詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

「牛皮華鬘(登号)」 国宝 平安時代 11世紀 ※前期展示

Exhibitions

SHIBUYAで仏教美術
奈良国立博物館コレクションより

 奈良国立博物館の所蔵品を名品展というかたちで紹介する東京では初めての展覧会が渋谷区立松濤美術館で開かれている。仏教美術の宝庫であり、「正倉院展」の会場としても知られる同館所蔵の仏教に関する美術工芸品の中から、国宝2件、重要文化財14件を含む83件が出品されている(一部展示替えあり)。

日本の仏教美術の流れを紹介する地下1階の展示室
日本の仏教美術の流れを紹介する地下1階の展示室

 国宝2件のうちの一つ「辟邪絵(へきじゃえ)」は、中国で信仰された人に不幸をもたらす悪鬼を懲らしめ退散させる善神を表したもので、天刑星(てんけいせい)、栴檀乾闥婆(せんだんけんだつば)、神虫(しんちゅう)、鍾馗(しょうき)、毘沙門天(びしゃもんてん)が一幅ずつ五幅に描かれている。前期三幅、後期二幅ずつとはなるが、奈良国立博物館が五幅すべてを館外に貸し出すのは初めて。
 前期展示の「天刑星」は陰陽道の神で、日本では真言密教でも重視され、鎌倉時代初期には疫病に対する祈祷法として天刑星法が盛んに行われていたという(※1)。辟邪には病気を起こす悪い気を払うという意味があり、疫病退散を願う現代に魔除けとして飾るのにふさわしい作品だ。詞書の書風と画風から平安時代末頃の制作と考えられている。

「辟邪絵 毘沙門天」「辟邪絵 栴檀乾闥婆」」「辟邪絵 天刑星」 国宝 平安~鎌倉時代 12世紀(左から)※前期展示
「辟邪絵 毘沙門天」「辟邪絵 栴檀乾闥婆」」「辟邪絵 天刑星」 国宝 平安~鎌倉時代 12世紀(左から)※前期展示

 もう一つの国宝は「牛皮華鬘(ごひけまん)」。華鬘とは、お堂の内部を飾る仏具のこと。展示の華鬘は、京都の東寺に伝来したもので、厚手の牛皮に漆塗りと白土下地を施した上に極楽浄土に住む人面の鳥や花の文様が彩色され、地を透かし切りにしている。平安時代後期の作。松濤美術館の平塚泰三副館長代行兼学芸係長は、「1000年の時を経て、これだけきれいに色や線が残っているのは珍しい。花びらの赤や青の部分を見るとグラデーションになっていることがわかり、人物の顔や体の輪郭線もはっきり残り、目や眉の線は微妙な表情を描き出していて、並々ならぬ技量が伺える」と解説した。

「牛皮華鬘(登号)」 国宝 平安時代 11世紀 ※前期展示
「牛皮華鬘(登号)」 国宝 平安時代 11世紀 ※前期展示

 「おそらく初めて箱根の山を越えていらっしゃった」(平塚)のが、重要文化財の「如意輪観音菩薩坐像」。密教の菩薩像で6本の腕がある。エキゾチックな顔立ちやボリュームのある体つきなどは平安時代前期の特徴を表し、頭や体幹部はカヤの一材から彫り出して内部はくりぬかない手法で作られている。等身大の六臂如意輪観音像としては、大阪の観心寺如意輪観音像(国宝)に次ぐ古い作例。

「如意輪観音菩薩坐像」重要文化財 平安時代 9~10世紀 ※通期展示
「如意輪観音菩薩坐像」重要文化財 平安時代 9~10世紀 ※通期展示

 仏教の教えを伝える経典も、書の美しさを重視しながら複数出品されている。重要文化財の「法華経 巻第六」は、色染めした料紙に書き写された法華経八巻のうちの一巻。金銀の截箔が全面に散らされ、端正な文字が書かれている。平安時代には貴族たちが法華経の書写に趣向を凝らした料紙や装飾を取り入れた。
 奥州の藤原清衡の発願で書き写された一切経で中尊寺経と称されるうちの一巻、「広弘明集 巻第十七」は、紺紙に金銀泥で一行ずつ交互に経文を書き写している。釈迦が正面を向く説法図が金銀泥で描かれた見返絵は絵画の面からも稀少価値が高い。いずれも金銀や高価な紙を用いていることなどからも仏教に対する信仰の厚さがうかがえる。
 臨済宗の高僧である夢窓疎石が勢いのある草書で書いた「円覚経偈」など、禅僧の墨跡も展示されている。

「広弘明集 巻第十七」(中尊寺経) 平安時代 12世紀 ※半期巻替
「広弘明集 巻第十七」(中尊寺経) 平安時代 12世紀 ※半期巻替
夢窓疎石墨跡 「円覚経偈」 南北朝時代 14世紀 ※前期展示
夢窓疎石墨跡 「円覚経偈」 南北朝時代 14世紀 ※前期展示

 仏教工芸の中で着目したのが「転法輪筒」。一見、何の変哲もない木の筒だが、筒の中に敵対する相手の姿や名前を記した紙を入れて、国家存亡の時などに怨敵降伏のために行われた転法輪法という密教修法が行われる壇上に安置された。恐ろしい筒ではあるが、側面には仏教を守る神々が墨で描かれていて、「1100年代の尊像の姿は貴重なので見逃さないで欲しい」(平塚)作品だ。

「転法輪筒」 平安~鎌倉時代 12世紀 ※通期展示
「転法輪筒」 平安~鎌倉時代 12世紀 ※通期展示

 それぞれの作品は、主に、釈迦の美術、密教、浄土信仰、神仏習合などの章立ての中で紹介され、仏教美術の流れがわかるように工夫されている。
 都会の真ん中で仏教美術の基本となるような質の高い作品に気軽に触れることができる貴重な機会だ。

(文中敬称略)

執筆・写真撮影:西澤美子

※1 奈良国立博物館HPより
参考文献:「SHIBUYAで仏教美術 奈良国立博物館コレクションより」展図録(渋谷区立松濤美術館 2022年)

【会期・会場】
2022年4月9日(土)~5月29日(日) 渋谷区立松濤美術館(東京都・渋谷区)
前期4月9日(土)~5月8日(日)
後期5月10日(火)~29日(日)

※会期中一部展示替えあり
美術館HP:https://shoto-museum.jp

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、土・日曜・祝日、5月24日以降の最終週は日時指定予約制。ホームページから予約を