詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

開催中〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

開催中〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

開催中〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催中〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

生誕 120 年 猪熊弦一郎展

開催中〜2022/11/06

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

長坂真護展 Still A “BLACK” STAR  supported by なんぼや

開催中〜2022/11/06

上野の森美術館

東京都・台東区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

開催中〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

開催中〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

開催中〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

開催中〜2022/11/13

世田谷美術館

東京都・世田谷区

第74回 正倉院展

2022/10/29〜2022/11/14

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

学年誌100年と玉井力三—描かれた昭和の子ども―

開催中〜2022/11/15

千代田区立日比谷図書文化館

東京都・千代田区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

開催中〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

ヤマザキマリの世界

2022/10/25〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

開催中〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

開催中〜2022/11/27

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

2022/10/04〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

開催中〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

2022/10/08〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

2022/11/18〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

2022/11/12〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

「牛皮華鬘(登号)」 国宝 平安時代 11世紀 ※前期展示

Exhibitions

SHIBUYAで仏教美術
奈良国立博物館コレクションより

 奈良国立博物館の所蔵品を名品展というかたちで紹介する東京では初めての展覧会が渋谷区立松濤美術館で開かれている。仏教美術の宝庫であり、「正倉院展」の会場としても知られる同館所蔵の仏教に関する美術工芸品の中から、国宝2件、重要文化財14件を含む83件が出品されている(一部展示替えあり)。

日本の仏教美術の流れを紹介する地下1階の展示室
日本の仏教美術の流れを紹介する地下1階の展示室

 国宝2件のうちの一つ「辟邪絵(へきじゃえ)」は、中国で信仰された人に不幸をもたらす悪鬼を懲らしめ退散させる善神を表したもので、天刑星(てんけいせい)、栴檀乾闥婆(せんだんけんだつば)、神虫(しんちゅう)、鍾馗(しょうき)、毘沙門天(びしゃもんてん)が一幅ずつ五幅に描かれている。前期三幅、後期二幅ずつとはなるが、奈良国立博物館が五幅すべてを館外に貸し出すのは初めて。
 前期展示の「天刑星」は陰陽道の神で、日本では真言密教でも重視され、鎌倉時代初期には疫病に対する祈祷法として天刑星法が盛んに行われていたという(※1)。辟邪には病気を起こす悪い気を払うという意味があり、疫病退散を願う現代に魔除けとして飾るのにふさわしい作品だ。詞書の書風と画風から平安時代末頃の制作と考えられている。

「辟邪絵 毘沙門天」「辟邪絵 栴檀乾闥婆」」「辟邪絵 天刑星」 国宝 平安~鎌倉時代 12世紀(左から)※前期展示
「辟邪絵 毘沙門天」「辟邪絵 栴檀乾闥婆」」「辟邪絵 天刑星」 国宝 平安~鎌倉時代 12世紀(左から)※前期展示

 もう一つの国宝は「牛皮華鬘(ごひけまん)」。華鬘とは、お堂の内部を飾る仏具のこと。展示の華鬘は、京都の東寺に伝来したもので、厚手の牛皮に漆塗りと白土下地を施した上に極楽浄土に住む人面の鳥や花の文様が彩色され、地を透かし切りにしている。平安時代後期の作。松濤美術館の平塚泰三副館長代行兼学芸係長は、「1000年の時を経て、これだけきれいに色や線が残っているのは珍しい。花びらの赤や青の部分を見るとグラデーションになっていることがわかり、人物の顔や体の輪郭線もはっきり残り、目や眉の線は微妙な表情を描き出していて、並々ならぬ技量が伺える」と解説した。

「牛皮華鬘(登号)」 国宝 平安時代 11世紀 ※前期展示
「牛皮華鬘(登号)」 国宝 平安時代 11世紀 ※前期展示

 「おそらく初めて箱根の山を越えていらっしゃった」(平塚)のが、重要文化財の「如意輪観音菩薩坐像」。密教の菩薩像で6本の腕がある。エキゾチックな顔立ちやボリュームのある体つきなどは平安時代前期の特徴を表し、頭や体幹部はカヤの一材から彫り出して内部はくりぬかない手法で作られている。等身大の六臂如意輪観音像としては、大阪の観心寺如意輪観音像(国宝)に次ぐ古い作例。

「如意輪観音菩薩坐像」重要文化財 平安時代 9~10世紀 ※通期展示
「如意輪観音菩薩坐像」重要文化財 平安時代 9~10世紀 ※通期展示

 仏教の教えを伝える経典も、書の美しさを重視しながら複数出品されている。重要文化財の「法華経 巻第六」は、色染めした料紙に書き写された法華経八巻のうちの一巻。金銀の截箔が全面に散らされ、端正な文字が書かれている。平安時代には貴族たちが法華経の書写に趣向を凝らした料紙や装飾を取り入れた。
 奥州の藤原清衡の発願で書き写された一切経で中尊寺経と称されるうちの一巻、「広弘明集 巻第十七」は、紺紙に金銀泥で一行ずつ交互に経文を書き写している。釈迦が正面を向く説法図が金銀泥で描かれた見返絵は絵画の面からも稀少価値が高い。いずれも金銀や高価な紙を用いていることなどからも仏教に対する信仰の厚さがうかがえる。
 臨済宗の高僧である夢窓疎石が勢いのある草書で書いた「円覚経偈」など、禅僧の墨跡も展示されている。

「広弘明集 巻第十七」(中尊寺経) 平安時代 12世紀 ※半期巻替
「広弘明集 巻第十七」(中尊寺経) 平安時代 12世紀 ※半期巻替
夢窓疎石墨跡 「円覚経偈」 南北朝時代 14世紀 ※前期展示
夢窓疎石墨跡 「円覚経偈」 南北朝時代 14世紀 ※前期展示

 仏教工芸の中で着目したのが「転法輪筒」。一見、何の変哲もない木の筒だが、筒の中に敵対する相手の姿や名前を記した紙を入れて、国家存亡の時などに怨敵降伏のために行われた転法輪法という密教修法が行われる壇上に安置された。恐ろしい筒ではあるが、側面には仏教を守る神々が墨で描かれていて、「1100年代の尊像の姿は貴重なので見逃さないで欲しい」(平塚)作品だ。

「転法輪筒」 平安~鎌倉時代 12世紀 ※通期展示
「転法輪筒」 平安~鎌倉時代 12世紀 ※通期展示

 それぞれの作品は、主に、釈迦の美術、密教、浄土信仰、神仏習合などの章立ての中で紹介され、仏教美術の流れがわかるように工夫されている。
 都会の真ん中で仏教美術の基本となるような質の高い作品に気軽に触れることができる貴重な機会だ。

(文中敬称略)

執筆・写真撮影:西澤美子

※1 奈良国立博物館HPより
参考文献:「SHIBUYAで仏教美術 奈良国立博物館コレクションより」展図録(渋谷区立松濤美術館 2022年)

【会期・会場】
2022年4月9日(土)~5月29日(日) 渋谷区立松濤美術館(東京都・渋谷区)
前期4月9日(土)~5月8日(日)
後期5月10日(火)~29日(日)

※会期中一部展示替えあり
美術館HP:https://shoto-museum.jp

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、土・日曜・祝日、5月24日以降の最終週は日時指定予約制。ホームページから予約を