詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

『異界の風景展』~東京藝大油画科の現在と美術資料~を見て!

最初、展示物を観る限り、何が「異界の風景」なのか・・・?解らずと惑ってしまった。
坂口寛敏先生は”「異界」を広い意味での創造行為/創造現象が発生する場とし、その場の特徴が現れた状態、状況、仕組み、構造等を捉えた眺めを「風景」と定義する。言い換えれば「異界の風景」とは「創造行為が生まれる場の特徴を捉えた眺め」となり、西洋絵画を規範として展開してきた芸大油画科の歴史をたどり、現在のそれぞれの視点から美術資料を参照し、自分の作品と組み合わせた展示の場の創造により、この展覧会の場そのものが「異界の風景」として立ち現れる。”と言われるが、「うなずく場とかしげる場」が混在していて、西行の云う”意余って、言葉足らず”の感があると思う。自分の感性がないのか・・・?!と思ってしまう。時代・地場を超えた比較対照展なのに・・・!!!
2008年7月に東京国立博物館・平成館における企画展「対決―巨匠たちの日本美術」のイメージが強すぎたのかも知れない。歴史的に見てもまだ100年余、日本の伝統工芸美や建築美といった国宝級の作品から・・・や西洋絵画から学ぶべきものが多く、世界観や存在感や物質感の違いを表現し汲み取るのはまだまだ先のことかも知れない。
しかしながら、芸大油画科の教授たちが、それぞれに藝大コレクションから選んだ過去の作品や美術資料をひとつの媒介にして、再起動・試行し、美術教育の技術研修・学術研究と創作の可能性を育むための現在の創作実験の場として機能する芸術大学のあり方を再考していく意義ある展覧会になると思う。


先ずは、藝大美術館の1階エントランスには麻生秀穂先生の«異界紀行»は何万年まで遡る地球の裸の姿を感じさせてくれ、想像性豊かに地球自然アートの世界へ導いてくれる。
地下2階に下りると、小山穂太郎先生の”まぼろしの風景をめぐる断章取義”の«逃げ水»«空間・洞窟・景»«Sight on sight»、大西博先生の”人が自然の中で、経験として知っているイメージ、記憶の距離と現実と永遠に繋がる時間”のメッセージの«色景»«水景»、齋藤芽生先生の”図案の不安・内乱の予感”を感じさせる«晒野団地入居案内:愛の連作»、坂田哲也先生のダリ・マグリット的«DRESSFORMⅠ」「DRESSFORMⅡ―フラミンゴ»、«深い森の奥で»、O JUN氏の«宮島»«湖畔»、東谷武美氏の”黒の系譜” «水の肖像»、三井田盛一郎氏の«a plate’09»«a form of red’09»等々は幻想的な空間を感じさせる。
西洋絵画の多岐にわたる模倣・試行・進化を繰り返し、近代日本の光と影のなかで進んだモダニズムの受容と葛藤の歴史のなかで生み出されてきた作品が息づいている。
3階に上がると、また違った雰囲気があり面白い。
坂口寛敏氏のゴーギャン的人間の根源的命題”我々はどこから来て、どこへ向かうのか・・”を思わせる論理的思考で推し量る«パスカルの庭»«パスカルの庭:異界連作»、
絹谷幸二氏の«うずもれし砂の愛»«うずもれし砂の愛(立体)»«明王夢譚»«蒼天富嶽龍宝図»、佐藤一郎氏の«山越しのぬい»«那智の瀧»«彩山地蔵»«那智ニノ瀧»、保科豊巳氏の«夜の太陽を見る»«炎上する記憶・・・»«There is Here、Here is There»中村政人氏の美術教育プロジェクト«美術と・の・に・な教育» 
メッセージがまた面白い:どれだけ階段に溜まったかな・・・・?!!
「日本の美術教育を変えたいと思う人は、螺旋階段から黄色の粘土を一つ落としてください」
果たして、果敢な試みは、いったいどこへ向かうのか・・・・・???!!!
なんとも不思議な空間を漂い、アンビヴァレンツな気分にさせる展覧会であったと思う!!!
by ヘドデル・キドリンスキー

2009年10月7日