詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

横浜美術館 大・開港展ー徳川将軍家と幕末明治の美術ーを見て!

横浜美術館
企画展『大・開港展-徳川将軍家と幕末明治の美術―』を観て来た。
横浜開港150周年記念と横浜美術館20周年記念での抱き合わせ企画として、最初譜に落ちないところがあったが、観て見て納得できた面がある。鎖国時代の「日本」という国が、ヨーロッパ世界の大航海時代を経て、経済侵略潮流の中で開港を余儀なくされ、新しい世界との交流が始まり、大きく幕藩政治社会体制が崩れはじめた。その突破口になった商業都市「横浜」。本展は、その横浜の地域性・文化性・独自性、そしてこの時期から世界を目指した発展性が色濃く息づいていた様相が感じられた展覧会であったように思う。
展覧会情報はこちら
“江戸から東京へ”社会的・国家的変遷に際し:開国・開港にともなう政変の大きなうねりを背景に、わが国の文化・芸術が、江戸時代から何を受け継ぎ、明治という近代国家体制のなかで新たに何を生み出していったのかを、当時の貴重な絵画や工芸品、写真、史料の数々から解き明かし、まさに生き物のような「美術」の多様性と、創作者の自由な柔軟性をあらためて実感させられた。
徳川幕府崩壊、明治維新という日本歴史上まれに見る政治的・社会的出来事によって、長年培われてきた封建制システムと価値観・生活様式が一気に取り変わり、西洋文明の模倣による文明開化・近代国家的様相を呈したように見受けられるが、けしてそうではなく、急速に近代化を推進した明治政府は有形無形に徳川幕府の遺産を引き継ぎ、近代日本の文化を豊かなものにしたといえる。
辻惟雄氏の指摘のように、『幕末から明治初年にかけての頃、画家たちは、いまや眼前にありありとその姿を現した西洋絵画の、迫真的な再現技法に対し、一様に旺盛な好奇心を持ち、学習意欲を燃やしたのだが、一方で、彼らの内に在る「前近代」の視覚を改めて呼び覚ます結果につながり、「西洋」の押し付けがましい乱入に、意識的に無意識的に抵抗し、反発する。自国の美術の伝統への愛着、誇りと、そこに欠けていたモノへの痛切な自覚―こうしたアンビヴァレンツな目と心の葛藤が、画家たちの個性と絡み合って、きわめて多彩で興味深い様相が、そこに現出する。』とあらゆる階層の日本人は、時代の転換を自覚しつつ、東西の文化を融合させ、さまざまな葛藤を超えて、本当に学ぶべきものは西洋のみではなく、「日本」でもあると悟ったのであろう。そんな激動の時代のうねりの中で、「国際都市:創造都市」としての〈横浜・ヨコハマ〉の果たした役割がクローズアップされている。
当時の欧米では、ジャポニスム(日本趣味)が熱狂的ブームとなって、日本の美術工芸品への需要が急激に高まっていった。そんな中、横浜に、全国から職人たちが集まり、多くの工房が開設され、高浮彫りの彫刻的装飾の施された「真葛焼」は「マクズウェア」として海外で人気を博し、他所から素地を仕入れて絵付けをする「横浜焼き」の工房も多く開設された。そのほか、漆器、芝山漆器、横浜家具の輸出用芝山細工の最盛期には、指物師、塗師、下地師、蒔絵師、芝山師の工房も60軒ぐらいあったといわれている。そのほかにも七宝、銀細工もあり、開港間もない横浜は、美術と商業、貿易とが結びついた国際都市として活況を呈していたのであろう。特に、第3章の明治時代の輸出品の絵画・工芸品には圧倒される。
高橋由一らの初期の洋画、橋本雅邦、下村観山、小林古径ら、原三渓が庇護した作家の作品を一同に会し、伝統の継承と西洋文化の受容、新しい美術表現の誕生、新たなパトロンの出現など、近代日本草創期の芸術文化の特質が浮彫りになっている。宮川香山(高浮彫り)、香川勝廣(菊花図花瓶)、並河靖之(有線七宝:桜蝶図平皿)等々、必見ですぞ!!!!
by ヘドデル・キドリンスキー

2009年9月25日