詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

開催中〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

開催中〜2024/06/02

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

1950〜60年代の日本画―造形への挑戦

開催中〜2024/06/02

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

遠距離現在 Universal / Remote

開催中〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

開催中〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

開催中〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

開催中〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

名作展「大画面の奔流―川端龍子の『会場芸術』再考」

開催中〜2024/06/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「法然と極楽浄土」

開催中〜2024/06/09

東京国立博物館

東京都・台東区

平野杏子展 – 生きるために描きつづけて

開催中〜2024/06/09

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

開催中〜2024/06/09

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

青山悟 刺繍少年フォーエバー

開催中〜2024/06/09

目黒区美術館

東京都・目黒区

没後120年 エミール・ガレ展 奇想のガラス作家

開催中〜2024/06/09

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

開催中〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

2024/06/01〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

2024/06/08〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

2024/06/01〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

2024/06/01〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

2024/06/11〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

2024/05/30〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

2024/06/04〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

みんなの建築ミニチュア展

こんな楽しい建築展があったとは!
  エッフェル塔がいったい何塔あるのだろう。それにしてもなんと美しい形状か。緩やかなカーブが空を突く。支える部分は動物の四本脚のようで愛敬もある。パリのエッフェル塔は、フランス革命百周年を記念して開催された1889年の万国博覧会のモニュメントとして、技師ギュスターヴ・エッフェル(1832~1923)によって設計された。300mを超す高さは、1930年にニューヨークのクライスラー・ビルが建つまでは世界一だった。建設当初は評判が悪かったとされるが、現在、エッフェル塔の無いパリは考えられないだろう。街と一体化した、世界中の人々に愛される建築となった。さて、手前に置かれたエッフェル塔をよく見ると、一部がフランスパンで出来ていることに気づき、脱帽。
 
  実はこれらは、世界の旅先でお土産として収集した小さな建築(建築ミニチュア)である。こんな遊び心いっぱいの「みんなの建築ミニチュア展」が、オリエ アート・ギャラリー(東京メトロ銀座線 外苑前駅近く)で開催中だ。450件を超える建築群は圧巻。面白がっているうちに、「建築とは何か」を考えさせる。秀逸な建築展だ。
  本展は、五十嵐太郎 東北大学教授のプロデュースによるものだ。五十嵐氏は、建築評論家・建築史家として、また第11回ヴェネチア建築ビエンナーレ(2008年)のコミッショナーや、あいちトリエンナーレ2013の芸術監督としても活躍。新著に『日本建築入門』(ちくま新書)がある。五十嵐氏が、大阪で開かれた遠藤秀平氏(建築家/神戸大学)収集の模型展「ワールド・ミニチュアワールド」展を見て、ミニチュア建築だけによる展覧会を思いつき、遠藤氏のコレクションを中心とし、他にも愛好家数名に声をかけて、本展の実現となった。
  コレクターとしては、30年近く収集を行い、出品作品の大半を占める遠藤秀平氏に加え、五十嵐太郎、斎藤公男(構造家/日本大学)、橋爪紳也(建築史家/大阪府立大学)、磯達雄(建築ジャーナリスト)、菅野裕子(横浜国立大学)、倉方俊輔(建築史家/大阪市立大学)および稲益祐太(都市史研究者/法政大学)+小﨑晶子(都市計画コンサルタント)の各氏が参加。いずれも建築家や建築学研究者ら建築領域の専門家だ。会場構成は遠藤秀平氏が行い、多神教、一神教、塔、住居、モダン・アーキテクチャー、広場・街、柱・柱頭など13分類により展示。
  面白くてつい長居をしてしまったが、なかでも筆者が興味深かったのが、「柱・柱頭」と「広場・街」の箇所だった。
  「柱・柱頭」のコーナーでは、奥に古代ギリシア建築の特徴的な柱であるドーリア式、イオニア式、コリント式の三つのオーダーが並ぶ。オーダーとは、古典主義建築における、円柱をもとにしたデザイン体系で、西洋建築の基本をなすものだ。ドーリア式は簡素で力強く、イオニア式は柱頭に二つ渦巻き型の装飾がつく。ローマ時代に発展したコリント式では柱頭のアカンサスの葉が華やかである。手前には古代エジプトの柱が見える。ルクソール神殿の列柱廊などにあるパピルスを模した太い束ね柱や、同神殿前に対で建っていた先の尖ったオベリスクが一本だけ運ばれ、現在、パリのコンコルド広場の中心に置かれたものである。さらに、近代建築の父ル・コルビュジエ(1887~1965)による、手と鳩を表した「開かれた手」のオブジェも置かれる。これは、彼が都市設計を行い、多くの建築を残したインドの街チャンディガールを象徴する有名なデザインだ。
  「広場・街」のコーナーでは他に比べて大きい模型が展示されている。ヨーロッパの街には広場が必ず存在することが特徴だが、イタリアのヴェネチアのサン・マルコ広場は、サン・マルコ大聖堂と官庁に囲まれ、様々な時代の建築様式が見える。スペインのグラナダの街並みは、傾斜地に多くの建築が連なる様子を精巧に再現している。
  古代から、モダン建築、1970年大阪万博のパヴィリオン、そして2008年北京オリンピックの鳥の巣など、まさに古今東西の建築物が集合した本展。会場を廻ってみて、ミニチュア建築は建築物の形状の特徴を明確にし、手の平にのる「小ささ」は愛でる気持ちを増大させるものだと知った。なお、来館者は、会場に置かれた A3サイズ12ページの解説資料を参考にしながら展示物を見るのだが、この資料の徹底ぶりにも驚嘆した。
  是非、会場にて数多の建築と、解説資料をご覧になり、世界一周をお楽しみください。
執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2016年5月)

20160531_001
写真1 会場風景。「柱・柱頭」の一部。(撮影:I.HOSOKAWA)
20160531_002
写真2 会場風景。「広場・街」の一部。(撮影:I.HOSOKAWA)
20160531_003
写真3 会場風景。「塔S」の一部。(撮影:I.HOSOKAWA)

【会期・会場】
 2016年5月20日~6月10日 オリエ アート・ギャラリー
<電話> 03-5772-5801  <開館時間>10時~18時30分。日曜日は休み
<会場HP>  http://www.orie.co.jp/map/index.html

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年6月1日