詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

endless 山田正亮の絵画

  ・東京国立近代美術館で2月12日まで。京都国立近代美術館で3月1日から。
  「もともと僕は20世紀の画家。あとは若い人に任せるよ」。
  ストライプとクロス、グリッドを基本とする「Work」シリーズで知られ、生涯に約5000点の絵画を残した山田正亮(1929~2010年)が、1998年の夏、筆者が担当した『新美術新聞』の連載記事「青春プレイバック」の取材時にそう語った。
  没後6年を経て、2月12日まで東京国立近代美術館で開催されている初の本格的な回顧展「endless 山田正亮の絵画」で、出品作中最後に描かれた《Color no.132》の制作年が2000-01年とあるのを見て、その言葉通り画業を完結させたことに改めて気付かされた。
  山田は1948年から55年まで静物画の連作「Still Life」を発表。やがて、描かれた果物や瓶を解体するかのように作品が抽象化され、56年から「Work」シリーズが始まる。不規則な形が密集したような画面から矩形へと展開する50年代が「Work B」、ストライプとクロスが現れる60年代が「Work C」、70年代をD、80年代をEとして、10年ごとにアルファベットが順繰りとなるのだが、90年代のFにあたる作品に50年代のBに似た形態が現れるようになったため、95年の佐谷画廊での個展で「概念として同じことを繰り返すのは面白くない」として、自らシリーズを完結させた。その後、96年の左目の手術を経て「少しやり残したものを余白に描く感じ」で画面を単一な色彩で塗り込める「Color」に取り組むようになる。

  「青春プレイバック」の取材はその時期にあたる。このコーナーは作家の青春時代の思い出を語ってもらい、そこに登場する場所に行き、撮影した写真とともに構成する。最初に東京・国立のアトリエで青春時代の思い出を取材した際に、山田が「絵描きにとっての青春は絵を描き始めた頃や大きな仕事のきっかけとなる不安と緊張に満ちた時間を指すのではないか」と考え、1958年に初めての個展を開いた銀座の教文館画廊でのエピソードを中心に話をしてくれ、数日後に画廊のあった銀座の教文館書店の前で撮影した。取材の準備のために読んだ山田の文章や作品に関する資料などは難解で、当日は緊張したが、実際に話すと作品の展開やコンセプトなどもやさしく、教文館画廊をきっかけとするエピソードも具体的に詳しく話してくれて、ほっとしたことを思い出す。
  教文館画廊での個展は1956年と57年に制作した「Work B」約15点を出品し、「Work」を最初に発表した展覧会となったが、殆ど訪れる人もなく日本の美術ジャーナリズムからも78年の銀座の康画廊での個展まで、ほとんど無視され続けた。
  山田は、孤立しながらも「絵画が成立する条件や絵画でなくなる限界を見極めようと、絵画の存在や自立性を考え」制作を続け、戦後の美術運動とは一線を画しながら静かに「Work」シリーズは生み出され、40年かけて大きな円環を閉じることになる。今回の展覧会はその全体像を見渡し、ひとつの円を確認する機会でもあった。

  本展には、山田が制作した約5000点のうち同展企画者の中林和雄副館長が実地調査した1100点の中から219点(紙作品38点)が出品されている。さらに、1949年から72年までの年記のある自筆の制作ノート56冊の初公開も話題だ。制作中の作品がペンや色鉛筆で記され、それについての記録やコメントが主に書かれている。絵画に対する思いや色彩に関する考察などもあり、作品成立の背景を知るうえで欠かせない資料だ。
  また、中林副館長によると山田は油彩2281点、紙作品2777点を収録する自作の作品台帳を作っていたという。作品すべてに番号をつけてタイプライターで打ったタイトルと35ミリで写した写真をルーズ・リーフの用紙にまとめ、束ねたもので、「非常にマニアックで、整理魔とも言える。作品を自ら体系化してその体系全体を作品とするような人だった」と話した。

  山田は3つのシリーズそれぞれを自らの意志で完結させた。それは絵画の成立についての問いに対するすべての答えを出して、仕事を終えたと考えて良いのだろうか。山田が築き上げた宇宙の中に入り込んだかのようだった。

執筆・写真:西澤美子(文中敬称略)

参考文献:『endless 山田正亮の絵画』図録(美術出版社刊)2016年、
「青春プレイバック 山田正亮」『新美術新聞』 (美術年鑑社刊) №837 1998年8月1日号(5面)
  

endless 山田正亮の絵画
2016年12月6日(火)~2月12日(日)※月曜休館
東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
10時~17時(入館は閉館の30分前まで)
料金 一般1000円、大学生500円
詳細: http://www.momat.go.jp/am/exhibition/yamadamasaaki/

※3月1日(水)~4月9日(日)京都国立近代美術館に巡回

写真キャプション 
①《Still Life no.15》1950年(左)、《Still Life no.6》1950年
②《Work B.114》1956年、《Work B.118》1956年、《Work B.115》1956年
③《Work C.62》1960年、《Work C.73》1960年、《Work C.77》1960年、《Work C.86》1961年
④《Work F.20》1990年、《Work F.116》1992年、《Work F.131》1992年
⑤《Color no.98》1999年-、《Color no.20》1997年-、《Color no.132》2000-01年、《Color no.34》1997年‐
⑥制作ノート
⑦アトリエの雰囲気が味わえるスペース

2017年2月10日