詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展《歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能》

開催中〜2024/05/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

百年後芸術祭 -内房総アートフェス-

開催中〜2024/05/26

芸術祭(市原市・木更津市・君津市・袖ケ浦市・富津市の内房総5市)

千葉県・市原市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市の内房総5市

特別展 雪舟伝説―「画聖(カリスマ)」の誕生―

開催中〜2024/05/26

京都国立博物館

京都府・京都市

月岡芳年 月百姿

開催中〜2024/05/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

開催中〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

開催中〜2024/06/02

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

1950〜60年代の日本画―造形への挑戦

開催中〜2024/06/02

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

遠距離現在 Universal / Remote

開催中〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

開催中〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

開催中〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

開催中〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

名作展「大画面の奔流―川端龍子の『会場芸術』再考」

開催中〜2024/06/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「法然と極楽浄土」

開催中〜2024/06/09

東京国立博物館

東京都・台東区

平野杏子展 – 生きるために描きつづけて

開催中〜2024/06/09

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

開催中〜2024/06/09

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

青山悟 刺繍少年フォーエバー

開催中〜2024/06/09

目黒区美術館

東京都・目黒区

没後120年 エミール・ガレ展 奇想のガラス作家

開催中〜2024/06/09

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

サントリー美術館コレクション展 名品ときたま迷品

開催中〜2024/06/16

サントリー美術館

東京都・港区

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

開催中〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

創刊50周年記念 花とゆめ展

2024/05/24〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

2024/06/01〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

2024/06/08〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

2024/06/01〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

2024/06/01〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

2024/06/11〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

2024/05/30〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

2024/06/04〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

2024/05/23〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

News

Exhibitions

第27回岡本太郎現代芸術賞展
岡本太郎賞 つん「今日も『あなぐまち』で生きていく」

 第27回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)の各賞が決まり、最高賞の岡本太郎賞(賞金200万円)には、つんの「今日も『あなぐまち』で生きていく」が、準大賞の岡本敏子賞(賞金100万円)には、三角瞳の「This is a life. This is our life.」が選ばれた。前回は該当作なしだったが、今回は両賞ともに受賞者が決まったうえに、特別賞(賞金5万円)は過去最多の10人が受賞した。
 美術家の岡本太郎の精神を受け継ぎ、自由な視点と発想で芸術の新たな可能性を探る作家を顕彰する同賞。作品の高さ、幅、奥行きが各5㍍以内であればジャンルや形状は自由、応募資格も国籍、年齢、プロ、アマを問わないことが特徴で、今回は前回を26点上回る621点の応募があり、22組が入選した。その中から、椹木野衣(美術批評家、多摩美術大学教授)、土方明司(川崎市岡本太郎美術館館長)、平野暁臣(空間メディアプロデューサー、岡本太郎記念館館長)、山下裕二(美術史家、明治学院大学教授)、和多利浩一(ワタリウム美術館キュレーター)の5人の審査員により受賞作が決まった。
 今回、特別賞に10作家が選ばれたことに対し、椹木は「例年の特別賞クラスの作品がたくさんあり甲乙つけがたく必然的に10人になった」と述べ、山下は「今年は大豊作だった。エネルギーに満ち溢れた作品がずらりとあり、何人にするかを審査員一同で議論したが10名に差し上げる結果になった」と語った。

第27回岡本太郎現代芸術賞の受賞者、入選者、審査員
第27回岡本太郎現代芸術賞の受賞者、入選者、審査員

 岡本太郎賞を受賞したつんの「今日も『あなぐまち』で生きていく」は、段ボールでできた団地が積み重ねられた町を表す立体作品。つんによると約800はあるというそれぞれの部屋にはトマト、肉まん、マグカップ、バイオリンなど「私には生きてみえる」ものが住み、床下には絵本風の住民名簿が収められ、「そこに住んでいる人のことがわかる仕組みになっている」。
 「子ども時代に、自分らしく生きられなかった私が、自分の心を救うために生み出した空想のまち」を実際に作り始めたのは10年ほど前だが、物心がついた頃から頭の中で生み出されていて、団地は下から幼少期、青年期、中年期の順に積み重ねられ、上は空室で、「これから先の人生の中で埋めていく」という。
 審査員の椹木は「生まれた頃の記憶から最終的には自分の死に至るまでの等身大の時間がそのまま作品になっている。芸術の持つ、生きることが作ることということに肉薄している作品だ」と評した。
 つんは1981年福岡県生まれ。2004年成安造形大学造形学部デザイン科卒業。今回の受賞は、「これまで生きて来た半生を肯定してもらったような気持ち」だと喜んだ。
 なお、3月17日に締め切られた来館者による出品作品の人気投票でも、この作品が1位のオーディエンス賞を受賞した。

岡本太郎賞のつんと受賞作「今日も『あなぐまち』で生きていく」
岡本太郎賞のつんと受賞作「今日も『あなぐまち』で生きていく」

 岡本敏子賞を受賞した三角瞳の「This is a life. This is our life.」は、人物の顔を刺繍した白い布を何層にも重ねて吊るしたインスタレーション。布の裏側は血管をイメージして赤い糸で刺繍されている。三角によると顔にはモデルは無く、いろいろな国籍や年齢の人たちを表していて、全部で1134人の顔がある。「布に絡みついている糸が人になっている。私自身が自分の人生から抜け出せないというような閉塞感を抱いている時に、これは普遍的な思いなのかもしれないと考え、その現実を受け入れて同化して、辛いことがあっても笑い飛ばしていられるような状態になれるよう、作品に昇華した」という。
 土方は「完成度が高い。薄い布切れに刺繍された無数の『個』が折り重なるように並べられている。表現内容と新鮮な手法、展示方法がうまくかみ合い説得力がある」と評した。
 三角瞳は1988年長野県生まれ。東京芸術大学大学院修了後、広告代理店に勤務。2016年の第19回TARO賞で入選している。

岡本敏子賞の三角瞳と受賞作「This is a life. This is our life.」
岡本敏子賞の三角瞳と受賞作「This is a life. This is our life.」

 特別賞を受賞したのは、池田武史、長雪恵、小山恭史、クレメンタイン・ナット、月光社、小山久美子、ZENG HUIRU(そうかいじょ)、タツルハタヤマ、フロリアン・ガデン、村上力の10作家。
 そのうちの小山久美子(1983年埼玉県生まれ)は「三月、常陸國にて鮟鱇を食ふ」を出品。茨城県の大洗港で甲冑を着た武将が名物のあんこう鍋を食べている図で、「座標の離れたものを組み合わせて違和感から漂う可笑しみを伝えたい」との思いがある。普段から自分の好きなものに別の好きなものを描き合わせる手法を用いている。歴史が好きなこともあり、今回は気に入った風景の中に武将の姿を取り入れた。「昔の人も今の人も食べることは嬉しいことなんだという楽しさや喜びが伝わればいい」と言う。

特別賞の小山久美子と受賞作「三月、常陸國にて鮟鱇を食ふ」
特別賞の小山久美子と受賞作「三月、常陸國にて鮟鱇を食ふ」

 フロリアン・ガデン(1987年フランス・パリ生まれ)の「Anomalies poétiques/詩的異常」は、来日してから2年の間に暮らした岐阜の大垣、札幌、東京、京都などの身近にある風景を水彩や墨で描いた作品202枚を壁一面に貼り出した作品。「日々の生活における不安や恐怖を超越するための叙情的な視座」がとられている。「いつも頭の中にあるテーマはエコロジー。どのように自然を守り、恩返しできるか、共存するにはどうしたらよいかということ」だと言う。

特別賞のフロリアン・ガデンと受賞作「Anomalies poétiques/詩的異常」
特別賞のフロリアン・ガデンと受賞作「Anomalies poétiques/詩的異常」

 村上力(1961年東京都生まれ)の「學校」は、バベルの塔の上に広島の原爆ドームが乗っている立体を中心に、人物像や本が置かれた作品。東京で生まれ、小学1年生の時に広島に転校して、原爆ドームを初めて見たのが「歴史的なものが意識された最初の経験」だった。最上部の「原爆ドームから時計回りに10代、20代、30代と降りてくる、自分の脳みその彫刻というイメージ」だという。TARO賞には4回目の挑戦で3回目の特別賞受賞。友人からは「ブロンズ・コレクター」と言われた。その上を狙ってさらなる挑戦を続ける。

特別賞の村上力と受賞作「學校」
特別賞の村上力と受賞作「學校」

 入選作家はほかに、大河原健太、遅四グランプリ実行委員会、GORILLA PARK、鈴木のぞみ、野村絵梨、林楷人、村尾かずこ、横岑竜之、横山豊蘭、李函樳。
 
執筆・写真撮影:西澤美子(文中敬称略)
 
参考文献:「第27回岡本太郎現代芸術賞展」パンフレット(川崎市岡本太郎美術館 2024年)

2024年2月17日(土)~4月14日(日) 川崎市岡本太郎美術館(神奈川県・川崎市)
美術館HP: https://www.taromuseum.jp/