詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

8Kだから見えてくる ルーブル美術館 空間を超えた映像アート体験

2023/02/14〜2023/03/01

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

開催中〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

開催中〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

開催中〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

深瀬昌久 1961-1991 レトロスペクティブ

2023/03/03〜2023/06/04

東京都写真美術館

東京都・目黒区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ルーヴル美術館展 愛を描く

2023/03/01〜2023/06/12

国立新美術館

東京都・港区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「The Original」

2023/03/03〜2023/06/25

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

future_03

Exhibitions

21_21 DESIGN SIGHT 企画展
「2121年 Futures In-Sight」展

  • 21_21 DESIGN SIGHT (東京都・港区)

未来を考え、未来と現在に問いを放つ

 パンデミックで誰もが思いがけない変化を体験している。社会がかかえる問題は増大するばかりだ。21_21 DESIGN SIGHTで開催中(2022年5月22日まで)の本展では、はるか遠方を見据えた多様な思索と表現に出会うことができる。

 展覧会タイトルのうち、「2121年」は昨年末の本展開幕から100年後を、「Futures」は複数形の未来を、「In-Sight」は洞察を意味する。本展では、100年後の未来に想いを巡らせることをきっかけに、問いをつくり、表現を行う。そのことで現在直面する、また近い未来の問題への人々の「洞察」に迫る。本展の展覧会ディレクターは、「WIRED」日本版編集長であり、広く活動する編集者の松島倫明。松島は「過去が現在に影響を与えるように、未来が現在に影響を与えている」との哲学者フリードリッヒ・ニーチェの言葉などを参照する。

 会場の21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン・トゥーワン・デザイン・サイトと読む)は、三宅一生によって東京ミッドタウンに創設されたデザイン施設。設計は安藤忠雄だ。2007年3月の始動以来、「デザインを通じてさまざまなできごとやものごとについて考え、世界に向けて発信し、提案を行う場」として、斬新な企画展を積み重ねてきた。

「クルクル回してください」:「Future Compass」(未来の羅針盤)

 松島による展覧会のつくり方も面白い。企画段階からグラフィックデザイン担当の上西祐里、会場デザイン担当の中原崇志と共同して進んだ。松島は、本展で表現してもらいたいと思うクリエーターや研究者らに、未来への羅針盤として「Future Compass」という三重の円盤を渡し、依頼状を添えた。「クルクル回しながらキーワードを選び、そこから未来を考える上でのご自身の問いを導き出してください」と。それに応えた72名とグループが、立体物や音楽、または文章を表現し、出品。会場にも巨大な「Future Compass」が設置されている。筆者も回してみた。現在の大人はほぼ存在しない100年後に想いを馳せた。

future_01
会場風景(以下同様)。《Future Compass》(デザイン:上西祐理)

転換する会場構成

 本展は、導入部、大空間のギャラリー、最終部、と大きく転換し、息をのんだ。清冽な印象の美しい会場だ。導入部では壮大な時間を経て、現在をとらえる。未来を考える大空間のギャラリーでは、白い箱がランダムに並び、言葉や図が心地よく配され、立体作品も見える。言葉の森のようだ。最終部は全体を振り返る場でもある。

future_02
会場風景。右奥に、PARTY《バック(キャスト)します》の車体の一部が見える。

言葉の森をさまよいながら考える

 大空間のギャラリーを歩いてみよう。白い車が見える。クリエイティブ集団PARTYが、未来への羅針盤から[How/Present/End?]の三つの言葉を選んだうえで制作した、人間の思考を旅する車《バック(キャスト)します》だ。試乗できる。近未来を考えるとき、過去に縛られるなど思考停滞が起こったら、遠い未来にビューンと飛んでからバックしてみよう、と教えてくれる。

future_03
PARTY《バック(キャスト)します》内部の映像より。

 未来への羅針盤から[What/Future/Change?]を選び、「ゴミの概念が変わる?」と問うのは、グラフィックデザイナーで21_21 DESIGN SIGHT館長でもある佐藤卓だ。アイデアを込めた作品名の《duct Circulating Pro》は、佐藤が38年前にデザインしたウイスキーのボトルに、ガムなどのパッケージも詰め、循環する新素材を提示する。一方、コンテンポラリーデザインスタジオwe+は、光沢のある銅線でつくられた壺型や、身の回りのケーブル(銅線)などを並べて《Copper Wire Project》を出品。銅は人が初めて利用した金属だ。その銅の歴史、リサイクルや枯渇状況を調査し、人間と素材の関係の再構築を提案する。

future_04
佐藤卓《duct Circulating Pro》
future_05
we+《Copper Wire Project》

 服飾デザイナーの廣川玉枝は、[How/Future/Create?]を選び、《Kimono Couture》を展示。このままだと日本の着物産業は衰退するのではないか。帯や重ね着などの伝統を取り入れた、現代のライフスタイルに適合した華麗なファッションを見せる。

future_05
廣川玉枝《Kimono Couture》

 青く発光するロマンティックな作品《New Rousseau Machine》は、集団の意思決定がルールによってどのように違うかを、4色の糸によって鋭く示す。コンセプトデザイナーで社会彫刻家の青木竜太の制作。彼は[How/2121/End?]を選び、「星を継ぐもの達のために、私たちは何を変えなければいけないのか?」との問いを表明。また、文化人類学者の小川さやかの提言にも希望がわく。小川は[How/Present/Change?]を選び、「いまだ存在しない未来の他者のためにいかにして現在を変化させられるのか?」を問い、「恩送り(Pay it forward)を始めよう。」との文章を綴る。自身が受けた恩を第三者に送ることで、未来の他者へ贈与をつなぐ、という。この他にも会場では実に多彩な提言が展開し、観る者に対話を求める。

future_07
青木竜太《New Rousseau Machine》

 最後の箱は我々に[What/Futures/Want?]と問いかける。未来を考えることは、現在を、我々を動かすようだ。刺激に満ちた展覧会である。

執筆・撮影:細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年1月)
※文中、敬称略。
※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「2121年 Futures In-Sight」展
“The Year 2121: Futures In-Sight”

【会期・会場】
2021年12月21日(火)~2022年5月22日(日) 
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
http://www.2121designsight.jp/program/2121/