詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

開催中〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

開催中〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

開催中〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

開催中〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

開催中〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

市制施行70周年記念 自然、生命、平和 私たちは見つめられている 吉田遠志展

2024/07/20〜2024/09/06

府中市美術館

東京都・府中市

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

開催中〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

聖書の世界〜伝承と考古学〜/古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム

開催中〜2024/09/08

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

慰問 銃後からのおくりもの

2024/07/20〜2024/09/08

昭和館

東京都・千代田区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

開催中〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

開催中〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

開催中〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

開催中〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

開催中〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

令和6年度第2期所蔵品展 「特集 新恵美佐子 祈りの花」

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

令和6年度第2期所蔵品展  特集:生誕100年 芥川紗織

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

北アルプス国際芸術祭 2024

2024/09/13〜2024/11/04

芸術祭(長野県大町市)

長野県・大町市

特別展「眼福―大名家旧蔵、静嘉堂茶道具の粋」

2024/09/10〜2024/11/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

瑛九 ―まなざしのその先に―

2024/09/14〜2024/11/04

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

日本現代美術私観:高橋龍太郎コレクション

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

特別展 文明の十字路  バーミヤン大仏の太陽神と弥勒信仰 ―ガンダーラから日本へ―

2024/09/14〜2024/11/12

三井記念美術館

東京都・中央区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展

2024/10/05〜2024/11/24

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

ベル・エポック―美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

2024/10/05〜2024/12/15

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー ―美の変革者たち― シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより

2024/09/08〜2024/12/15

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

特別展 オタケ・インパクト ―越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム―

2024/10/19〜2024/12/15

泉屋博古館東京

東京都・港区

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展

2024/09/21〜2025/02/16

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

Exhibitions

「鴨居 玲展-踊り候え」

自らの弱さや醜さを突き詰め、人間の内面を抉り出し、喜びのなかに悲しみを感じ、絶望の中に一筋の強い輝きを発して世を去った画家・鴨居玲。
瀟洒でありながら滑稽であったり、醜い老人の姿に”死”の漂う気配で表現した鴨居玲の初めての本格的な決定版展覧会である。
没後30年の節目を迎える洋画家・鴨居玲(1928-1985)は、金沢で生まれ、新聞記者の父の転勤に伴い、金沢、ソウル、大阪豊中、金沢と数年おきに転居を繰り返し、自由奔放のなかで育った鴨居玲は、金沢で油彩を学び、30代から40代に南米、パリ、ローマ、スペインなどを放浪。

青年期までは宮本三郎に師事し本格的な修行に入るが、父鴨居悠が金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学)の学生中に病に倒れ他界、それから周囲との軋轢を感じながら、常に死の影が漂い、これからの画家鴨居玲の形成に大きくかかわってくる。
金沢を離れ30代まではシュールレアリスムや抽象表現的な作品が多く、展覧会での受賞を重ね、一定の評価を得る。
初期の作品として、≪夜自画像≫≪月に吼える≫≪月と男≫≪赤い髪≫≪蠢く≫≪赤い老人≫が秀逸である。

1969年、41歳の時「安井賞」(受賞作;静止した刻)を受賞し画家として画壇デビューをかざり、徐々に名が知れ渡っていくが、放浪はやまず南米からパリ、スペインと渡り歩き、最後の地神戸にに落ち着いたのは49歳であった。
1971年、43歳の時スペインに渡り、絶頂期を迎える。マドリードに半年滞在し、「私の村」と親しみを込めて呼んだこの土地の人びとは、素朴で人懐っこく、日本からやってきた画家を温かく迎え入れられ、気さくにふれあい、人生で最も幸福な日々を過ごしている。
それまでは、南米、パリ、ローマを放浪しても地元の人間と打ち解けることはなかった。
バルデペーニャスでの生活で、日がな一日、酒を飲んでいる酔っ払いやしわがれた老人、社会から逸脱させられた人びとの辛苦や悲哀をモチーフにした≪私の村の酔っぱらい≫人間の心の奥底にある闇を抉り、さらけ出した作品を描き続け、スペインの人びとに自己のなかで広げたイメージを重ねて表現した自画像と言える。
スペインの宮廷画家ゴヤと比較されるが、人間の欺瞞や狡猾を暴く絵画を描いたゴヤよりも”もっと人間が生きる鼓動をもっと純粋な希望”を表現したかったのではないだろうか?
「私の村」での生活の一幕の写真(冨山栄美子氏撮影)が鴨居玲の生きている証のような屈託のない笑顔や至福のしぐさが一番似合っている感じがする。彼らの生活から自己の芸術世界に吸収して描き出したモチーフは、社会の舞台裏で生きる人々は孤独で退廃的で老醜をさらしているが崇高さを帯び、見る人に「人間が生きるとは何か」を問いかけてくる。

1977年、49歳神戸で新たに始動する。パリで飼い始めた愛犬チータと暮らし、画家・画商、美術関係者と交友しながら安井賞の選考委員や二紀会の委員を努めたり、死ぬまでの8年間を過ごす。
それまでの画業の集大成として1982年に描かれた≪1982年 私≫≪自画像≫≪望郷を歌う≫などに記念碑的な作品が描かれた。
鴨居玲の中にある死への憧憬、恐怖、希望と絶望は表裏一体のなかでひた走る。≪ミスターXの来た日≫は死神の到来であり、死神が迎えに来てもアルコールに陶酔できず、狂気に埋没せずに描くこと、それでもその疾走のなかでいくつもの傑作が生みだされていく。
≪出を待つ道化師≫≪肖像≫≪酔って候≫特に、≪肖像≫には自死した年に描かれた自画像で、自らの顔を剥ぎ取って手に持ち、もう一方の手をポケットに突っ込んで腹を突き出している。その身体の頭部は石のような白い塊。”もう描けない”という苦悩のメッセージで、無に近い自身の白紙状態を表していて、探し続けた自己を巡る旅の終点としての自画像であったのかもしれない。

60年代の抽象的作品や一人の人間の普遍的な問題、”生と死””神の存在と不在””老い・孤独・愛”といった主題である。
それには、おのずと強烈な自己凝視が強要され、デッサンの一枚一枚は、その自己凝視の生々しいあらわれである。
初期から晩年まで油彩を中心に、デッサンやパレット、筆、カンバス等の遺品も加えて100点余で構成される画期的な展覧会であった。

最後に、実姉鴨居羊子との子供時代から画家を経て、一人の人間としての付き合い方も面白い。
瀧悌三著「一期は夢よ 鴨居玲」日動出版刊を一読あれ。
最近出版された「鴨居玲 死を見つめる男」長谷川智恵子著 講談社刊は必読に値する。

この展覧会は、
東京ステーションギャラリー;5月30日~7月20日
北海道立函館美術館;7月26日~9月6日
石川県立美術館   ;9月12日~10月25日
伊丹市立美術館   ;10月31~12月23日  へと巡回する。

是非ご覧あれ~~!

2015年7月15日