詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

DOMANI・明日展 2022-23
百年まえから、百年あとへ

 文化庁の「新進芸術家海外研修制度」に参加した作家の成果発表の場である「DOMANI・明日」展が、東京・六本木の国立新美術館で開かれている。
 25回目となる今回は、「百年まえから、百年あとへ」という副題のもと、池崎拓也、石塚元太良、伊藤誠、大﨑のぶゆき、北川太郎、黒田大スケ、小金沢健人、近藤聡乃、谷中佑輔、丸山直文の10作家が、絵画、彫刻、映像、インスタレーション作品などを発表している。

参加作家と都倉俊一文化庁長官、逢坂恵理子国立新美術館館長。右から、近藤、石塚、池崎、大﨑、伊藤、逢坂、都倉、北川、黒田、谷中、小金沢
参加作家と都倉俊一文化庁長官、逢坂恵理子国立新美術館館長。右から、近藤、石塚、池崎、大﨑、伊藤、逢坂、都倉、北川、黒田、谷中、小金沢

 副題には、1923年の関東大震災から百年目に開かれる企画として、「ゆれる/ゆらぐ地面、制度、価値観」という視点から、コロナ禍以降の人材育成や美術界のあり方を考える意味が込められている。本展を企画した林洋子文化庁芸術文化調査官は、「3年近くのパンデミックを経て、あらためて美術は『時代の鏡』『世界への窓』という意識を強くしたが、いつの時代も疾病や戦争、自然災害と無縁ではありえず、芸術活動はそれらと共存してきた。『百年まえから、百年あとへ』は、無限の営為への励ましであり、願いでもある」とし、百年後の美術の状況を見据えながら展覧会を組み立てた。

黒田大スケ「アサノの為のプラクティス」2022年
黒田大スケ「アサノの為のプラクティス」2022年

芸術と戦争の関係をさぐる―黒田大スケ

 「震災や戦争という大きなゆらぎの中では、しばしば空想と現実が奇妙に接近し虚実が混じり合う瞬間が訪れる。百年前と百年後、本当のような嘘と、嘘のような本当が交錯する中で、現実と虚構、芸術と戦争について思いを巡らせながら作品制作を進めた」という黒田大スケ(1982年京都府生まれ。2018年度アメリカ・フォートワースで研修)は、戦前から戦後にかけて活動した彫刻家の浅野孟府をリサーチして制作したビデオ作品「アサノの為のプラクティス」と、戦争末期に奈良県に作られた基地をイメージしたジオラマ「海のユーレイ」を発表した。
 「アサノの為のプラクティス」は、1942年に公開された戦争映画『ハワイ・マレー沖海戦』の真珠湾のジオラマ製作に携わった浅野孟府をリサーチし、浅野がカモとアヒルに姿を変えて自らを語るビデオ作品だ。左側の赤い背景のカモは、前衛的でプロレタリアアートを先導するなど左翼思想の強い30代半ば頃までの浅野で、右側のグレーの背景のアヒルは、その後、『ハワイ・マレー沖海戦』で製作したジオラマが評判となり、戦意高揚につながっているにもかかわらず高く評価されたことで素直に喜ぶ40代以降の浅野という設定だ。
 黒田は「今の時代、戦争は他人事ではない気配が強まっている。芸術家も、思想的、政治的なスタンスを問われるので、安易に仕事を引き受けてしまうとプロパガンダに利用されてしまいかねない怖さがある。浅野のように、実際に揺らいだ彫刻家を取り上げることで考えを深めたい」という。画家に比べて研究者が少なく、実像も不確かな彫刻家を掘り起こし、歴史的に見つめ直そうという試みでもある。
 「海のユーレイ」は、太平洋戦争末期に奈良県天理市に急造された大和海軍航空隊大和基地(通称:柳本飛行場)をリサーチし、前述の映画で真珠湾のジオラマを作った浅野を中心とする彫刻家になり切って制作したジオラマだ。ここは、本土決戦に備えて特攻基地として建設され、練習機による訓練が行われていた。今でも当時の滑走路や防空壕の跡が残っている。舗装が間に合わず、滑走路に竹を敷いて練習機が飛び立った記録もあり、「状況が悪化すると嘘のようなホントの話が混ざりあう」実体を伝える手がかりとしてもとらえている。
 長く彫刻に携わってきた黒田が彫刻を問い直し、これまであまり語られてこなかった事柄に着目しながら真実を模索している。

黒田大スケ。ビデオ作品は「アサノの為のプラクティス」2022年、ジオラマは「海のユーレイ」2022年
黒田大スケ。ビデオ作品は「アサノの為のプラクティス」2022年、ジオラマは「海のユーレイ」2022年

21世紀的な写真のテーマを追求―石塚元太良

 印画紙を切って編み込んだモザイク状の作品や自作を近代絵画と比較したインスタレーションなどで現代における写真の可能性を追求している石塚元太良(1977年東京都生まれ。2010年度アメリカ・ニューヨーク、2021年度フィンランド・ケミヤルヴィで研修)は、約15年にわたりアラスカやパタゴニア地方で撮影した氷河をモチーフにした写真を元に構成した作品を発表している。
 氷河が地球温暖化などの21世紀的な主題を含むことが背景にある。さらに、写真にとっての21世紀的なテーマを重ね、「写真はもはや撮影したものをそのまま展示するだけでは成立しないのではないか」との見解から、写真を編みこんだ連作の「Texture」を展示している。「多くの人がデジカメを持ち、車にはカメラが搭載され、街にはとんでもない量の防犯カメラがある。僕らが世界を撮るのではなくて世界の方が僕らを撮っている時代。その中で何ができるだろうと考えた時に写真の平面性を攻撃してみることに行きついた」という。
 紙焼きした2枚の写真を裁断し、編むことで、網膜で感じる手触りを作り出している。

石塚元太良「Texture_ Glacier #003」2009/2022年
石塚元太良「Texture_ Glacier #003」2009/2022年

 大作「Shoup Glacier #001」は、シーカヤックから撮影した5枚の写真を合成した作品。前後左右に流されながら撮影したため、距離やアングルが異なる5枚を並べ、絵画的アプローチを試みている。
 石塚の作品は「写真はどこまで写真でいられるのか、写真を定義していた境界線はどこにあり、文字や言葉、絵画や彫刻とどのような関係を結ぶのか」を追求し、不確かな世界の状況を表しているように見える。

石塚元太良。作品は「Shoup Glacier #001」120×598㎝ 2016/2022年 出品協力:KOTARO NUKAGA
石塚元太良。作品は「Shoup Glacier #001」120×598㎝ 2016/2022年 出品協力:KOTARO NUKAGA

「知らない場所」をつくる形をたどる―伊藤誠

 今回の出品作家のうち最年長の伊藤誠(1955年愛知県生まれ。1996年度アイルランドに研修)は、FRP、ゴム、ステンレス、鉄など、身近な素材を使って、「知らない場所」を作り続けてきた。伊藤は「知っている場所を、誰にとっても知らない場所にすることができるものを、自分では『彫刻』と呼んでいる」という。
 今回は、「30年以上の時間的な開きがある作品を、現在の地点で選んだ」5点が展示されている。「制作当時は全く気付かずに展開不可能だったものが現れてくることがあり、それを見るための場」となり、また、今回の「DOMANI・明日」展のテーマでもある百年先を考えた時に「彫刻にとって最後に残る要素とは何かを見る場にもなった」という。
 1988年に制作した「Untitled」などは大幅に補修をしたことで新たに見直すことにもなった。自分も他人も想像がつかないような知らない形を生み出す方法として、内側の形を作った後に外側の形を貼り、その後、内側を取り除くなどの過程を経て作りあげた作品で、見る場所によって印象が異なる。
 「何を作るかというよりは、最終的にどのようなものが出てくるかということ。最初に自分がイメージしたものとは違うものがひっぱり出されれば、それは他人もイメージしなかったものだ」という。
 伊藤が知らない場所を作るために素材や工程を駆使して生み出した形をたどることのできる展示となっている。

伊藤誠。右の作品は「Untitled(1988/2022)」1988/2022年 村松画廊コレクション蔵、右側の壁の作品は「北半球」2017年、左の作品は「船の肉」2003年
伊藤誠。右の作品は「Untitled(1988/2022)」1988/2022年 村松画廊コレクション蔵、右側の壁の作品は「北半球」2017年、左の作品は「船の肉」2003年

 なお、本展は、次年度以降は研修制度の参加者以外にも対象を広げる新たな形の展覧会に再編され、「DOMANI・明日展」という名称での開催は今回が最後となるという。
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※写真は主催者の許可を得て撮影しています。
  
参考文献:「DOMANI・明日展 2022-23」展図録 (文化庁 2022年)

【会期・会場】
2022年11月19日(土)~2023年1月29日(日)
国立新美術館(東京都・港区)
  
展覧会HP:https://www.nact.jp/exhibition_special/2022/domani2022-23/