、49種の土が「グラデーションで虹色になるように」並べられている。この作品「49の道しるべ」は、「仏教の教えで人生の最後に用意された49日の旅」をテーマにしている。「無限に分かれ道があり成仏できるかできないかを試される旅」。そうした旅も訪れるのだと改めて気づかされた。

美術館の本館と新館をつなぐ通路に展示された栗田宏一「49の道しるべ」
美術館の本館と新館をつなぐ通路に展示された栗田宏一「49の道しるべ」

 福田尚代(1967年埼玉県生まれ)は、本を両端から1頁、1頁折り畳み、最後に偶然に立ち現れる1行の文字が見る者の思考や経験と繋がり、鳥のような両翼を持つ形と相まって、羽ばたいていくような作品「翼あるもの」を旧朝香宮邸の書庫、書斎、殿下居間に展示した。中でも長い間空だった朝香宮の書庫に置かれた216冊は、「翼あるものたちが、長い旅路から戻り、羽を休めている光景にも見える」(同展担当・森千花学芸員)。
 福田によると、旅に関係する本もあれば、最後に現れた1行が旅を連想させる本もあるという。例えば、「つまり、世界を一周すれば出発したところに帰ってくるわ。あらゆるものは、始まったところに」(『果てしなき旅路』ゼナ・ヘンダ―スン著 深町眞理子訳 ハヤカワ文庫)などは、「頁を折っていくことでたまたま現れた1行が、今回の企画の主旨や展示空間にもつながった」という。ほかにも「私たちの眼前にある部屋は、書斎のように見えた」(『ロクス・ソルス』レーモン・ルーセル著 岡谷公二訳 平凡社ライブラリー)、「生まれ故郷が見たくありませんか」(『ほとんど無害』D・アダムス著 安原和見訳 河出文庫)などがあり、本の鳥たちが言葉を交わしているようにも思える。現れた1行をまとめたリーフレットも用意されているので、鳥たちのささやきに耳を傾けてみるのも良いだろう。

書庫に展示された福田尚代「翼あるもの」
書庫に展示された福田尚代「翼あるもの」

 書斎には11冊、殿下居間には1冊が展示されている。「翼あるもの」は2003年から取り組んでいるシリーズで、今回の展示はこれまでの作品の集大成ともいえる。新たな旅へと羽ばたく鳥たちのひと時の休息のようにも感じられた。

書斎に展示された福田尚代「翼あるもの」
書斎に展示された福田尚代「翼あるもの」
殿下居間のテーブルに置かれた「翼あるもの」
殿下居間のテーブルに置かれた「翼あるもの」

 第3部の現代アーティストはほかに、幼い頃に家族と旅したペルーのハイウェイを日本に居ながらにして再訪するCG映像を制作した相川勝(1978年ペルー共和国生まれ)、ナフタリンで象られた鍵が封入されている透明なトランクなどを制作した宮永愛子(1974年京都府生まれ)、旧朝香宮邸を自身で撮影した映像を組み込み、鏡の中の世界を映像化した作品をかつて大食堂だった場所でビデオ・インスタレーションとして展示するさわひらき(1977年石川県生まれ)、世界中で録りためた音源を用いて幻想的な時空間を立ち上げるevala(1976年京都府生まれ)。

宮永愛子 の透明なトランクの作品
宮永愛子 の透明なトランクの作品

 さまざまな形の旅に触れ、旅への思いを新たにするきっかけとなった。旅から得る知識や感動が生き方に大きく影響することを改めて知り、これからの旅に、この経験がつながっていくのだろうと思う。
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※写真は主催者の許可を得て撮影しています。
  
参考文献:「栗田宏一・須田悦弘」展図録(山梨県立美術館 2020年)

【会期・会場】
2022年9月23日(金)~11月27日(日) 東京都庭園美術館(東京都・港区)
美術館HP:https://www.teien-art-museum.ne.jp/

*栗田宏一 関連記事
「2020年 栗田宏一・須田悦弘展―Contentment in the details―」(山梨県立美術館)
https://geijutsuhiroba.com/exhibitions/%e6%a0%97%e7%94%b0%e5%ae%8f%e4%b8%80%e3%83%bb%e9%a0%88%e7%94%b0%e6%82%a6%e5%bc%98%e5%b1%95-%e2%80%95contentment%e3%80%80in%e3%80%80the%e3%80%80details%e2%80%95/