詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

News

アートニュース 第27回 五島記念文化賞美術新人賞に川村亘平さん(影絵)、東影智裕さん(彫刻)

  美術とオペラの分野で活動する優れた人材を発掘し、一年間の海外研修や、帰国後の成果発表で助成を行う五島記念文化賞(主催:公益財団法人 五島記念文化財団)の平成28年度、第27回の受賞者が決まり、美術新人賞に影絵の川村亘平さんと、彫刻の東影智裕さんが選ばれた。
  4月14日に東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急で贈呈式が行われ、五島記念文化財団の上條清文理事長から賞状と賞金50万円、副賞の1年間の海外研修費400万円の目録が授与された。

  川村亘平さんは1980年東京都生まれ。2003年亜細亜大学国際関係学部卒業、同年インドネシア共和国のバリ島に音楽留学。2014年の山形ビエンナーレでの「地蔵について」や昨年の福島県福島市での南相馬影絵「ヘビワヘビワ」など、日本各地の土地に残る物語を影絵作品としてワークショップや取材を通して再生し、現代日本と伝統的な感性をつなぐ新たな芸能を発信し続けてきた。贈呈式での講評で、美術部門選考委員長で世田谷美術館館長の酒井忠康さんが、「今回は毛色が変わったというと怒られるかもしれないが、面白い経歴をふまえて美術の世界に飛び込んできた大変ユニークな人を選んだ」と述べた通り、川村さんは、「アカデミックな美術教育には興味が持てず、一般の大学に行った。その後、バリの芸術家たちに会った時に、ものすごい人たちがいっぱいいることに驚いた。そうした村の長老に習いに行くかたちで勉強し、学んだものを自分のフィルターを通してアウトプットしていった」という。
  また、酒井さんは、推薦委員の一人で東北芸術工科大学の宮本武典准教授が現代美術のアートシーンでは東南アジアのアートやアーティストに関するものが極端に少ないことをふまえ、「国境を越え、伝統芸術の枠を越え、土地の物語を呼び覚ます地異に根ざしたアートの手法を積極的に現代美術に反映させたい」との思いで川村さんを推したことを紹介した。
  贈呈式後の祝賀パーティーで川村さんは、「これまでの自分の影絵のパフォーマンスに出て来るキャラクターや象徴的なモチーフを即興で表現した」という影絵を歌とともに披露した。歌も即興で、インドネシア語かと思わせる言葉もすべて創作だという。
  川村さんは、今年11月からインドネシアのバリ島を拠点に研修を行い、バリ島の伝統影絵「WAYANG KULIT」の上演、デザインの調査研究、習得を中心に、インドネシア国内に残る儀礼や伝統芸能、美術、また、そこから育まれた新しい芸術家たちとの交流を通じ、新たな影絵作品を制作する。パーティーでのスピーチでは「大学在学中にインドネシアの芸能に触れる機会があった。今回の受賞で、もう一度インドネシアに行って光と影という根源的なものに対して、じっくり取り組む機会をいただけて大変ありがたい」と述べた。また、「インドネシアは経済発展が著しく、古典芸能が失われ始めている。今は、それらを見られる限界ではないかと思っているので、いろいろな島に行き、いろいろな芸能を見つつ、同時に、ジャワなどでは新しい芸術家も育っているので、そういう人たちと何かができないかと思う」と抱負を語った。
 

  東影智裕さんは、1978年兵庫県生まれ。98年生野学園高校を卒業後、武蔵野美術学園で学んだ。2012年第7回タグボートアワードでグランプリを、13年第8回同審査員特別賞を、14年第3回あさごアートコンペティションでスポンサー賞を受賞している。
  動物の頭部を毛並みまで細密に表現した作品を主に発表してきた。祝賀パーティーでは、自らの作品を手にしながら、「動物の頭部をメーンに作品を作っているが、動物そのものというよりは、人の心であったり、時間の流れであったり、記憶、生と死のようなものを表現したいと考えている」と述べた。また、贈呈式会場の外のロビーには、流木にウサギの頭部が乗った作品「侵食Ⅳ」を展示。「流木はもともと根を生やしていた木が死んでいる状態。そこに生きているかのような動物を融合させて新しい形にしたかった」と話した。
  講評では酒井さんが、東影さんを推薦した姫路市立美術館副館長の不動美里さんが「異形の世界への通路が、彼の仕事を通してある何かの可能性として広がったのではないか」と評価していることを発表。また、同様の理由で、神奈川県立近代美術館学芸主任の李美那さんも東影さんを推薦したと話した。
  東影さんは、2017年3月から、ポーランドのクラクフ、ワルシャワを拠点に研修を開始する。戦争、体制など大きな変化を経たポーランドの文化、芸術、宗教観に触れ、自分自身に備わった日本固有の死生観、および環境の変化、影響を客観的に捉えるため、制作と考察を行う。また、中東欧、近隣諸国へも出向き、見聞を広める。「ポーランドの作家タデウシュ・カントルの死生観にすごく興味を持ち、カントルを生み出したポーランドの文化や歴史に触れて、自分自身の作品をもう少し深い部分から追求したい」という。兵庫県の故郷の町では、葬式の際には家族や親戚が集まり遺体とともに24時間過ごすなど、死が身近な存在であることから、「生まれ育った環境はすごく大事で、制作に大きく影響していることを感じる。作家は作品を環境に作らされていると思うようになり、なぜ生と死をテーマにするのかなどを自分の中に踏み込んで考えてみたい」という。
 

  美術部門の顕彰、助成の対象者は40歳以下で日本国籍の美術制作家。選考は、12人の推薦委員が推した9名の候補者の中から、選考委員長の酒井忠康さんをはじめ、多摩美術大学教授の海老塚耕一さん、武蔵野美術大学教授の柏木博さん、美術評論家の宝木範義さん、東京芸術大学教授のたほりつこさん、元東京国立近代美術館副館長の松本透さん、京都国立近代美術館館長の柳原正樹さんら7人の選考委員により、作家による作品のプレゼンテーションと面接をもとに選考が行われ、満場一致で決定したという。
  なお、海外研修終了後3年以内の成果発表に対して350万円の助成が行われる。

執筆:西澤美子

写真キャプション
①上條理事長から賞状を受ける川村さん
②上條理事長から賞状を受ける東影さん
③前列左から美術新人賞の川村亘平さん、東影智裕さん、オペラ新人賞の高橋さやかさん、髙橋維さん。後列左から美術部門選考委員長の酒井忠康さん、五島記念文化財団理事長の上條清文さん、オペラ部門選考委員長の栗林義信さん
④川村亘平さん
⑤祝賀パーティーで披露された川村さんの影絵
⑥東影智裕さん
⑦東影智裕さんの「侵食Ⅳ」2015年 動物の頭部はエポキシパテという樹脂で制作している

2016年5月21日