詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

ヤマザキマリの世界

開催中〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

「設置」ビデオ:パスカル・ルラン

Exhibitions

21_21 DESIGN SIGHT 企画展
クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”

  • 21_21 DESIGN SIGHT (東京都・港区)

パリの凱旋門を包む!

 2021年9月、パリで驚くべき光景が出現した。エトワール凱旋門が16日間、布ですっぽり包まれたのだ。エッフェル塔と共にパリを象徴するあの巨大歴史建造物である。約600万人が観覧。包まれた凱旋門は、時間や天候によって多彩な表情を見せたという。
  
 これは、現代美術作家クリスト(1935~2020)とジャンヌ=クロード(1935~2009)が約60年前に構想した悲願のプロジェクトであり、その創作活動の集大成の一つ。二人は世界各地で、短期間だが景観を変貌させる壮大な芸術を数々創り出した。現在、東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTで、《包まれた凱旋門、パリ、1961-2021》を紹介する展覧会が開催中だ。二人がここに込めたものは何か。

会場風景(以下同様)。「実現」ビデオ:パスカル・ルラン
会場風景(以下同様)。「実現」ビデオ:パスカル・ルラン

圧倒的なスケールを体感する展覧会

 本展覧会のディレクターは、映像ディレクター、デザイナー、プロデューサーとして活躍するベルギー生まれのパスカル・ルラン。彼は、《包まれた凱旋門》の構想、準備、設置、実現のプロセスの各段階を、多様でダイナミックな空間インスタレーションにより、観客が会場を周遊する中で自然に感知できるように紹介する。大型サイズのルランによる映像とウルフガング・フォルツ撮影の写真を中心に、ドローイング(複製)や本展のために制作された模型も展示。また実際に使われたものと同じ布とロープに囲まれた通路では、その質感を身に受けながら歩を進めることができる。
  
 会場をめぐりながら、《包まれた凱旋門》のとてつもないスケールを体感した。パリの凱旋門は高さが約50mもある。15階建てビルくらいだ(ちなみに東京ミッドタウン近くに建つ国立新美術館の高さは約30m)。正面幅は約45m、奥行きは約22m。セーヌ河右岸のエトワール広場に建ち、シャンゼリゼ通りなど12本の街路がここを起点に放射線状に延びる。これほど巨大な建造物を包んでしまったのだ。
  
 色彩の美しさにも魅了された。凱旋門を包む布の表の銀色と裏側の鮮やかな青色。布を留めるロープの赤色。また作業を行う人々の制服のオレンジ色。それらがパリの秋の空に映える。作業現場の人々の声や音響も迫りくる。そしてクリストら二人の底知れぬ情熱が、関わった人たちの心を一つにしての渾身と喜びが伝わってくる。

「準備」ビデオ:パスカル・ルラン
「準備」ビデオ:パスカル・ルラン
「設置」ビデオ:パスカル・ルラン。エッフェル塔が見える。
「設置」ビデオ:パスカル・ルラン。エッフェル塔が見える。
《包まれた凱旋門》のために製造された布と赤いロープ
《包まれた凱旋門》のために製造された布と赤いロープ

パリのエトワール凱旋門とは

 「凱旋門」とは、もともとは古代ローマ人たちが戦勝を記念して建造したものだった。パリのエトワール凱旋門は古代ローマに倣って、ナポレオンが連合軍との戦いで大勝したことを記念し、彼の命で1806年に建造に着手。しかし完成はナポレオン失脚・死亡後の1836年となる。世界最大の大きさと、東西南北四面の戦闘をモチーフとした彫刻を特徴とする、新古典主義建築の代表作の一つとされる。また凱旋門の下には、第一次世界大戦で命を落とした無名戦士の墓があり、毎夕定時に追悼の火が灯される。

《包まれた凱旋門》のための図面の一部
《包まれた凱旋門》のための図面の一部
手前は、パリ街区の模型(1/1000)。奥は、大規模プロジェクト《囲まれた島々、フロリダ州グレーター・マイアミ、ビスケーン湾、1980-83》写真:ウルフガング・フォルツ
手前は、パリ街区の模型(1/1000)。奥は、大規模プロジェクト《囲まれた島々、フロリダ州グレーター・マイアミ、ビスケーン湾、1980-83》 写真:ウルフガング・フォルツ

クリストとジャンヌ=クロード/《包まれた凱旋門》構想誕生

 1958年秋、パリでのこと。ブルガリア生まれのクリストと、モロッコ生まれのフランス人ジャンヌ=クロードが出会った。偶然にも誕生日が同日(1935年6月13日)の二人は結婚し、生涯にわたる共同制作者となる。《包まれた凱旋門》の構想は1961年に生まれ、1962年にはフォトモンタージュが制作された。しかし着手までには長い年月を要した。1964年、二人はニューヨークへ移住。その後、コロラドの渓谷に巨大なオレンジ色の布を吊るした《ヴァレー・カーテン》、ベルリンの帝国国会議事堂を布で包む《包まれたライヒスターク》など、人々を驚嘆させた壮大なプロジェクトを成功させた。2009年、ジャンヌ=クロードが他界した。

左は、「マスタバ」に適した場所を探索中のクリストとジャンヌ=クロード、アラブ首長国連邦、1982年2月。上は、《包まれた凱旋門、パリ、1961-2021》クリストとジャンヌ=クロード、共に写真:ウルフガング・フォルツ
左は、「マスタバ」に適した場所を探索中のクリストとジャンヌ=クロード、アラブ首長国連邦、1982年2月。上は、《包まれた凱旋門、パリ、1961-2021》クリストとジャンヌ=クロード、共に写真:ウルフガング・フォルツ

《包まれた凱旋門》準備、クリストの急逝、設置、実現へ

 《包まれた凱旋門》が実現に向けて動き出したのは2017年。包む布は、再生可能な材質の青い布に銀色のコーティングを施したものとした。布もロープもクリストがテストし、実験を重ねて製造。布の銀色はクリストがパリの屋根裏部屋に住んでいた頃、窓から見える「パリの屋根の色」であり、「日中の空気の状態や季節の移ろいによって色彩が変化する」と、自身がインタビュー映像で語っている。また凱旋門の彫刻に布が直接触れない方法として、保護する骨組みを被せることとなった。
  
 実現予定は2020年だったが、コロナ禍で2021年秋に延期。しかし2020年5月、クリストが急逝。クリストは完成を見ずに旅立ってしまった。彼の甥でクリスト・アンド・ジャンヌ=クロード財団のヴラディミール・ヤヴァチェフを中心とする仲間たちが、プロジェクトを引き継いだ。設置作業のために現場に入れる期間は前後4カ月のみ。凱旋門の観光客の見物も無名戦士の墓の追悼式も、継続しながらの設置作業だったが、1200人が作業を着々と進め、実現に漕ぎつけた。

「設置」ビデオ:パスカル・ルラン
「設置」ビデオ:パスカル・ルラン
《包まれた凱旋門、パリ、1961-2021》クリストとジャンヌ=クロード、写真:ウルフガング・フォルツ。《包まれた凱旋門》の屋上からパリの風景を眺めることができた
《包まれた凱旋門、パリ、1961-2021》クリストとジャンヌ=クロード、写真:ウルフガング・フォルツ。《包まれた凱旋門》の屋上からパリの風景を眺めることができた

 本展開幕前、ディレクターのルラン、ヤヴァチェフらが記者会見で、進行中にクリストが発した言葉を紹介してくださった。「布が風に揺れることで生命を感じる」「ちょっと深呼吸した凱旋門に見えたらいいのではないか」。またクリストとジャンヌ=クロードが常に語っていたのは、「一人一人独自の見解をもってほしい。好き勝手に解釈してほしい。誰のどんな解釈も正しいのです」と。
  
 二人は破格の構想をなんとしても短期間だがこの世に実在させた。
 本展を楽しんでほしい。パリに居る気持ちになる展覧会でもある。
  
執筆・撮影:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年9月)
※文中敬称略。
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

21_21 DESIGN SIGHT 企画展
クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”
21_21 DESIGN SIGHT Exhibition
Christo and Jeanne-Claude “L’Arc de Triomphe, Wrapped”
  
【会期・会場】
2022年6月13日(月)~2023年2月12日(日)  21_21 DESIGN SIGHT(東京都・港区)
※詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。
展覧会公式サイト https://www.2121designsight.jp/program/C_JC/