詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

PARIS  オートクチュール ― 世界に一つだけの服

三菱一号館美術館で初めてのファッション展。芸術作品としてのパリの手仕事。
いま新たな光が当たるオートクチュールの世界。

  ■19世紀後半のパリで誕生したオートクチュール
  鮮やかな赤地に、大きく湾曲する豪快な黒い装飾が映える。イギリスからパリに渡ったシャルル=フレデリック・ウォルト(1825-95)が仕立てた≪イヴニング・ケープ≫(1898-1900年頃、ガリエラ宮パリ市立モード美術館所蔵)(※以下、記載がない作品は全てガリエラ宮パリ市立モード美術館所蔵)だ。一方、同じくウォルトによる、暗色を基調した光る絹のシックなロングドレスである≪ドレス≫(1865年頃)は、コルセットで腰を絞り、後ろを大きく膨らませた形。このドレスやケープを身にまとって夜会などに出かけたであろう女性はどのような人だったのだろう。
  1858年、パリのオペラ座近くに店を出したウォルトは、それまで貴族の好みに合わせてお抱えの職人がつくっていた仕立服をガラッと変化させた。彼は「デザイナー主導」によって顧客の注文に応じて高級服を仕立てた。ここに、現在に至るフランスの産業となるオートクチュールHaute Coutureが誕生。オートHauteは高級、Coutureは仕立て・縫製の意で、オートクチュールとはパリ・クチュール組合が承認した少数のメゾン(ブランド)による高級仕立服、およびその製作システムを指すものだ。
  東京・丸の内にある三菱一号館美術館にて「PARIS オートクチュール ― 世界に一つだけの服」展が開催されている。19世紀後半のパリに始まるオートクチュールの変遷を辿り、「オートクチュールの現代性」を問うものである。19世紀から20世紀にかけて大きな訴求力をもったオートクチュールは、1960年代になるとプレタポルテ(高級既製服)の登場で下り坂となり、細々と継続。しかし現在、新たな光が当たり注目されているという。三菱一号館美術館の連続する小部屋の暗闇に、選りすぐりのドレスが浮かび、めくるめく展開。知的で魅惑的なファッション展である。
  ■展覧会の概要
  本展は、パリ市庁舎の大広間である聖ヨハネ・ホールにて2013年春に開催され好評を得た展覧会を原型とし、三菱一号館美術館のスペースに合わせて再構成された。監修者は優れたキュレーターとして名高い、ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長オリヴィエ・サイヤール氏。同館所蔵の約70着のドレスと約20点の帽子や手袋など、そしてデッサンや写真なども含め、全体で約140点を出品。ドレス一着一着は数百時間かけてつくられているという。想像を越えた緻密な手仕事の賜物である。パリという街がそれを育み、芸術作品にまで高めた。

  ■展覧会の構成:10年ごとの歩み/現代のクチュリエとの対比の妙

  展覧会構成の特徴は、第一に、10年ごとにオートクチュールの歩みを概観したこと。シルエットなどの変遷を追い、各メゾンの様々なノウハウが示される。そして第2には、当時のクチュリエ(オートクチュールのクリエーター)たちと現代のクチュリエたちの作品を対比させ、影響関係を考えさせていることだ。筆者は、第2の点が画期的で、展覧会に厚みをもたせていると感じた。監修者のサイヤール氏は、「オートクチュールの伝統が永続することを示したかった」と、その理由をプレス説明会でお話なさった。加えて、フランソワ・コラールが1937年に撮影した印象的な手のモノクロ写真群を、最後の部屋に展示するという構成にも唸らされた。裁ちばさみで布を裁つ右手と布を抑える左手などクチュリエの両手が撮影され、オートクチュールの手仕事としての芸術性が強く伝わってくる。
  展覧会の会場は次の八つの章から構成されている。
  第1章 オートクチュールの発明 19世紀/第2章 コルセットの終焉から「狂乱の時代」のジュエル・ドレスまで 1900-1929/第3章 贅沢なエレガンス 1930/第4章 オートクチュール、40年代に直面 1940/第5章 技巧を凝らすテーラリングと50年代のファッション写真 1950/第6章 クリスチャン・ディオールの影響とニュー・ルックの登場 1950/第7章 オートクチュールと60年代の再生 1960/第8章 オートクチュールの現在 1970-
 
  ■宝石のようなオートクチュールの森を巡る 

  ●19世紀のバッスル・スタイル:ウォルト/現代のラクロワとの対比 冒頭に記した19世紀のウォルトのイヴニング・ケープとロングドレスの近くに、20世紀末に製作されたクリスチャン・ラクロワ(1951-)のメゾンの作品が並び、両者が響きあう。ラクロワの鮮烈な赤色のスペイン風の≪イヴニング・コートドレス「ファエナ」≫(1987年秋冬)や、腰を絞り後方を膨らませたバッスル・スタイルの黄金のロングスカートと金属糸で編まれた上着の≪イヴニング・アンサンブル「クー・ド・ルーリ」≫(1991年秋冬)。後者は7mもの布地を使用。複数の時代の要素を入れ込むラクロワの衣裳には19世紀への懐古と革新がみてとれる。
  ●1920年代のハイウエストのドレス:ポール・ポワレとヴィオネの例 20世紀に入るとシルエットが変化する。ポール・ポワレ(1879-1944)が仕立てた青色の地に金糸で雲のような装飾を織り出した≪イヴニング・ドレス「エジブシェンヌ」≫(1920年頃)や、マドレーヌ・ヴィオネ(1912~75)による緑のグラデーション生地を重ねた≪イヴニング・ドレス≫(1924年)は、ハイウエストで肩から直線的なシルエットを作る。これはコルセットからの解放を示す。ポワレは衣裳の他にも装身具や香水などのデザインをアール・デコの装飾様式で行った。
  ●1950年代のニュー・ルック:クリスチャン・ディオールの例 1930年代は体型になじむバイアスカットや、伸縮性に富むジャージー生地を使い女性らしい形状を追求。1940年代には戦争の影響にもより丈が短くなったブラックドレスなどが登場。1950年代になるとオートクチュールの最盛期を迎える。例えばクリスチャン・ディオール(1905-57)の≪イヴニング・ドレス「パルミール」≫(1952年秋冬)は、清楚さと豪華さを併せ持つ存在感。肩を出した形で、腰をコルセットで締めて全体に丸みをもたせたシルエットだ。パール・グレイのサテン地に花やパルメット(シュロの葉)の模様を、青や紫や銀色のビーズ、スパンコールや宝石などで装飾。眺めているとワクワクする。注文主は元イギリス国王の妻ウインザー公爵夫人とされる。クリスチャン・ディオールは当時最大のメゾンで、そのオートクチュールは「ニュー・ルック」と命名され、人気を博した。
  ●1960年代の再生 1960年代は、先述したようにプレタポルテの登場でオートクチュールのメゾンは大きく数を減らした。一方、イヴ・サンローラン(1936-2008)やアンドレ・クレージュ(1923-2016)は、オートクチュールとプレタポルテを両方製作するなど、クチュリエたちは模索を続け、新時代の感覚を上手く取り入れたピエール・カルダン(1922-)やパコ・ラバンヌ(1934-)、エマニュエル・ウンガロ(1933-)らも活躍。ミニスカートとマキシムの流行が交互に起こる。白地に赤・黄・黒の重なる円を配してオプ・アートを大胆に取り入れたピエール・カルダンの≪ドレス「的(まと)」≫(1966年春夏)や、シルバーコーティングチェーンという驚くべき素材を使用したパコ・ラバンヌの≪ミニドレス≫(1968年秋冬)は、痛快で刺激的だ。後者は女優ブリジッド・バルドーが着用した。
  ●1970年代以降の歩み:バレンシアガとイヴ・サンローランらの例 多くの出品作のなかでも、最終章の柔らかいピンク色のドレスが一段と目をひくのではないだろうか。クリストバル・バレンシアガ(1895~1972)が仕立てた≪ドレスとペティコートのイヴニング・アンサンブル≫(1967年春夏)だ。大きく前を開いた薄いピンクのワンピースと、ピンクのダチョウの羽毛をつけた部分が合わさり、構築的でありながら優しさや柔らかさを全面に押し出した不思議な造形。決して派手な色彩ではなく、むしろ全体に奥ゆかしい印象なのだが、見る人の気分を高揚させ、夢の世界に連れていってくれるような魅力をもつ。
  オートクチュールのメゾンは1940年代には100以上を数えたが、1960年代以降は減り、2015年には14となった。しかしながらオートクチュールの現在は、その歴史に新しい生命を吹き込み、力強い。イヴ・サンローランの≪ドレスとジャケットのイヴニング・アンサンブル≫(1992年春夏)は鮮やかな黄色地に緑と薔薇模様が映え、強烈な太陽の光のよう。ラフ・シモンズ(1968-)によるクリスチャン・ディオールの≪イヴニング・ドレス≫(2014年春夏、クリスチャン・ディオール所蔵)は、刺繍を施した黒のロングドレスに新たなシルエットを探求し、成功している。
  ■「文化的遺産であろうという大志」
  本展全体を巡り、パリのオートクチュールの「芸術に到達した手仕事」という側面に、日本の伝統である精巧な工芸品の生み出す美と通底するものを感じた。
  「オートクチュールとは・・・タフタや羽毛で作られているということ以上に、文化的遺産であろうとする大志なのだ」。これはオリヴィエ・サイヤール氏が執筆した本展図録の論考「パリ、オートクチュールの都」の中の言葉である。
  脈々と永続するオートクチュールの底知れぬ魅力。本展覧会にてご堪能ください。
  なお、ファッション関係の展覧会が他でも同時期に開かれている。「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」(東京の国立新美術館にて、6月13日まで)は、パリでオートクチュールを学んだ後プレタポルテに方向を定め、「一枚の布」と身体の間を追求し、革命的な服づくりを行ってきた三宅の仕事を紹介。「Modern Beauty」展(箱根のポーラ美術館にて、6月16日まで)は、西洋近代絵画に描かれたファッションを手掛かりに美意識を探る内容。本展と併せて見るのも面白いだろう。

【参考文献】
1)岩瀬 慧 編集:『PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服』(展覧会図録)、三菱一号館美術館 発行 、2016年。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2016年4月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
写真1 会場風景。バレンシアガ、ドレスとペティコートのイヴニング・アンサンブル、1967年春夏、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。(撮影:I.HOSOKAWA)
写真1 会場風景。
バレンシアガ、ドレスとペティコートのイヴニング・アンサンブル、
1967年春夏、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)
写真2 会場風景。手前右から、ウォルト、イヴニング・ケープ、1898-1900年頃、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。クリスチャン・ラクロワ、イヴニング・コートドレス「ファエナ」、1987年秋冬、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。(撮影:I.HOSOKAWA)
写真2 会場風景。
手前右から、ウォルト、イヴニング・ケープ、1898-1900年頃、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。
クリスチャン・ラクロワ、イヴニング・コートドレス「ファエナ」、
1987年秋冬、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160428_003
写真3 会場風景。
手前左から、イヴ・サンローラン、ドレスとジャケットのイヴニング・アンサンブル、
1992年春夏、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。クリスチャン・ラクロワによるジャン・パトゥ、
イヴニング・ドレス、1987年秋冬、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160428_004
写真4 会場風景。
フランソワ・コラール撮影、上:シャネルの手、左:ジャンヌ・ランバンの手、
右:パキャンの店のマダム・ド・ポンボの手、全て1937年、ガリエラ宮パリ市立モード美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会欧文表記】 PARIS Haute Couture
【会期・会場】 2016年3月4日~5月22日 三菱一号館美術館
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル)
<展覧会詳細> http://mimt.jp/paris-hc

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年4月30日