詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

『オノデラユキ 写真の迷宮へ』展『私を見て! ヌードのポートレイト』展(東京都写真美術館にて開催)を観て・・・・!

hedo-004-001.JPG


東京都写真美術館


オノデラユキの作品は、「写真」という一般的概念に収まりきれないところに、その魅力と特質があり、それは写真表現の可能性に果敢に挑戦していく、尽きない探究心と飽くなき欲求に支えられている。あるときはカメラに細工を施し、あるときは思わぬアングルから被写体をとらえ、コンピューターを使用したり手彩色を施したり、あるときはコラージュやモンタージュの技法を用いながら、日常の風景や事物を我々の想像を超えた視覚世界に作り変え、どれもこれも手の込んだトリックが仕組まれ、イリュージョンのように我々を幻惑する。そして、独自のユーモアと都会的なセンスで巧みの観るものを惹きつけながら、我々を「写真の迷宮」へ誘う。
オノデラ自身も語っているように、”写真の面白さの本質はメイン・ストリート的なところではなく、言ってしまえば裏道的なところがある。子供の頃、父が作り上げた写真アルバムを見るよりも、そのアルバムに貼られずに見捨てられた雑多なプリントが入ったブリキのお菓子箱の中身を覗くほうが好きで、時々開けて見ては楽しんでいて、写真の不思議さとその都度得られる発見の楽しみなどが、まさに、その箱の中に詰まっていたからかもしれない。脱写真的行為と言われる部分はそんな既存の写真の本来性から外れたものに対する直観的な興味が源泉となっているのかも知れません。”
hedo-004-003.JPG


オノデラユキの意外性と不可思議性の根源的由来かも知れない。
主な展示作品は
■古着のポートレイト■
ボルタンスキー(仏美術家)の死の象徴とした古着を、身体なきポートレイト 初期の代表作品
■窓の外を見よ■ ■真珠の作り方■
オノデラユキの「小さなイタズラ」によって、劇的な結果を招いた作品
「貝に異物が入ると、その刺激で膜ができ、真珠がつくられる」ことに因んでタイトルをつけたというほどに、まさにオノデラの中に「創造の核」となる異物があるからなのではないだろうか!
第28回木村伊兵衛写真賞を受賞した作品集
■Transvest■ ■ミツバチー鏡■
「私の場合、アイデアを思いついた「そのとき」よりもそのアイデアをアタマの片隅に捕獲したまま熟成させる。その熟成期間のほうが重要です。時間の中でアイデアは成長、変形、ときには突然変異を起こします。4,5年熟成が必要なケースもあります。・・・・」
視覚的効果からイメージを作り上げる方法■Transvest■と、写真を撮る行為そのものを作品とする≪ミツバチー鏡≫、ふたつの手法的アプローチがあります。
■Roma-Roma■
ふたつのローマ(スウェーデンのローマ、スペインのローマ)を「ステレオ・カメラ」そして「移動する私の身体」で写真を撮るために移動する、画期的試み。モノクロ写真の上に面相筆を使用し油絵具で丹念に
彩色している。
非常に面白い試みである!!! 必見です~~~~!!
■オルフェウスの下方へ■ ■11番目の指■
■アニューラ・エクリプス■ ■12Speed■
イメージが凝縮されればされるほど、そしてイメージに対する意識が強ければ強いほど、写真のマチエールは変容しやすくなる。オノデラユキのイメージは多くのイメージの集合体であり、事物の純粋に光とコントラストが造り上げた構成物になっている。
オノデラユキの嗜好はモノクロ写真にあり、色彩のヴァルール、輝度(brillance)のグラデーション等とは無縁で、あくまでも構築された存在であり、技術的なパラメーターや様々な工学的環境に加えて、さらに自身の感性による創作である。
「詩的な物理学」の世界に入り込んでいるのかもしれない。
不思議な空間と不可思議な世界、アンビヴァレンツとユーモアの臨場感が伝わる作品ばかり!!
ますます必見です!!!



hedo-004-002.JPG


『私を見て! ヌードのポートレイト』展  を観て!
「ヌード」の歴史は、社会や風俗、文化や思想、民族や環境によって、取りざたされてきた。
単なる「写されている個人」ととらえるものからオブジェなどと同じように「美しい曲線の物体」として、内面から込み上げてくる身体表現まで、さまざまな多様な作品が存在している。遡れば19世紀のピクトリアリズムの時代には、古典絵画を手本とした構図のヌード、20世紀に入るとモダニズム的ヌード、ヌードの表現の方向性も時代によって変化してきた。40年位前から”ヌード・猥褻・ピンク映画”をジャーナリズムの舞台で盛んに論じられてきた。創る側、観る側の精神性・肉体性・倫理性で多種多様な写真集・雑誌が出版され、作家・芸術家・写真家たちの目と表現を通して、その時代の社会の持つ問題や意識の違いが浮かび上がり、民族文化と国家の品質まで論じられてきた。展示構成と見どころとして、写真黎明期のダゲレオタイプから平成になって発表された作品までを「邂逅」「表現」「家族」「自己(アイデンティティー)」の4パートに分けて展示されて、社会問題提起も含めて、幅広く見せてくれる。
主な出品作家は、
秋山庄太郎、荒木経惟、小関庄太郎、緑川洋一、有田泰而、大竹省二、篠山紀信、沢渡朔、立木義浩、吉川富三、石井幸之助、中村立行、深瀬昌久、淵上白陽、細江英公、小川月舟、横須賀功光、大辻清司、永江博、ジュディ・デーダー、ロバート・メイプルソープ、パティ・スミス、ブラッサイ、ダイアン・アーバス、フランツ・ロー、ラリー・クラーク、ビル・ブラント、ロベール・ドマシー、パテイ・レヴィ、ナン・ゴールディン、ヘルムート・ニュートン、
hedo-004-004.JPG


青春時代の意欲作、衝撃的な問題作、前衛的な野心作、時代を超えて、今蘇える!!


ヘドデル キドリンスキー

2010年8月24日