詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

想像を超える「ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー」

  • 角川武蔵野ミュージアム (埼玉県・所沢市)

 日本初の360度体感型デジタル劇場第2弾として角川武蔵野ミュージアムで開催中のフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)の展覧会が斬新だ。映像化され音楽と共に躍動するファン・ゴッホの作品群が一つのショーとなって観客を魅了する。改めて美術の鑑賞というものについて考えさせられる。

想像を超える没入型(イマーシブ)インスタレーションの世界

 ファン・ゴッホの作品が眼前に迫ってくる。これが没入型(イマーシブ)インスタレーションなのか。約1100平方メートルを超える空間の360度の壁や床に、映像化されたゴッホの作品が音楽に合わせて次々と現れ、鑑賞者を呑み込む。デジタルアートと知って訪れたものの、実際に体験するとそれは想像を超えていた。通常の美術展とも映画とも違う。リアル感が強いショーや舞台、ミュージカルといったところだろうか。「体感型デジタルアート劇場」という名に納得する。

 楽しみ方もさまざまだ。ハンモックに揺られたりビーズクッションに体を預けて鑑賞する大人も多い。音楽と映像に包みこまれながらその世界に没頭するもよし、QRコードを読み込むことでスマホから流れる説明に耳を傾けながらファン・ゴッホの人生をたどるもよし。いろいろ試してみると、それぞれ驚くほど印象が変わってくる

 このデジタルアートをつくりあげたのはイマーシブアート クリエイティブディレクターのジャンフランコ・イアヌッツィ。30年間にわたって世界各地で数多くの展覧会を手がけてきた。イアヌッツィは本展に向けて「観客自身がショーの不可欠なピースとなり、巨大なステージ上の登場人物であると感じてもらうことが大切だと考えています(展示解説より一部抜粋)」と言葉を寄せている。
  
 本展はこれまでの展覧会と趣向を変え「ファン・ゴッホが見た世界」というテーマで新たに作り上げられた。激動のファン・ゴッホの人生を象徴するような旋律の音楽に合わせ、荒々しい筆致のファン・ゴッホの作品が迫ってくる。

 「絵画そのものには触れることができないが、デジタルにすることで作品の中に入っていくことができる。今まで美術館にあまり足を運ぶことのなかった方や子どもにも楽しんでほしい」と同館広報担当者。若者も多く訪れ、開館前から来場者が列を作っていた。画家の人生と作品を全身で体感する、まさに新しい展覧会だと感じた。

身近に楽しむ画家と作品

 グランドギャラリー前のスペース(第3会場・無料エリア)には壁面いっぱいに印刷されたファン・ゴッホの肖像画の前で撮影できるフォトスポットがある。撮影用に置かれた造花のひまわりを手に、楽しそうに撮影する多くの人の姿を見ていると、こういった形でファン・ゴッホと作品を身近に親しむことができるのも面白い試みだと感じた。

 第2会場(有料エリア)は「ファン・ゴッホの手紙」と題し、年表と手紙で「知っているようで知らないゴッホの生涯」をたどる。年表は感情の起伏に沿った折れ線グラフのような形で、イラストで描かれたゴッホがその時の状況で表情を変えていく。

 絵画は印刷されたものを使うことで柔軟な展示が可能になり、自由に鑑賞できる。日本での人気の高さからゆかりの地であるフランスのオーヴェール=シュル=オワーズを訪れる日本人が多いことを紹介するツールとして、ゴッホと弟テオのお墓のレプリカを展示する趣向にも驚く。展示からはファン・ゴッホについて伝えたいという強い意思が伝わってくる。

 自筆の絵画を鑑賞することが得難い経験であることは間違いないが、「どちらがすぐれているということではない」と広報担当者が話すように、同館の展示はファン・ゴッホやその作品世界について知り、感じ、楽しみたいという多くの人の希望を満たしていた。特に体感型デジタルアートは私にとって初めてのエンターテイメントとの出合いという感動があり、その魅力を教えてくれた。
  
執筆・写真撮影:堀内まりえ
(文中敬称略)
  
*写真は主催者の許可を得て撮影しています。また本展では一定の条件のもと、写真撮影が許可されています。

展覧会名 ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー 
  
Creative Direction: Gianfranco Iannuzzi
Created by : Gianfranco Iannuzzi – Renato Gatto – Massimiliano Siccardi
KCM Editing: Rino Tagliafierro
Production: Culturespaces Digital®
©角川武蔵野ミュージアム
  
【会期・会場】
2022年6月18日(土)~2023年1月9日(月)*会期延長
角川武蔵野ミュージアム(埼玉県・所沢市)
展覧会HP:https://kadcul.com/
  
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。