詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

「鴨居 玲展-踊り候え」

自らの弱さや醜さを突き詰め、人間の内面を抉り出し、喜びのなかに悲しみを感じ、絶望の中に一筋の強い輝きを発して世を去った画家・鴨居玲。
瀟洒でありながら滑稽であったり、醜い老人の姿に”死”の漂う気配で表現した鴨居玲の初めての本格的な決定版展覧会である。
没後30年の節目を迎える洋画家・鴨居玲(1928-1985)は、金沢で生まれ、新聞記者の父の転勤に伴い、金沢、ソウル、大阪豊中、金沢と数年おきに転居を繰り返し、自由奔放のなかで育った鴨居玲は、金沢で油彩を学び、30代から40代に南米、パリ、ローマ、スペインなどを放浪。

青年期までは宮本三郎に師事し本格的な修行に入るが、父鴨居悠が金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学)の学生中に病に倒れ他界、それから周囲との軋轢を感じながら、常に死の影が漂い、これからの画家鴨居玲の形成に大きくかかわってくる。
金沢を離れ30代まではシュールレアリスムや抽象表現的な作品が多く、展覧会での受賞を重ね、一定の評価を得る。
初期の作品として、≪夜自画像≫≪月に吼える≫≪月と男≫≪赤い髪≫≪蠢く≫≪赤い老人≫が秀逸である。

1969年、41歳の時「安井賞」(受賞作;静止した刻)を受賞し画家として画壇デビューをかざり、徐々に名が知れ渡っていくが、放浪はやまず南米からパリ、スペインと渡り歩き、最後の地神戸にに落ち着いたのは49歳であった。
1971年、43歳の時スペインに渡り、絶頂期を迎える。マドリードに半年滞在し、「私の村」と親しみを込めて呼んだこの土地の人びとは、素朴で人懐っこく、日本からやってきた画家を温かく迎え入れられ、気さくにふれあい、人生で最も幸福な日々を過ごしている。
それまでは、南米、パリ、ローマを放浪しても地元の人間と打ち解けることはなかった。
バルデペーニャスでの生活で、日がな一日、酒を飲んでいる酔っ払いやしわがれた老人、社会から逸脱させられた人びとの辛苦や悲哀をモチーフにした≪私の村の酔っぱらい≫人間の心の奥底にある闇を抉り、さらけ出した作品を描き続け、スペインの人びとに自己のなかで広げたイメージを重ねて表現した自画像と言える。
スペインの宮廷画家ゴヤと比較されるが、人間の欺瞞や狡猾を暴く絵画を描いたゴヤよりも”もっと人間が生きる鼓動をもっと純粋な希望”を表現したかったのではないだろうか?
「私の村」での生活の一幕の写真(冨山栄美子氏撮影)が鴨居玲の生きている証のような屈託のない笑顔や至福のしぐさが一番似合っている感じがする。彼らの生活から自己の芸術世界に吸収して描き出したモチーフは、社会の舞台裏で生きる人々は孤独で退廃的で老醜をさらしているが崇高さを帯び、見る人に「人間が生きるとは何か」を問いかけてくる。

1977年、49歳神戸で新たに始動する。パリで飼い始めた愛犬チータと暮らし、画家・画商、美術関係者と交友しながら安井賞の選考委員や二紀会の委員を努めたり、死ぬまでの8年間を過ごす。
それまでの画業の集大成として1982年に描かれた≪1982年 私≫≪自画像≫≪望郷を歌う≫などに記念碑的な作品が描かれた。
鴨居玲の中にある死への憧憬、恐怖、希望と絶望は表裏一体のなかでひた走る。≪ミスターXの来た日≫は死神の到来であり、死神が迎えに来てもアルコールに陶酔できず、狂気に埋没せずに描くこと、それでもその疾走のなかでいくつもの傑作が生みだされていく。
≪出を待つ道化師≫≪肖像≫≪酔って候≫特に、≪肖像≫には自死した年に描かれた自画像で、自らの顔を剥ぎ取って手に持ち、もう一方の手をポケットに突っ込んで腹を突き出している。その身体の頭部は石のような白い塊。”もう描けない”という苦悩のメッセージで、無に近い自身の白紙状態を表していて、探し続けた自己を巡る旅の終点としての自画像であったのかもしれない。

60年代の抽象的作品や一人の人間の普遍的な問題、”生と死””神の存在と不在””老い・孤独・愛”といった主題である。
それには、おのずと強烈な自己凝視が強要され、デッサンの一枚一枚は、その自己凝視の生々しいあらわれである。
初期から晩年まで油彩を中心に、デッサンやパレット、筆、カンバス等の遺品も加えて100点余で構成される画期的な展覧会であった。

最後に、実姉鴨居羊子との子供時代から画家を経て、一人の人間としての付き合い方も面白い。
瀧悌三著「一期は夢よ 鴨居玲」日動出版刊を一読あれ。
最近出版された「鴨居玲 死を見つめる男」長谷川智恵子著 講談社刊は必読に値する。

この展覧会は、
東京ステーションギャラリー;5月30日~7月20日
北海道立函館美術館;7月26日~9月6日
石川県立美術館   ;9月12日~10月25日
伊丹市立美術館   ;10月31~12月23日  へと巡回する。

是非ご覧あれ~~!

2015年7月15日