詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Museum Scketches

『彫刻の森の40年』ー1969~2009ー に参加して・・・・!

1969年に開館した、国内で初めての野外美術館「彫刻の森美術館」は、四季折々の特徴的な自然を楽しめ、風光明媚でかつ雄大な自然に囲まれ、緑豊かな庭園のなかに、近・現代を代表する彫刻家の名作:120点が常設展示されている美術館です。
今年で40周年を迎え、遊べる彫刻「ネットの森」の完成を記念して式典が開催された。あいにく天候が悪く、小雨の中で開会式が始まり、美術館館長・理事長・箱根村村長等の挨拶、テープカットが終わり、式典の最後を飾って、エコバト風船(土に返る素材)が舞い上がり、小雨降るなかしめやかに終わりました。そのあと移動して、ピカソ館において、野崎良太氏のピアノライブが催された。毎年必ず1回は足を運ぶほどの「彫刻の森美術館」好き。開館40周年記念TVCF曲も作曲を依頼され、クラシックから現代音楽まですべての音楽に精通した”鍵盤弾き”としての確固たるアイデンティティを感じさせます。また、手塚貴晴+由比による建築設計、今川憲英による構造設計、角館政英による照明、堀内紀子のアートのコラボレーションで製作された、この遊べる彫刻「ネットの森」のカラフルで巨大なハンモックの作品のなかに入ると、まるで自分が作品のなかの一部になったような感覚になり、子ども心が誘発されます。ボリュームにして350㎥、本数にして500本を超える木を積み重ねて作ってある「ネットの森」はまったく金属は使わず、伝統的な木組みを駆使し、未来の形態を模索する新しいタイプの建築として、画期的作品だなと感心しました。土曜日のせいか、親子ずれや団体客が小雨の中にもかかわらず、歓声を上げてはしゃぎまわり愉しんでいた。

■現在300点を超えるピカソ・コレクションを誇るピカソ館の〈ジャクリーヌ〉連作も健在で、さらに多彩な作品が増えたように感じられた。
■野外展示を好んだヘンリー・ムーアは「彫刻の置かれる背景として空以上にふさわしいものはない」と言っているように、自然の中で、陽を浴び、雨に打たれ、雲の流れに身を浸し、ゆっくりとした時間を刻んでいきます。
■「自然には境界がないのだから、芸術作品にも境界があってはならない」と書き残したロッソは、市井に生きる老人や子どもの見せる一瞬の表情や姿に、そのときの光や影の具合、そのとき感じた空気を描き、瞬間を切り取る写真を見ているような錯覚に囚われてしまう。ピカソやブランクーシにも影響を与えたように言われています。
そのほか、たくさんの彫刻たちがオリジナリティの立ち振る舞いで、表情豊かに我々の前に立ちそびえてくる。
久々に、出向いてきましたが、なかなか新たな感動がありました。


その他の企画として
◆親子で楽しむ夏休みワークショップ
 カラフルねんどでピカソに挑戦!
絵皿コンテストin彫刻の森美術館
期 間 :8月8日(土)~8月23日(日)
場 所 :本館ギャラリー1階
参加費 :1,000円(材料費/税込)
所要時間:60分
受付時間:午前の部9:30~11:30  午後の部13:30~16:30
◆くるくるシルク
アートパフォーマンス2009
期 間 :8月14日(金)、15日(土)、16日(日)
場 所 :円形広場(天候により場所・時間の変更があります)
所要時間:第1回目11:00~  第2回目14:30~
       ※(16日のみ 第3回目18:00~あり)
夏休みだ~っ!!!
思いっきり遊んで、愉しんできて~!!!
そして~、少しは美術も味わってきて~・・・・・!!!!!

ヘドデル キドリンスキー

2009年8月7日