詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

DOMANI・明日展 2022-23
百年まえから、百年あとへ

 文化庁の「新進芸術家海外研修制度」に参加した作家の成果発表の場である「DOMANI・明日」展が、東京・六本木の国立新美術館で開かれている。
 25回目となる今回は、「百年まえから、百年あとへ」という副題のもと、池崎拓也、石塚元太良、伊藤誠、大﨑のぶゆき、北川太郎、黒田大スケ、小金沢健人、近藤聡乃、谷中佑輔、丸山直文の10作家が、絵画、彫刻、映像、インスタレーション作品などを発表している。

参加作家と都倉俊一文化庁長官、逢坂恵理子国立新美術館館長。右から、近藤、石塚、池崎、大﨑、伊藤、逢坂、都倉、北川、黒田、谷中、小金沢
参加作家と都倉俊一文化庁長官、逢坂恵理子国立新美術館館長。右から、近藤、石塚、池崎、大﨑、伊藤、逢坂、都倉、北川、黒田、谷中、小金沢

 副題には、1923年の関東大震災から百年目に開かれる企画として、「ゆれる/ゆらぐ地面、制度、価値観」という視点から、コロナ禍以降の人材育成や美術界のあり方を考える意味が込められている。本展を企画した林洋子文化庁芸術文化調査官は、「3年近くのパンデミックを経て、あらためて美術は『時代の鏡』『世界への窓』という意識を強くしたが、いつの時代も疾病や戦争、自然災害と無縁ではありえず、芸術活動はそれらと共存してきた。『百年まえから、百年あとへ』は、無限の営為への励ましであり、願いでもある」とし、百年後の美術の状況を見据えながら展覧会を組み立てた。

黒田大スケ「アサノの為のプラクティス」2022年
黒田大スケ「アサノの為のプラクティス」2022年

芸術と戦争の関係をさぐる―黒田大スケ

 「震災や戦争という大きなゆらぎの中では、しばしば空想と現実が奇妙に接近し虚実が混じり合う瞬間が訪れる。百年前と百年後、本当のような嘘と、嘘のような本当が交錯する中で、現実と虚構、芸術と戦争について思いを巡らせながら作品制作を進めた」という黒田大スケ(1982年京都府生まれ。2018年度アメリカ・フォートワースで研修)は、戦前から戦後にかけて活動した彫刻家の浅野孟府をリサーチして制作したビデオ作品「アサノの為のプラクティス」と、戦争末期に奈良県に作られた基地をイメージしたジオラマ「海のユーレイ」を発表した。
 「アサノの為のプラクティス」は、1942年に公開された戦争映画『ハワイ・マレー沖海戦』の真珠湾のジオラマ製作に携わった浅野孟府をリサーチし、浅野がカモとアヒルに姿を変えて自らを語るビデオ作品だ。左側の赤い背景のカモは、前衛的でプロレタリアアートを先導するなど左翼思想の強い30代半ば頃までの浅野で、右側のグレーの背景のアヒルは、その後、『ハワイ・マレー沖海戦』で製作したジオラマが評判となり、戦意高揚につながっているにもかかわらず高く評価されたことで素直に喜ぶ40代以降の浅野という設定だ。
 黒田は「今の時代、戦争は他人事ではない気配が強まっている。芸術家も、思想的、政治的なスタンスを問われるので、安易に仕事を引き受けてしまうとプロパガンダに利用されてしまいかねない怖さがある。浅野のように、実際に揺らいだ彫刻家を取り上げることで考えを深めたい」という。画家に比べて研究者が少なく、実像も不確かな彫刻家を掘り起こし、歴史的に見つめ直そうという試みでもある。
 「海のユーレイ」は、太平洋戦争末期に奈良県天理市に急造された大和海軍航空隊大和基地(通称:柳本飛行場)をリサーチし、前述の映画で真珠湾のジオラマを作った浅野を中心とする彫刻家になり切って制作したジオラマだ。ここは、本土決戦に備えて特攻基地として建設され、練習機による訓練が行われていた。今でも当時の滑走路や防空壕の跡が残っている。舗装が間に合わず、滑走路に竹を敷いて練習機が飛び立った記録もあり、「状況が悪化すると嘘のようなホントの話が混ざりあう」実体を伝える手がかりとしてもとらえている。
 長く彫刻に携わってきた黒田が彫刻を問い直し、これまであまり語られてこなかった事柄に着目しながら真実を模索している。

黒田大スケ。ビデオ作品は「アサノの為のプラクティス」2022年、ジオラマは「海のユーレイ」2022年
黒田大スケ。ビデオ作品は「アサノの為のプラクティス」2022年、ジオラマは「海のユーレイ」2022年

21世紀的な写真のテーマを追求―石塚元太良

 印画紙を切って編み込んだモザイク状の作品や自作を近代絵画と比較したインスタレーションなどで現代における写真の可能性を追求している石塚元太良(1977年東京都生まれ。2010年度アメリカ・ニューヨーク、2021年度フィンランド・ケミヤルヴィで研修)は、約15年にわたりアラスカやパタゴニア地方で撮影した氷河をモチーフにした写真を元に構成した作品を発表している。
 氷河が地球温暖化などの21世紀的な主題を含むことが背景にある。さらに、写真にとっての21世紀的なテーマを重ね、「写真はもはや撮影したものをそのまま展示するだけでは成立しないのではないか」との見解から、写真を編みこんだ連作の「Texture」を展示している。「多くの人がデジカメを持ち、車にはカメラが搭載され、街にはとんでもない量の防犯カメラがある。僕らが世界を撮るのではなくて世界の方が僕らを撮っている時代。その中で何ができるだろうと考えた時に写真の平面性を攻撃してみることに行きついた」という。
 紙焼きした2枚の写真を裁断し、編むことで、網膜で感じる手触りを作り出している。

石塚元太良「Texture_ Glacier #003」2009/2022年
石塚元太良「Texture_ Glacier #003」2009/2022年

 大作「Shoup Glacier #001」は、シーカヤックから撮影した5枚の写真を合成した作品。前後左右に流されながら撮影したため、距離やアングルが異なる5枚を並べ、絵画的アプローチを試みている。
 石塚の作品は「写真はどこまで写真でいられるのか、写真を定義していた境界線はどこにあり、文字や言葉、絵画や彫刻とどのような関係を結ぶのか」を追求し、不確かな世界の状況を表しているように見える。

石塚元太良。作品は「Shoup Glacier #001」120×598㎝ 2016/2022年 出品協力:KOTARO NUKAGA
石塚元太良。作品は「Shoup Glacier #001」120×598㎝ 2016/2022年 出品協力:KOTARO NUKAGA

「知らない場所」をつくる形をたどる―伊藤誠

 今回の出品作家のうち最年長の伊藤誠(1955年愛知県生まれ。1996年度アイルランドに研修)は、FRP、ゴム、ステンレス、鉄など、身近な素材を使って、「知らない場所」を作り続けてきた。伊藤は「知っている場所を、誰にとっても知らない場所にすることができるものを、自分では『彫刻』と呼んでいる」という。
 今回は、「30年以上の時間的な開きがある作品を、現在の地点で選んだ」5点が展示されている。「制作当時は全く気付かずに展開不可能だったものが現れてくることがあり、それを見るための場」となり、また、今回の「DOMANI・明日」展のテーマでもある百年先を考えた時に「彫刻にとって最後に残る要素とは何かを見る場にもなった」という。
 1988年に制作した「Untitled」などは大幅に補修をしたことで新たに見直すことにもなった。自分も他人も想像がつかないような知らない形を生み出す方法として、内側の形を作った後に外側の形を貼り、その後、内側を取り除くなどの過程を経て作りあげた作品で、見る場所によって印象が異なる。
 「何を作るかというよりは、最終的にどのようなものが出てくるかということ。最初に自分がイメージしたものとは違うものがひっぱり出されれば、それは他人もイメージしなかったものだ」という。
 伊藤が知らない場所を作るために素材や工程を駆使して生み出した形をたどることのできる展示となっている。

伊藤誠。右の作品は「Untitled(1988/2022)」1988/2022年 村松画廊コレクション蔵、右側の壁の作品は「北半球」2017年、左の作品は「船の肉」2003年
伊藤誠。右の作品は「Untitled(1988/2022)」1988/2022年 村松画廊コレクション蔵、右側の壁の作品は「北半球」2017年、左の作品は「船の肉」2003年

 なお、本展は、次年度以降は研修制度の参加者以外にも対象を広げる新たな形の展覧会に再編され、「DOMANI・明日展」という名称での開催は今回が最後となるという。
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※写真は主催者の許可を得て撮影しています。
  
参考文献:「DOMANI・明日展 2022-23」展図録 (文化庁 2022年)

【会期・会場】
2022年11月19日(土)~2023年1月29日(日)
国立新美術館(東京都・港区)
  
展覧会HP:https://www.nact.jp/exhibition_special/2022/domani2022-23/