詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

News

東急歌舞伎町タワーで現代美術を体感
青木野枝、大巻伸嗣ら26作家の作品を設置

  • 東急歌舞伎町タワー (東京都・新宿区)

 東京の新宿・歌舞伎町に、ホテル、映画館、劇場などが入った超高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」がオープンして約5か月。来館者数は開業約1か月で100万人を突破(※1)、エンタメ・レジャー施設として人気を博している。同タワーの特徴の一つはアートプロジェクトが展開されていること。26作家が新宿や歌舞伎町の歴史や文化、街の雰囲気などから着想を得た新作175点を含む190点の作品を設置している。そのうちの4作家の作品に着目した。

46階ペントハウスラウンジの青木野枝「空の光」と青木
46階ペントハウスラウンジの青木野枝「空の光」と青木

 東急歌舞伎町タワーは西武新宿駅に隣接した新宿TOKYU MILANOの跡地に建つ。地上48階、地下5階建て、高さ約225㍍。外観デザインは、かつて水源地だった歌舞伎町から水のエネルギーが噴き出し、天に伸びる姿をイメージしている。
 タワー上層の2つのホテルのうち、18階と39階から47階に位置するBELLUSTAR TOKYO , A Pan Pacific Hotelのペントハウスのラウンジには、青木野枝(1958年東京都生まれ)の彫刻「空の光」が展示されている。2層吹き抜けで大きな窓のある空間の壁面に鉄を輪の形に溶断したパーツで構成された作品で、いくつかの輪には青か黄の色ガラスがはめられている。
 青木は主に鉄を用いた彫刻を制作しているが、一般的に鉄に対して抱く、重く、硬いイメージとは異なり、軽やかで、重力を感じさせない作風で知られている。
 「空の光」は、青木が「ここに水源があったことで水が噴出するような外観の建物」を意識しつつ、「光がたくさん入るので嬉しい」と感じた空間の壁面に鉄の輪を配し、「水面のように影が映る」作品。「内部に透明な光を持っている」と感じている鉄と、窓からの光を受けて色ガラスを通した影が、自然の中に溶け込むかのような穏やかな景色を見せている。
 また、39階から44階の各エレベーターホールには「空の光」と同様に鉄の輪と色ガラスを用いた「水の光」が設置されている。

45階のRestaurant Bellustarの大巻伸嗣「Gravity and Grace:Lucidus(Lucida)」
45階のRestaurant Bellustarの大巻伸嗣「Gravity and Grace:Lucidus(Lucida)」

 同じホテルの45階のレストランとバーには大巻伸嗣(1971年岐阜県生まれ)の作品が月のように浮かび、「人間のエネルギーが渦巻く宇宙のような空間」(大巻)を生み出している。
 天井高が13㍍あるレストランの作品「Gravity and Grace:Lucidus(Lucida)」は直径2.5㍍の白い球体が、バーの作品「Gravity and Grace:Mare Foecunditatis(The Sea of Fertility)」は直径1.5㍍の青い球体が、それぞれ天井から吊り下げられ、内部で明滅する光によって球の表面に刻まれた水紋や植物、人の姿や、建物などを壁や床に影絵のように映し出している。
 大巻は、「空間」「時間」「重力」「記憶」などをキーワードに「存在の不確かさ」について追求し、制作活動を展開してきた。今回の作品では、かつて水源地であり、人間のエネルギーに溢れ、生きた証がうねるような力となっている歌舞伎町の記憶を画像に埋め込み、それらを探していく地図のようなイメージで制作したという。
 江戸時代の『水紋集』から紋様を集めたり、新宿や歌舞伎町の歴史や文化を調べたり、新旧の写真を参考にしたりして、水紋を軸に、人物、植物、建物、乗り物などの図像を取り入れながら、「今まで見えなかった存在や記憶としての時間を出現させている」。
 白い球体の「Gravity and Grace:Lucidus(Lucida)」では、東京タワーやスカイツリー、雷門などの図像も取り込み、「新宿から東京全体に広がる風景をカオスの一部に入れている」。作品タイトル中のLucidaは、星座で一番明るい星という意味で、フランスの批評家ロラン・バルトの写真論『明るい部屋』からインスピレーションを得て、「バルトの過去を写し出す写真と亡くなった母の写真への想いと、この作品が映し出す時間軸を超えた新宿や水紋のイメージを重ねた」という。
 青い球体のバーの作品「Gravity and Grace:Mare Foecunditatis(The Sea of Fertility)」は、月のクレーターに付けられている名前から命名。新宿区出身の三島由紀夫の遺作『豊穣の海』のイメージが関連づけられているという。

35階の「開発好明アーティストルーム/カセットテープ」内の開発好明
35階の「開発好明アーティストルーム/カセットテープ」内の開発好明

 18階から38階にあるもう一つのホテル、HOTEL GROOVE SHINJUKU, A PARKROYAL Hotelには、3 人の作家が客室を作品化したアートルームがある。そのうち、開発好明(1966年山梨県生まれ)の部屋は、約2000個のカセットテープが壁を埋め尽くし、それらを室内にある3台のラジカセで自由に聞くことができるというユニークな趣向が凝らされている。
 社会の出来事を鑑賞者を取り込みながらユーモアを交えて作品化してきた開発は、ノイズミュージックのバンド活動も行っていた。今回は「街のいろいろな音を集めた。今だけを感じるのではなく、いろいろな時間軸の音を一緒に聞いて、体感できるような部屋を作りたかった」という。カセットの音源は、新宿駅周辺や歌舞伎町の街中で収録した音や、昭和歌謡、アメリカのポップス、クラシックなど幅広い。ソニーのラジカセをモデルに特注したというソファもあり、ここに座って、新宿の街を一望しながら音で新宿を満喫できる空間となっている。

17階のバーJAM17の西野達「新宿」
17階のバーJAM17の西野達「新宿」

 17階のバー「JAM17」の吹き抜けには西野達の「新宿」が天井から吊り下げられている。新宿区役所のスチール棚、紀伊国屋書店にあった前川國男デザインのテーブル、新宿2丁目のゲイダンスクラブのキャッシャー台、ホストクラブのソファ、大沢在昌の『新宿鮫』や中上健次の『軽蔑』や手塚治虫の『ばるぼら』など西野が選んだ新宿ゆかりの本が並べられている本棚などが、歌舞伎町タワーの敷地内にかつてあった街灯で繋ぎとめられている。「街灯が新宿を象徴する家具を突き抜けた天井灯のようなイメージ。歌舞伎町や新宿の歴史をこの作品にこめようと思った」という。高さ約7.5㍍、重量約1㌧の「新宿」が、この街が培ってきた歴史や文化の厚みや重みを象徴しているかのようだ。
 西野達(1960年愛知県生まれ)は、屋外のモニュメントを取り込んで作品化するなど、公共空間での大規模なインスタレーションで国際的に知られる。それらの作品は展示期間終了とともに撤収されてしまうため、今回の作品は希少な恒久設置作品となった。国内では熊本県津名木町の「達仏」、東京・中目黒のレストラン「PAVILION」(※2)に続く3作品目となる。
 なお、今回紹介した作品は、ホテルの客室やレストラン、バーを利用しなければ見られないが、ロビーやエントランスなどで自由に見られる作品もある。同タワーでは、今後、建物内のアート作品を鑑賞するツアーを計画している。
 
 
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※写真は許可を得て撮影しています。
 
冒頭の写真は、東急歌舞伎町タワー外観。デザインは外装デザイナーの永山祐子
 
(※1)東急歌舞伎町タワー調べ
(※2)現在は閉店している

東急歌舞伎町タワー(東京都新宿区歌舞伎町1-29-1)
https://www.tokyu-kabukicho-tower.jp/