詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

河口龍夫展 言葉・時間・生命 を観て・・・・!


東京国立近代美術館「河口龍夫展 言葉・時間・生命」を観て来た。
1960年代から今日に至るまで、現代美術の最前線で活躍を続けているアーティスト、昨今、ひっきりなしに展覧会が催されるアーティストとしては現存画家の中では類稀な存在ではないだろうか・・・?!!!
「芸術は精神の冒険である」を生涯の命題とかかげ、”全宇宙生類関係”を探究テーマとして解き明かす壮大な計画を目的化しない«関係の無化»と«関係の実体化»との相反する思考、を追究し続ける言語的画家ではないだろうか・・・・!!!?
金属やエネルギー、さらに化石や植物の種子など、さまざまな素材を用いながら、物質と物質、あるいは物質と人間との間の、目に見えない関係を浮かび上がらせようと一貫した姿勢で、「モノと言葉」「時間」「生命」というキーワードに拘り創作し続けてきた。
今回の展覧会は、その集合体として、構成・成立している、見応えのある展覧会になっていると思う。
会場に入ると、テーマⅠ『ものと言葉』、最初から意味深な”闇”に包まれる «DARKBOX» に遭遇する。箱の中身が闇だという、見える/見えないという視覚の問題と言葉との関係の迷路に嵌ってしまう。«関係-光になった言葉» では宇宙空間からのメセージとの未知との遭遇、«鉄の鉄のモノ» モノの実態と効果、多面体の多様性、«関係-叡智・鉛の百科事典» 人類の最大の武器”言葉”の重み、現代の軽薄短小・うすっぺらな言葉への警鐘が我々現代人たちに圧し掛かる。«黒板の地球儀»«黒板の地図»«関係-地中からのボーダーライン»
テーマⅡ『時間』、古代からの人間の自然・宇宙に対する感じ方、考え方を星座たちの中から捉えた«関係-エネルギー»«COSMOS・・・»«太陽の点・道・円»«天の北極、天の南極、あるいは神の眼»«地下時間»のなかで、”見えないものを見えるようにする”、”視覚的に見えないものと、見えてはいるけれど普段まったく気に留めないで見過ごしているもの”とに分けられ、今まで見えていなかったものが鮮烈に立ち上がり、スリリングな体験をしてしまうだろう。科学的でありながら、なおかつ詩的であることには驚くばかりである!!!
特に、先カンブリア期から白亜紀後期までの三葉虫・マンモスの化石、総点数279点もの作品連作、«関係-時のフロッタージュ»«関係-時のフロッタージュ・5億6000万年1、2»では、化石の上に和紙を当て、鉛筆でその凸凹をフロッタージュ(こすり出し)することによって、はるかな時を超えてその生物と触覚的に交感し、その姿を和紙の上に浮かび上がらせる。”単に化石をフロッタージュしようとしたのではなく、化石に付着した太古の悠久の時間をこそフロッタージュしたいという、不可能に近い思いが強くあった”と言っているように、そのなかに蠢いている精神は、化石の年代を探ろうとする科学的精神とはるかな時を超えて触れ合おうとする詩的精神の融合であることがうかがい知れる。
まさしく、科学者と文学者の合体であるのではないだろうか・・・・!!!
テーマⅢ『生命』、植物の種子は重要なモティーフのひとつ «関係-種子、土、水、空気» 、一粒の種子をひとりの人間と対等の存在として見つめながら、過去~現在~未来にわたる、生命のエネルギーのつながりをさまざまなかたちにしてきた «関係-無関係・立ち枯れのひまわり»や擬人化された«関係-蓮の時・3000年の夢»、放射能からの保護を意味する鉛で覆った種子«睡眠からの発芽»、再生する生命エネルギーの伝導をイメージされている蜜蝋をほどこした«時の航海»«木馬から天馬へ»の我々の未来への問いかけである。
“私が作品の素材に種子を使うようになったのは、焦土化した敗戦のどん底からの奇蹟の復活と再生、人間が破壊しつくした大地から生命が誕生したことへの衝撃で在ったのかも知れない”と述べている。このことは死からの食による逃亡であり、食による死の超克への冒険とも言えなくもない。少し長くなるが、引用すると、
“空想の世界といえば、子どものころ熱中して読んだのが冒険小説であった。荒唐無稽だが血沸き肉踊る内容であった。冒険がいかに楽しくスリルがあり、未知の世界へ誘うかを知った。そこの活躍するのは素晴らしい叡智にたけた精神力あふれる肉体であり「肉体の冒険」であった。そしてそれを代表するのは冒険ごっこだった。・・・・中略、冒険ごっこで試されるのは、いかに勇気があり恐れを知らないか、男の中の男であるかという単純な規範であったように思う。したがって冒険ごっこは男の子の遊びであったし、冒険ごっこのルールを考える以外は限りなく「肉体の冒険」であった。”冒険の原初体験を書いている。
芸術における、「肉体の冒険」から「精神の冒険」への飛翔には、しなやかで健全な肉体の必要性と飽くなき欲求の創造的想像力の滑走路が必要になるだろう。
五感を研ぎ澄ませ、想像力をを思いっきり広げるとき、宇宙・自然の驚異、過去・現在・未来の時間の流れ、生命の不思議さを感じるでしょう!!必見です!!!
ヘドデル キドリンスキー

2009年10月20日