詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

みんなの建築ミニチュア展

こんな楽しい建築展があったとは!
  エッフェル塔がいったい何塔あるのだろう。それにしてもなんと美しい形状か。緩やかなカーブが空を突く。支える部分は動物の四本脚のようで愛敬もある。パリのエッフェル塔は、フランス革命百周年を記念して開催された1889年の万国博覧会のモニュメントとして、技師ギュスターヴ・エッフェル(1832~1923)によって設計された。300mを超す高さは、1930年にニューヨークのクライスラー・ビルが建つまでは世界一だった。建設当初は評判が悪かったとされるが、現在、エッフェル塔の無いパリは考えられないだろう。街と一体化した、世界中の人々に愛される建築となった。さて、手前に置かれたエッフェル塔をよく見ると、一部がフランスパンで出来ていることに気づき、脱帽。
 
  実はこれらは、世界の旅先でお土産として収集した小さな建築(建築ミニチュア)である。こんな遊び心いっぱいの「みんなの建築ミニチュア展」が、オリエ アート・ギャラリー(東京メトロ銀座線 外苑前駅近く)で開催中だ。450件を超える建築群は圧巻。面白がっているうちに、「建築とは何か」を考えさせる。秀逸な建築展だ。
  本展は、五十嵐太郎 東北大学教授のプロデュースによるものだ。五十嵐氏は、建築評論家・建築史家として、また第11回ヴェネチア建築ビエンナーレ(2008年)のコミッショナーや、あいちトリエンナーレ2013の芸術監督としても活躍。新著に『日本建築入門』(ちくま新書)がある。五十嵐氏が、大阪で開かれた遠藤秀平氏(建築家/神戸大学)収集の模型展「ワールド・ミニチュアワールド」展を見て、ミニチュア建築だけによる展覧会を思いつき、遠藤氏のコレクションを中心とし、他にも愛好家数名に声をかけて、本展の実現となった。
  コレクターとしては、30年近く収集を行い、出品作品の大半を占める遠藤秀平氏に加え、五十嵐太郎、斎藤公男(構造家/日本大学)、橋爪紳也(建築史家/大阪府立大学)、磯達雄(建築ジャーナリスト)、菅野裕子(横浜国立大学)、倉方俊輔(建築史家/大阪市立大学)および稲益祐太(都市史研究者/法政大学)+小﨑晶子(都市計画コンサルタント)の各氏が参加。いずれも建築家や建築学研究者ら建築領域の専門家だ。会場構成は遠藤秀平氏が行い、多神教、一神教、塔、住居、モダン・アーキテクチャー、広場・街、柱・柱頭など13分類により展示。
  面白くてつい長居をしてしまったが、なかでも筆者が興味深かったのが、「柱・柱頭」と「広場・街」の箇所だった。
  「柱・柱頭」のコーナーでは、奥に古代ギリシア建築の特徴的な柱であるドーリア式、イオニア式、コリント式の三つのオーダーが並ぶ。オーダーとは、古典主義建築における、円柱をもとにしたデザイン体系で、西洋建築の基本をなすものだ。ドーリア式は簡素で力強く、イオニア式は柱頭に二つ渦巻き型の装飾がつく。ローマ時代に発展したコリント式では柱頭のアカンサスの葉が華やかである。手前には古代エジプトの柱が見える。ルクソール神殿の列柱廊などにあるパピルスを模した太い束ね柱や、同神殿前に対で建っていた先の尖ったオベリスクが一本だけ運ばれ、現在、パリのコンコルド広場の中心に置かれたものである。さらに、近代建築の父ル・コルビュジエ(1887~1965)による、手と鳩を表した「開かれた手」のオブジェも置かれる。これは、彼が都市設計を行い、多くの建築を残したインドの街チャンディガールを象徴する有名なデザインだ。
  「広場・街」のコーナーでは他に比べて大きい模型が展示されている。ヨーロッパの街には広場が必ず存在することが特徴だが、イタリアのヴェネチアのサン・マルコ広場は、サン・マルコ大聖堂と官庁に囲まれ、様々な時代の建築様式が見える。スペインのグラナダの街並みは、傾斜地に多くの建築が連なる様子を精巧に再現している。
  古代から、モダン建築、1970年大阪万博のパヴィリオン、そして2008年北京オリンピックの鳥の巣など、まさに古今東西の建築物が集合した本展。会場を廻ってみて、ミニチュア建築は建築物の形状の特徴を明確にし、手の平にのる「小ささ」は愛でる気持ちを増大させるものだと知った。なお、来館者は、会場に置かれた A3サイズ12ページの解説資料を参考にしながら展示物を見るのだが、この資料の徹底ぶりにも驚嘆した。
  是非、会場にて数多の建築と、解説資料をご覧になり、世界一周をお楽しみください。
執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2016年5月)

20160531_001
写真1 会場風景。「柱・柱頭」の一部。(撮影:I.HOSOKAWA)
20160531_002
写真2 会場風景。「広場・街」の一部。(撮影:I.HOSOKAWA)
20160531_003
写真3 会場風景。「塔S」の一部。(撮影:I.HOSOKAWA)

【会期・会場】
 2016年5月20日~6月10日 オリエ アート・ギャラリー
<電話> 03-5772-5801  <開館時間>10時~18時30分。日曜日は休み
<会場HP>  http://www.orie.co.jp/map/index.html

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年6月1日