詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

2014年日中韓国立博物館合同企画特別展
東アジアの華 陶磁名品展

日本・中国・韓国の陶磁の魅力。
重要作品45点でじっくり楽しむ。

   コンパクトながら、見応えがある画期的な展覧会である。明快な展覧会趣旨と作品の質の高さ、そして会場設定の妙が功を奏し、観る者に伝わってくるものが強い。
   東アジアに位置する日本、中国、韓国の陶磁は世界でも圧倒的に高い芸術性をもち、バラエティーに富む。本展覧会は、この3ヶ国を代表する3つの国立博物館の所蔵作品(寄託品、文化庁所蔵品を含む)から精選された各15件の計45件により、陶磁の流れや影響関係を紹介するものだ。日本の東京国立博物館、中国の北京・天安門広場の東側に位置する中国国家博物館、そして韓国のソウル特別市龍山区にある韓国国立中央博物館が共同企画した、初めての展覧会だ。この3館は2006年から館長会議を継続して行ってきており、そのことが本展を実現させた。
   展覧会場は、東京国立博物館本館の特別5室。本館の入り口を入り、中央の大階段を昇らずに、奥に進んだ場所にある。約470平方メートルのスペースだ。会場に入ると、まず正面に3作品が象徴的に置かれる。そして向かって左から、中国、韓国、日本の順序で国ごとに陶磁作品が壁に沿ってぐるりと並ぶ。一部の作品は少し内側にも設置される。この広さとレイアウトがいい。観客は常に全体を見渡しながら、一つ一つの作品をじっくりたどることができるのだ。会場構成が展覧会の目的に見事に合致している。そして出品作どれもが傑作であることに驚嘆させられた。ちなみに日本からの出品は、全15件のなかで国宝1件、重要文化財11件である。
   陶磁の分類 陶磁は「やきもの」ともいい、良質の粘土類、ケイ石類、長石類などの原料をもとにして成形、焼成した器物のこと。陶磁を厳密に分類することは難しく、また国によっても違いがある。日本では、素材や焼成方法の違いにより大きくは、①土器、②炻器(せっき)、③陶器、④磁器、の4種類に分類する。一方、中国では、釉(うわぐすり)のかかっていないやきものや低火度焼成の施釉陶は陶器、高火度焼成の施釉陶は瓷器(じき)と呼ぶ。(ただし本展では、瓷器を磁器と表記。)
   中国の陶磁 今から約1万年前に陶器を、3000年以上前に原始磁器を作り始めた中国は、陶磁のふるさとだ。中国国家博物館は、特に貴人墓や遺跡から出土した優れた古代の陶器を所蔵する。よって出品は前漢から唐時代まで、前2世紀~9世紀の作品。灰陶から加彩陶、さらに施釉陶(緑釉陶、三彩陶など)へと続く系統、および磁器のうちの青磁の系統を紹介し、その中心は唐三彩と青磁である。
   まず最初に、高さ50cm余りの堂々とした気品ある唐三彩 2級文物《三彩馬(さんさいうま)》に圧倒された。頭を少し傾げた白馬は黄色のたてがみをもち、鞍には緑の絨毯状の障泥(あおり)がかけられ、装飾品も見事。緑色の騎馬民族の男性の衣装をまとった優雅な表情の《緑釉女子俑》(上記2件は唐時代・723年葬)も印象的だ。ともに唐の皇帝玄宗の腹心であった貴人の墓から出土。唐三彩は韓国の新羅三彩、日本の奈良三彩などとの関連も考えられている。
   青磁は、落ち着いた色合いの≪青磁双耳扁壺≫(西普時代・3世紀)、蓮をモティーフとした力強い 2級文物≪青磁蓮弁文瓶≫(南朝時代・5~6世紀)から江南の越窯で作られたとされる透明な潤いの「秘色」と呼ばれる 2級文物《青磁碗》(唐時代・9世紀)などで、その変遷を本展で追うことができる。秘色の青磁は皇帝に珍重され、その後、汝窯や官窯などに影響を与える。
   韓国の陶磁 韓国は紀元前6300年以前の遺跡から発掘された土器を最古とする陶磁史をもつ。本展では三国時代の土器、統一新羅時代の緑釉陶器、高麗時代の青磁、朝鮮時代の白磁を出品し、5~19世紀までの流れをたどる。中心は12~13世紀の高麗青磁である。
   《青磁麒麟香炉》は身体を丸めて後ろを振り向く麒麟が香炉の上に載る。麒麟の口から香が出る仕掛けだ。《青磁双龍筆架》の龍も生き生きとしていて、透かし彫りも流麗。《青磁竹櫛文水注》は膨れた丸い胴を竹が覆っているようだ。永遠の美がこもる(上記3件とも高麗時代・12世紀)。また、宝物1168号《青磁象嵌梅竹鶴文瓶》(高麗時代、12~13世紀)では象嵌という方法で白鶴と竹林と梅が情緒的に描かれる。高麗青磁の「翡色」と称されるなんとも美しい灰青色と、独特の造形による洗練された躍動感に強く惹きつけられた。中国の越窯青磁の技術を10世紀に取り入れて始まった高麗青磁は、装飾を加えて展開した。
   一方、朝鮮時代(1392~1910)に作られた白磁は、絵付けを施した鉄砂(てっしゃ)や青花磁器も盛んになる。高さが50cm弱の白く真ん丸な《白磁壺》(朝鮮時代・18世紀)はまさに月がそこにあるようだ。龍の豪快な勢いを感じさせる《鉄砂龍文壺》(朝鮮時代・17世紀)も窓から清澄な山水画を眺めるような《青花山水図有蓋壺》(朝鮮時代・19世紀)もゆったりと大らかである。
   日本の陶磁 日本の陶磁史も長く、約1万2000年前の縄文土器に始まる。本展への出品は、縄文土器から18世紀まで。「原始・古代から中世まで」「茶陶の興隆」「江戸時代以降」として、その足どりをたどるが、実に多彩である。
   《火焰型土器》(縄文時代(中期)・前3000~前2000年)は四方向対称のなかに、隆線で作られた燃え上がる火のような生命力がみなぎり、観る者を飽きさせない。また、重要文化財 弥生土器《朱彩壺》(弥生時代(後期)・1~3世紀)は簡素な形と単純な色彩配分が魅力的だ。日本の古代人の芸術性の高さに感銘を受けた。5世紀前半に朝鮮半島から窯を使って焼成する炻器である須恵器の技術が伝わり、奈良時代には三彩陶器などが生まれる。そして平安時代初期に淡緑色の灰釉陶器が作られ、施釉陶器が発展していく。一方、国宝《秋草文壺》(平安時代、12世紀)は渥美窯で炻器の系譜だ。黄土色の表面に薄(すすき)やトンボを線刻し、豪快さも感じられる。
   鎌倉時代に禅宗と共に喫茶文化が生まれ、室町から安土桃山時代に茶陶が盛んになる。侘茶を大成した千利休(1522~91)に教えを受けた長次郎(生没年不詳)は、手捏ねの独創的な楽焼を作る。その重要文化財《黒楽茶碗 銘ムキ栗》(安土桃山時代・16世紀)は手にすっぽり入るような黒い四角い茶碗。小ぶりだが主張が強い。華やかな美濃窯や唐津窯、また鼠志野や織部焼も紹介される。京都の御室窯を始めた野々村仁清(生没年不詳)による重要文化財《色絵月梅図茶壺》(江戸時代・17世紀)は月のような丸い形の表面に、月と梅を配し、華麗で人の心に染み入る世界が展開。圧巻の色絵陶器だ。
   また、江戸時代に佐賀県有田で磁土が発見され、日本に磁器が登場する。伊万里焼が興り、中国に代わってヨーロッパに数多く輸出され好評を得る。鍋島藩が藩窯で制作した鍋島焼の《色絵柴垣図大皿》(江戸時代・17~18世紀)は端正で日本的な美しさが心に残る。
   なお中国陶磁について、筆者は先に東京国立博物館にて開催された「台北 國立故宮博物院展 神品至宝」(11月30日まで九州国立博物館にて開催中。)にて観た北宋の徽宗コレクションの汝窯作品を、本展の流れの延長につなげてみることができた。
   本展を通して、東アジアの3つの国の相互の文化的な深いつながりと独自性を知ることができた。会場を出るとき、充実感とともに晴れやかな気持ちを味わった。東アジアという地域が生んだ陶磁の多彩な世界。是非お楽しみください。展覧会図録もお薦めします。

【参考文献】
1) 東京国立博物館 編集:『2014年日中韓国立博物館合同企画特別展 東アジアの華 陶磁名品展』(展覧会図録)、東京国立博物館 発行、2014年。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2014年10月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

Exif_JPEG_PICTURE
写真1 会場風景。2級文物≪三彩馬≫(中国陶磁)。(撮影:I.HOSOKAWA)

Exif_JPEG_PICTURE
写真2 会場風景。左から≪青磁双龍筆架≫≪青磁竹櫛文水注≫(韓国陶磁)。(撮影:I.HOSOKAWA)

Exif_JPEG_PICTURE
写真3 会場風景。≪火焰型土器≫(日本陶磁)。(撮影:I.HOSOKAWA)

Exif_JPEG_PICTURE
写真4 会場風景。仁清 重要文化財≪色絵月梅図茶壺≫(日本陶磁)。撮影:I.HOSOKAWA)


【展覧会英語名】
Joint Special Exhibition of National Museums, Japan, China and Korea, 2014
East Asian Elegance: Masterpieces of Ceramics
【会期・会場】
2014年9月20日~11月24日 東京国立博物館 本館特別5室
<詳細 > http://www.tnm.jp/
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル)

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2014年10月22日