詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 よめないけど、いいね! ―根津美術館の書の名品―

開催中〜2022/08/21

根津美術館

東京都・港区

宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界 2022 展

開催中〜2022/08/28

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

ムーミンコミックス展

開催中〜2022/08/28

東京富士美術館

東京都・八王子市

うるわしき薔薇—ルドゥーテ『バラ図譜』を中心に

開催中〜2022/08/28

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

目黒区美術館開館35周年記念展 美術館はおもちゃ箱・道具箱

開催中〜2022/08/28

目黒区美術館

東京都・目黒区

貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語―

開催中〜2022/08/28

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

特別展「北斎 百鬼見参」

開催中〜2022/08/28

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

伝えたい情景〜木版画家・山岸主計と現代作家たち〜

開催中〜2022/08/28

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語―

開催中〜2022/08/28

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

特別展 「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」

開催中〜2022/08/31

日本科学未来館

東京都・江東区

KAGAYA 星空の世界展

開催中〜2022/08/31

そごう美術館

神奈川県・横浜市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

開催中〜2022/09/04

原美術館ARC

群馬県・渋川市

こぐまちゃんとしろくまちゃん 絵本作家・わかやまけんの世界

開催中〜2022/09/04

世田谷美術館

東京都・世田谷区

没後25年記念特別企画 斎藤清版画展 飛翔するノスタルジア

開催中〜2022/09/04

高崎市タワー美術館

群馬県・高崎市

とある美術館の夏休み

開催中〜2022/09/04

千葉市美術館

千葉県・千葉市

沖縄復帰50年記念 特別展 琉球

開催中〜2022/09/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

所蔵作品展 こどもとおとなの自由研究 工芸の〇△□✕展

開催中〜2022/09/04

国立工芸館

石川県・金沢市

市制90周年記念 工藤麻紀子展

開催中〜2022/09/11

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─

開催中〜2022/09/11

京都国立博物館

京都府・京都市

夏休みチャレンジ アートのたねをみつけよう!

開催中〜2022/09/11

府中市美術館

東京都・府中市

ライアン・ガンダー われらの時代のサイン

開催中〜2022/09/19

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

リニューアルオープン2 茶の湯の陶磁器 〜“景色”を愛でる〜

開催中〜2022/09/19

三井記念美術館

東京都・中央区

どっちがどっち? いわいとしお×岩井俊雄 ―『100かいだてのいえ』とメディアアートの世界― 

開催中〜2022/09/19

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

日中国交正常化 50 周年記念 特別デジタル展「故宮の世界」

開催中〜2022/09/19

東京国立博物館

東京都・台東区

キース・ヴァン・ドンゲン展―フォーヴィスムからレザネフォール

開催中〜2022/09/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―

開催中〜2022/09/25

山種美術館

東京都・渋谷区

こどもと楽しむ永青文庫

開催中〜2022/09/25

永青文庫

東京都・文京区

開館25周年記念展 Ⅱ 並河靖之の雅な技 世界を魅了した明治の京都七宝

開催中〜2022/09/25

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

ガブリエル・シャネル展― Manifeste de mode

開催中〜2022/09/25

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

東北へのまなざし 1930-1945

開催中〜2022/09/25

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2022/09/26

国立新美術館

東京都・港区

ボストン美術館展 芸術×力

開催中〜2022/10/02

東京都美術館

東京都・台東区

「クマのプーさん」展

開催中〜2022/10/02

PLAY! MUSEUM

東京・立川市 

ちひろ・花に映るもの

開催中〜2022/10/02

ちひろ美術館・東京

東京都・練馬区

ちひろ美術館コレクション 江戸からいまへ 日本の絵本展

開催中〜2022/10/02

ちひろ美術館・東京

東京都・練馬区

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

2022/09/10〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

2022/09/10〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

2022/09/10〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

2022/09/14〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

国立新美術館開館15周年記念 李禹煥

開催中〜2022/11/07

国立新美術館

東京都・港区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

2022/10/01〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

2022/09/17〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

2022/09/14〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

2022/09/17〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

2022/10/01〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

2022/09/23〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

2022/09/23〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

2022/09/16〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

2022/10/04〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

つながる琳派スピリット 神坂雪佳展

2022/10/29〜2022/12/18

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

2022/10/01〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

2022/09/10〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

2022/09/17〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”

開催中〜2023/02/12

21_21 DESIGN SIGHT

東京都・港区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

Exhibitions

「和モダンの世界 近代の輸出工芸 〜金子皓彦コレクションを中心に〜」

幕末・明治の超絶技巧の作品から、レトロなお土産品まで、近代の多彩な輸出工芸品を約200点。
東京・墨田区のたばこと塩の博物館にて、2018年1月8日まで。

■20万点に及ぶ「金子皓彦コレクション」から、幕末・明治以降の輸出工芸品を中心に
 近年、主に海外への輸出用に繊細・精緻な技巧を駆使してつくられた明治期の工芸品を見直す動きが高まり、ここ数年で「超絶技巧」といった語が付された展覧会も大きな話題を集めてきた。東京・墨田区の「たばこと塩の博物館」で開催されている「和モダンの世界」展も、そうした近代の輸出工芸に焦点をあてた特別展だが、この展覧会の大きな特徴は、寄木細工や青貝細工、漆工品や陶磁器といった美術工芸品のみならず、麦わら細工や貝細工、そのほか貝を用いた民芸品や、お土産品としての観光物産、さらには生人形(いきにんぎょう)といった珍しい品まで、実にヴァラエティに富む作品群が並んでいる点だろう。
 約200点に及ぶ展示作品は、日本輸出工芸研究会会長・金子皓彦(かねこ・てるひこ)氏のコレクションを中心とするものだ。小学生で石や土器の収集を始めたという筋金入りのコレクターである金子氏は、考古学者として大学の考古学資料室の学芸員や教授職を務める一方で、半世紀以上にわたって様々な品を収集されてきた。今では20万点にもなるという膨大な収集品から選ばれた出品作は多彩であると同時に、考古学者でもある金子氏の作品に対する見方も反映されている。モノを見るときには、美術的・工芸的に優れたものかどうかで判断する「骨董的な見方」と、誰がどういう目的や技術でつくったものなのかを考え、人々の暮らしや歴史や文化を解明していく「資料的な見方」の両方をされるという金子氏のその二つの見方が、展示品に幅の広さをもたらしているのだ。

■装飾への情熱あふれる「寄木細工」と、繊細なデザインの「木象嵌」
 多彩な作品が並ぶ展示会場の雰囲気も独特だ。仕切り壁をたてることなく、広い展示室をまるまる一室使った空間に多種多様な品がひしめくさまは、さながら熱気あふれる「骨董市」の趣き。そのなかでもとりわけ印象的なのが、会場入口にどんと構え、自らの魅力をエネルギッシュに主張しているように見える寄木細工の大形家具の一群である。
 寄木細工とは、種類の違う木材を組み合わせ、色合いの違いによって文様を表す技法。今でも箱根の伝統工芸として親しまれている寄木細工は、箱根出身の金子氏が特に早くから収集を始め、コレクションを充実させたジャンルの一つだ。その収集と研究の過程で、「箱根で誕生した」という印象のあった寄木細工が、実は江戸後期に駿府(現・静岡市)から伝わったものだったことがわかったのだという。本展でも、幕末から昭和初期にかけて箱根や静岡でつくられた寄木細工がずらりと並ぶ。技巧をこらした寄木細工は欧米人にも愛され、大形の家具も小形の品も、輸出品として、またお土産品として人気を集めた。たとえば、入口でひときわ目を引いた大形の《ライティングビューロー》(引き出し収納をそなえた書き物机)は英国貴族の所有の品だったというが、様々な幾何学文様の寄木もあれば、朝顔や桜といった花々や鳥を木象嵌(ぞうがん)で表したものもあり、その種類の多彩さと文様の緻密さに圧倒される。そしてこれに続く家具類も、引き出しが回転するといった「からくり」が仕込まれていたり、異国の建物などのフォルムがとり入れられていたりと実に個性豊かだ。一方、シガレットケースやからくり箱といった掌中に収まる小形の品々は、確かに土産品としてもち帰りたくなる愛らしさがある。
 本展では、こうした寄木細工のほか、明治中期に特に発達した木象嵌にも光をあてている。彫った文様の部分に別材をはめこむ木象嵌自体は、以前からあった技法だ。だが、明治中期から糸鋸ミシンの普及によって、曲線を用いた複雑なデザインも切り抜いて自在かつ効率的に象嵌できるようになったのだという。花々や笹や鳥など、洗練されたデザインを木象嵌で表した味わいある作品のほか、寄木細工と木象嵌が見事に融合された品を目にできるのも本展の楽しみのひとつだろう。

■「青貝細工」と「芝山細工」のきらめき
 木工品の温もりに対し、光輝くきらめきが目を引くのは、金銀をほどこした蒔絵(まきえ)や貝片をはめこんだ螺鈿(らでん)の技法を用いた漆工品だ。日本の漆器は室町期から海外でも評価が高く、英語圏では漆器が「ジャパン」の名で呼ばれているほどだが、明治期になるとその人気がさらに高まり、外国人向けの漆器が大量生産されるようになったのだという。とりわけ虹色に輝く貝片をはめこむ螺鈿、別名「青貝細工」は、従来の京都や長崎、静岡といった生産地に加え、輸出地の横浜でもつくられるようになり、輸出品の花形となった。薄くとぎ出した貝片の裏や下地に色を塗ることで、貝自体の輝きを増したり、本来は貝にない色が生み出されるそうで、大形の屏風や箪笥(たんす)から小ぶりのお盆や写真帖まで、会場に並ぶ作品群はまさに虹色のきらめきを見せている。とりわけ曲水の宴を楽しむ80人ほどの貴人と水の流れる風景を表した京都産の《手元箪笥》や、花鳥を配した長崎産の《ビューロー》などの細密・可憐な青貝細工は溜め息ものだ。
 もう一つ、会場で独特のきらめきを放っているのは、「芝山細工」と呼ばれる細工物。漆や象牙などの地に加工した貝殻やサンゴ、美しい石や象牙などをはめて文様を表す装飾だが、螺鈿のように平面的な装飾ではなく、レリーフ状にもりあげて仕上げるのが特徴だ。江戸時代の後期に上総(現・千葉県)の芝山出身の人物が考案し、江戸で「芝山」の名で人気を集め、後に横浜に進出したというこの芝山細工もまた、明治期に多くの外国人を魅了して輸出品の花形となった。最盛期には100人を超える職人が横浜で活躍していたが、関東大震災や戦中の空襲などを経て廃業が相次ぎ、現在の継承者は1人だけになっているという。本展では、今では目にする機会の少ない芝山細工の逸品がいくつも並ぶ。なかでも様々な素材を組み合わせて大胆な絵柄を表した衝立や飾棚などの大作は、一度見たら忘れられないインパクトをもっている。

■展覧会全体をまとめる「和モダン」のテイスト
 木工品や漆工品以外にも、豪華な薩摩焼の大形花瓶や可愛らしい洋食器などの陶磁器、象牙やベッコウを彫刻した精緻な工芸品など様々な品が出品されているが、なかでも珍しいのは「麦わら細工」のコレクションだろうか。収穫期の麦の茎をそのまま、あるいは染色して用いる麦わら細工は、兵庫県の城崎と東京大田区の大森が主な産地で、江戸時代から土産物として人気があったが、明治期になると海外向けの菓子器やシガレットケースなどが盛んにつくられるようになったという。乾燥させて切りひらいた麦の茎を並べて文様化し、それを切り抜いて箱や小箪笥に貼り合わせた品々は、これもまた愛らしくも精緻なつくりだ。つやつやとした色彩豊かな品も目を引くが、木を思わせる色調の品には寄木細工と共通する文様が見られるといった発見もあって興味がつきない。そして「土産物」といえば、昭和期まで海辺近くの観光地でよく売られていた貝細工。本展では、洗練された青貝細工の美術工芸品と対照的な品として展示されているのだが、貝を組み合わせて鳥や帆船などの形をつくった貝細工に懐かしさを感じる人も多いに違いない。
 このように多種多様な品々を楽しめる「骨董市」的な雰囲気の展覧会場だが、「雑多な」という印象がないのは、「和モダン」というセンスが全体を統一しているためだろう。近代化に向かう社会で模索する日本の伝統工芸の職人たちが、西欧の文化に触発されて、あるいは西欧の人々に向けて生み出した品々は、「和」のなかにも独特の「モダン」な雰囲気を内包している。本展は、自身の技術を最大限に活かしつつ、異国の顧客に向けてそのテイストに応えようとした職人たちの意欲や情熱が見えてくる熱気あふれる展覧会なのだ。

 長らく渋谷の公園通りにあった「たばこと塩の博物館」が、現在の墨田区に移転・開館したのは、2015年のこと。新しい館は以前より広く、常設展示室も充実した。この特別展でも、たばこ盆やシガレットケースといった品が展示されているが、常設展会場でもこれに近しい工芸品や資料を見ることができる。特別展後には、常設展示室にもぜひお立ち寄りを。

【参考文献】金子皓彦『西洋を魅了した「和モダン」の世界』 2017年 三樹書房 

執筆:中山ゆかり
(2017年12月)

※会場内の風景画像は、主催者の許可を得て撮影したものです。


写真1
往年の博覧会会場か、骨董市か? 様々な作品が一望できる展示室。
入口近くには、多彩な文様のパターンやデザインの工夫が見られる寄木細工の家具が並ぶ。


写真2
入口前を陣取る《ライティングビューロー》。
明治期に箱根でつくられたこの作品は、高さ181cm、両脇の拡張テーブルを開いた状態で幅241cmの大作だ。


写真3
明治期に箱根でつくられた《竹図文箱》。
左の蓋は、乱寄木に若竹を象嵌したもの。ここでは糸鋸を使わず、文様を彫りこんで象嵌する手法が用いられている。
寄木と象嵌の融合した風情ある作例。


写真4
青貝細工の輝き。右端の作品《手元箪笥》は、幅46.5cm、高さ45.5cm、奥行き27cmの小ささ。
だが、そこに貝片で描かれた80余人の貴人たちが、それぞれに違う面差しや表情を見せている。


写真5
芝山細工の《豊年満作図衝立》。
人物は象牙、鳥は白蝶貝で立体的に表され、着衣の文様は蒔絵で描かれている。
レリーフ状の表現も、働く人々を扱った主題も印象深い。


写真6
麦わら細工の数々。右の作品は、寄木細工をも思わせる。


写真7
昭和の家でよく見かけた貝細工。
こうした懐かしい品が展示されているのも本展の魅力だ。

【展覧会名】
「和モダンの世界 近代の輸出工芸 〜金子皓彦コレクションを中心に〜」
【会期・会場】
2017年11月3日〜2018年1月8日 たばこと塩の博物館

休館日:毎週月曜日(ただし、1月8日は開館)、年末年始 12月29日(金)~1月3日(水)
開館時間:午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)
観覧料:一般・大学生 300円、小・中・高校生 100円、満65歳以上の方 150円 ※年齢が分かるものをお持ちください。(※観覧料で常設展示も観覧可。※詳細は、ウェブサイトをご確認ください。)
電話:03-3622-8801(代表)
[展覧会詳細] https://www.jti.co.jp/Culture/museum/