詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

美しき挑発 レンピッカ展~本能に生きた伝説の画家 レンピッカ~ を観て・・・・!

“美しき挑発・・・本能に生きた伝説の画家レンピッカ”
とあるように誰よりも激しく、誰よりもクールに、そして誰よりも自分らしく、イメージのままに生きたい!!!
と言う心情のままに時代を駆け抜けた美貌の画家:レンピッカ芸術に魅せられてしまった。
レンピッカ展2
男たちの欲望など歯牙にもかけない風情の大柄の女性たちのパワフルでふしだらな身体と裸であけすけな大胆なポーズの大柄な女性たちには、誰も寄せつけず、誘惑しようともしなかった。
生涯フェミニストであり続けるレンピッカ芸術の特徴は、造作がしっかりした四角張った顔、力強い手足、尖がった小さい形のよい乳房、官能性よりもやはり初めに独立した女性的なるものの力ありき!を感じる。
レンピッカ展1
大胆に官能的ではあるが・・・・・!!!
タマラ・ド・レンピッカが芸術活動を始めた1920年代は、大胆な風俗が現れ、都会のライフスタイルが確立し、女性が社会進出しだした時代である。
レンピッカはまさにその実践者であり、「私の作品はどれも自画像なのです」と云うように、その生き様は桁外れに奔放さに溢れ、作品はどれも彼女の分身として観る者を圧倒する。
レンピッカ展5
画面からはみ出さんばかりの圧倒的な存在感を持つ女性像、鋭く魂を射るような眼差し、金属的な光沢を放つ肉体は官能的であり、本能の赴くままに生きたレンピッカそのものであり、この時代に必ずしも容易でないそんな生き方が”レンピッカ自身と作品”を輝かせていて、不思議な且つ又不可思議なオーラを放っている。
石岡瑛子氏の『肖像神話』の中でも書いておられて面白く、興味深い一節を紹介しておきたい。
「タマラの本能」でレンピッカ自身が語っているが、
“もし、はじめの夫に生活力があり、経済的に不自由のない暮らしができたとしたら、画家タマラはこの世に存在しなかったでしょうね!”
タマラが画家になったきっかけは貧困からの脱出が目的であり、パンを得るためのどうにもならない追い詰められた状況で生活の場だったようだ。
レンピッカ展3
タマラの生涯の飽くなき欲求と情熱は「芸術と情事」だったようだ、少し長いが引用です、
“私は常に最高のものを求めてきました。
夫も家もドレスも、もちろん自分自身に対してもです。
そして溢れるばかりの愛と崇拝のまなざしを一身にまとっていました。
私は心の命ずるままに生きたかったのです。
私はつねに新しい空気を吸って居たかったし、新しい刺激が欲しかった。
欲しいものは手に入れるだけのことです!
我慢することは、私らしくないことでした。
怒るときには大いに怒り、愉しむときは楽しみの中に埋没するのです。
妥協とか打算という言葉には無縁でした。
(中略・・・・・)
夫以外にもたくさんの男性とめぐり合いました。
どの男たちもみな美しくて素敵でした。
何度、新しい恋を着替えたことでしょう。
遊びとしての恋をいつも纏っていたかったのです。
夜の街に美しい男たちを連れ立って出掛けました。
彼らは私の手に口づけをし、私の美しさと芸術家としての私を称賛しました。
甘美な宵の道具立ては、いつも完璧でした。
「絵を描くためには、私は夫以外の恋愛が必要でした」と極めて世俗的に語っているように、画家レンピッカにいちばん大切な生命力の源になっていたのは、男たちとのさまざまな類の愛であったのだろう!
(「鋼鉄の瞳をもつ女 タマラ・ド・レンピッカ」より引用です)
レンピッカ展4
展覧会の見どころ、構成的には
第1章:狂乱の時代(レ・ザネ・フォル)
«緑のヴェール» «キゼットの肖像» «アンドレ・ジッドの肖像» «赤いチュニカ» 
«サン・モリッツ» «摩天楼を背にした裸婦» «緑の服の女» «イーラ・Pの肖像» 
«カラーの花束» «シュジー・ソリドールの肖像» «ニューヨーク» «母性»
«初めて聖体を拝領する少女» «テデウシュ・ド・レンピッキの肖像»
第2章:危機の時代(世界恐慌)
«難民» «母と子» «修道院長» «マンドリンを弾く物乞い» «グラジェラ» «マドンナ» «逃亡»
第3章:新大陸(アメリカ移住)
«赤毛の娘»«コーヒーミル»«田舎のアトリエ»«パンジーを持つ女性»«メキシコの女»
«帽子を被った女»«水浴するスザンナⅡ»«モデルⅡ»
レンピッカ展6
最後に、レンピッカの素描について、絵の練習のための素描、裸体のクロッキーの習作が多い点であり、素描のテクニックも解剖学的正確さから解放され軽快に早描きすることが大きな楽しみであったように思える。
また、写真術への大いなる関心をもち、デザイン・ファッションにも才能を発揮し、自己演出による映像・建築・照明・インテリアによる現代で云うところの「空間プロデュース」にまで発揮していることは驚くばかりである。
新しい才能に出会える良い機会ですぞ・・・・!!!!
カタログも良く出来ていて、レンピッカを満喫できる・・・・!!!!!
ヘドデル キドリンスキー

2010年3月23日