詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015

・7月26日から開幕 プレスツアーレポート

  「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」が7月26日(日)に開幕する。6回目を迎える今回は、新潟県の十日町市、津南町の760平方キロメートルにわたる越後妻有区域に17の国と地域の約180組の新規参加を加えた35の国と地域からの約350組のアーティストによる約380点の作品やパフォーミングアートが結集。里山の自然とアートを体感する夏が始まる。
  開催を前にした6月29日にプレス向けツアーが行われた。新宿を朝7時にバスで出発し、10時に十日町に到着。同トリエンナーレの拠点でもある越後妻有里山現代美術館(キナーレ)に制作中の蔡國強の≪蓬莱山≫から見学した。
  この日は、池に出現した島に木を植えている途中の状態だったが、トリエンナーレ総合ディレクターの北川フラム氏によると、完成後には滝が作られ、山の上から水が流れるという。表から見るとユートピアアイランドだが裏から見ると鉄骨が組まれた現実的な構造が見える。また、島の周りには、地元の伝統的なわら細工による飛行機や潜水艦などが吊るされている。開幕前日には、いろいろな角度から島を眺めるドローイングを導火線で描く 、縦3㍍、横16㍍の火薬画を公開制作する予定だ。東アジア近隣諸国との間には現在、領海問題などがあり、理想の島とは何かを考えさせる作品だ。

・淺井裕介と十日町の人々で作り上げた≪チョマノモリ≫
  次に向かったのは、キナーレから歩いて5分ほどの広場で制作中の淺井裕介の≪チョマノモリ≫。猫のような蛇のような、魚や人にも見えるさまざまな生き物が路面に描かれた作品だ。輪郭を作る白いシートは横断歩道用の白線の素材をシール状にしたもの。十日町は苧麻(チョマ)を素材とした越後縮が特産品だったことから、チョマを主題として物語を描き出した。淺井によると、「チョマという響きが面白かったので、チョマという生き物がいたらどういう生き物だろう、と思いを巡らせながら作っている」という。6月17日から現地に入り、「朝9時から始め夜は街灯の光のもとで、小さい子どもからお年寄りまでたくさんの町の人々とあいさつしたり言葉を交わしながら一緒にはさみでチョキチョキしたり、地面に並べたり、貼ったりして毎日少しずつ描いている」とのこと。この日までにのべ約150人が参加した。「いろいろな人たちがいろいろな形を作るので、僕が指示したりコントロールするというよりは、作ってもらったものに僕がコントロールされながら形をつくって行く感じです」。この日の取材の後も地元の小学校の児童が作品制作に参加。どんな生き物たちが棲む森が生まれるのだろうか。

・ここはコインランドリーなのか

  チョマノモリから3分ほど歩き、国道117号に面したコインランドリーに到着。この店こそが、南川憲二、荒神明香、増井宏文によるチーム「目」が制作した作品≪憶測の成立≫だ。「訪れる現実にもうひとつの可能性があることをいつも考えて」(南川)制作しているという。今回は、もとは酒屋だった空き店舗を昔からそこにはコインランドリーがあったかのように作りあげた。内部にも古くからあったような壁や事務所があるが、どちらも長年使用していたように新たに作られているため、教えてもらわなければ、おそらく気付かないだろう。「どこが作品でどこが作品ではないか。それがわからないままもうひとつの現実を感じてもらえるかを考えている」(南川)。洗濯乾燥機の中から事務所に入ったり、どこが入口かがわからなくなるような仕掛けも施されているとのこと。荒神さんは「見えない空間に何が広がっているのかを想像してもらえるような作品になれば」と話している。

・妻有地区と都市の関係
  再びバスに乗り、信濃川沿いから北東のうぶすな・下条飛渡エリアに向かう途中で、北川フラム氏から「左手が信濃川。このダムではJR山手線などの首都圏の電車の発電のために川が死んだことがある。奥に見えるのが柏崎刈羽原発の送電線。近代におけるこの地域と都市の関係が非常にわかる場所だ」との説明があった。中央集権化や効率化の波の中で過疎化が進んだ現状や問題点も現場に立つことで見えてくる。大地をとりまく景色を見て、社会的背景や歴史をふまえることで作品をより深く感じ取ることができるだろう。

・土をテーマにしたもぐらの家
  バスで約20分かけてもぐらの館に到着した。2009年に閉校した小学校を活用した土を体感する美術館で、9組の作家と左官職人と写真家、陶芸家が参加している。入口の手前には、大平和正の直径約4.2㍍、厚さ25㌢、重さ21トンの巨大な土の球体≪風環元「球体01」≫が置かれ、鑑賞者を土の世界に誘う。中に入って階段を上ると、佐藤香の≪原子へと続く道≫が。「下条地区の土を採取して絵具の代わりに土で絵を描いた。滞在した土地のいろいろな土の色で絵を描いてきたが、下条の土地がもつ魅力を引き出し、洞窟のようなイメージで生命の根源を表現した」と語った。「越後妻有の特徴的な風景のひとつに崖がある」と感じた木村謙一は、階段室に土をメーンにした山水画を展開した≪泥枯山水階段≫を制作。自然木や縄なども用いて山水画の中に入りこむような趣向だ。


・食で妻有を楽しもう

  正午を過ぎて、北西部のまつだい駅に近い、まつだい「農舞台」の越後まつだい里山食堂へ。ガラスの向こうに棚田とイリヤ&エミリア・カバコフの作品の≪棚田≫が望めるビュッフェスタイルのレストラン。当日のメニューは地元の野菜を多く取り入れた里山ビュッフェ1500円。同食堂の金子さんによると地元のお母さんたちと協力しながら料理をしているとのこと。トマト、きゅうり、野菜、ズッキーニのほか、苗場産の豆やレストランの窓から見える棚田で作った米のご飯、地元の飲料水など、松代ならではの味が楽しめた。

・おふくろ館の古郡弘の茶室

  午後の最初の作品は古郡弘の茶室≪うたかたの歌垣≫。西側のキョロロ・松之山地区に位置する黒倉集落のじょうもんの湯おふくろ館の1階に設置された。6年以上の歳月をかけて制作された新作で、カラスの羽による漆黒の屋根をはじめ、建物は乾漆、鉛、金箔、木、古紙で作られた。花器には松之山に自生する蓮が毎日活けられる予定だ。若い男女が互いに求愛の歌を掛け合う歌垣に想を得た作品。北川氏は「大地の芸術際の会心の作品ができた」と喜んでいた。

・自然と人間の関係を美術に 磯辺行久の≪モニュメント≫

  次に向かったのは磯辺行久の新作≪土石流のモニュメント≫。2011年3月12日の長野県北部地震で土砂崩れが起きた場所で、その範囲を250本のポールを立てて示した。流された土砂を詰めたセル式の砂防ダムの堤防の先に展望台を設けて砂防ダムの全容と土石流の跡が見られるようにするという。ここは、津南町辰ノ口という場所で、北川氏によると龍が吐き出すように水が出る危険な場所だということを昔の人が地名で示したので、人は住んでおらず、死者は出なかったとのこと。「越後妻有は、豪雪や地震、土砂崩れが多発している地域。自然の厳しい場所で人々が暮らしてきた知恵を見てほしい」と言う。
  ポールは蓄光素材で作られており、昼間天気が良い時には深夜の12時頃まで光り、幻想的な情景となるようだ。

  今回のトリエンナーレでは、廃校を再利用した施設が新たに3つオープンする。そのうちの一つで、2012年閉校になった上郷中学校をパフォーミングアーツの拠点として生まれ変わらせた上郷クローブ座も見学した。パフォーマーが長期間滞在できるレジデンス施設と稽古場、発表の場としての劇場が備わっている。演劇仕立てのレストランもオープンするという。幕開けは劇団「サンプル」の公演。
  その後、釜川の土手にコールテン鋼の壁で構成されたフィンランドの建築ユニット、カサグランデ&リンターラ建築事務所の≪ポチョムキン≫や白いカーテンが風に揺れる窓から里山の風景を眺める内海昭子の≪たくさんの失われた窓のために≫など、過去に制作された里山の景色を引き立たせる2つの人気作品を鑑賞した。


  ・現代美術の大型作品を保管しながら展示―清津倉庫美術館

  次に清津倉庫美術館へ。6年前に廃校になった小学校の体育館を再生した美術館で、前述の新たにオープンした3つの廃校のうちの一つだ。スタッフによると「都会では大きな作品の保管場所確保が困難だが、田舎ではスペースがあまっている」ことから大型の美術作品を保管しながら展示する施設として誕生した。開館特別企画展として、「4人展:素材と手」を開催。清津峡の岩や清流の自然と物質の力や人間の力を見い出すことを根底とし、たえず物質と向き合ってきた青木野枝、遠藤利克、戸谷成雄、原口典之の作品を収蔵展示する。取材当日は遠藤利克の≪空洞説―木の舟2009≫と原口典之の≪無題4(1970年からのシリーズ)≫の展示が完了していた。遠藤の作品は木を切って、彫り、焼いた舟形の作品で、ここでは広々とした空間の中で全体を巡りながら鑑賞できる。原口の作品は当初は屋外に展示されていたが今回は基礎構造を見せる新たな展示方法をとっている。ここに青木野枝の≪雲谷/2012≫≪原形質/2014‐1‐4≫、戸谷成雄≪ミニマルバロックⅣ「双影景≫が加わる。

  プレスツアーでは完成、または、ほぼ完成に近い作品を中心に巡ったが、廃校をリニューアルした施設の開館、店舗や家屋の再利用など、厳しい自然と向き合ってきたこの地方の歴史や人々の暮らしを考えさせる展開や作品が印象的だった。26日の開幕後にはすべての作品が出そろう。改めて足を運んでみたい。9月13日(日)まで。

執筆:西澤美子

  「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015」
  会期:7月26日(日)~9月13日(日)
  場所:越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)
  作品鑑賞パスポート:一般3500円
          高・専・大学生3000円
          中学生以下 無料
  主な鑑賞時間:10:00~17:30
  詳細:http://www.echigo-tsumari.jp/about/triennale_2015/   
  大地の芸術祭実行委員会事務局 ☎025‐757‐2637

  参考文献:「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 公式ガイドブック」
  (現代企画室刊 2015年)

写真キャプション
① 蔡國強≪蓬莱山≫

② 淺井裕介≪チョマノモリ≫

③ ≪チョマノモリ≫の作者、淺井裕介

④ 目が制作した≪憶測の成立≫

⑤ もぐらの家の前にある大平和正≪風還元「球体01」≫

⑥ 里山ビュッフェ 

⑦ 古郡弘≪うたかたの歌垣≫

⑧ 磯辺行久≪土石流のモニュメント≫

⑨ 上郷クローブ座の滞在者用ベッド

⑩ カサグランデ&リンターラ建築事務所≪ポチョムキン≫

⑪ 内海昭子≪たくさんの失われた窓のために≫

⑫ 遠藤利克≪空洞説―木の舟2009≫(手前)と原口典之≪無題4(1970年からのシリーズ)≫

2015年7月25日