詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

「飛騨の円空—千光寺とその周辺の足跡」展

●慈愛に満ちた木彫の円空仏たち
円空(えんくう)の造った木彫の仏像や神像の造形の面白さと同時に、日本人の木や森に対する信仰の伝統や、江戸時代の庶民の祈りが、21世紀の私たちに体感的に伝わってくる優れた展覧会である。是非ゆっくりと時間をとって円空仏を楽しんでほしい。
東京国立博物館の本館入り口をはいってすぐ奥にある特別第5室に足を踏み入れると、まず可愛らしい「賓頭慮尊者坐像(びんずるそんじゃざぞう)」(千光寺所蔵)に会える。目にも口元にも優しい微笑みをたたえて座る、高さ50cm弱のお坊さんの像だ。愛嬌があり親しみ深くて惹きつけられた。思わずこちらも微笑んでしまう。円空自身の像ともいわれ、頭や身体がつや光りしているのは、撫でると病気が治るし病気にならないとして人々に長く撫でられたてきたからとのこと。
回り込むように室内に入っていくと、大小さまざまの円空仏が林立している。その数100体。なんだか森にいるような気分になる。
中央には、高さ2mを越す「金剛力士(仁王)立像 吽形(こんごうりきし(におう)りゅうぞう うんぎょう)」(千光寺所蔵)が置かれている。大変な迫力だ。これは、地面に生えたままの二本の立木に2体の仁王像(阿形と吽形)を直接彫ったもののうちの一体という。木という自然の造形と人の技の結合と対立が、この仁王像にみなぎる活力を与えている。古代に造られた造形物のようにも、現代彫刻のようにも見える。円空がこの立ち木を見つけて仁王像を彫ろうと決めたときのこと、彼が彫っているところ、そのとき周りに人々がいたとしたらどのような気持ちで見守っていたのだろう、などと想像すると胸が騒ぐ。後に書かれた円空の伝記にもこの像のことが記されているそうだ。今回初めて寺から外に出た円空仏である。
「両面宿儺坐像(りょうめんすくなざぞう)」(千光寺所蔵)も見応えがある。円空の屈指の傑作といわれるものだ。高さは90cmに満たない像だが、精緻な彫刻が施され、堂々としている。この像は先の仁王像とともに、私のもつ円空仏の素朴なイメージを完全に覆した。正面と向かって右側に大中の表情の違う二つの顔がある。岩に座し両手に斧をもつ。周りに円の模様のある光背が囲む。大きく彫る、直線で彫る、曲線を使うなど彫刻の手法もうまく使われ、バランスがよい。二つの顔は小さい方が怒っている。両者の表情が細かく刻み分けてある。斧を持つ手にはなんと爪も表現されているではないか。「両面宿儺」とは、『日本書紀』の仁徳天皇六十五年条に登場する飛騨の国の人。前後に二つの顔を持ち、手に剣と弓矢を持つとされる。しかし円空は、顔を二つとも正面に向かせて造るなど、『日本書紀』の記述とは異なる独創的な造形を生み出した。この像も初めて寺を出たものだ。
「その他見ていくと、たくさんの微笑む観音様が並ぶ「三十三観音立像」(千光寺)、村に魔物や疫病が入るのを拒むという背の高い「護法神立像」(千光寺)など、神仏像それぞれに面白みがある。」
多くの円空仏は薪を割るように縦に木を割って、表面を鉈や鑿で豪快に彫刻した鉈彫りで造られ、木肌や木目や木の節が鑿あとと共に見て取れる。彩色はされていない。だから木の質感を強く感じる。裏面は彫られず平らなので、像は深い浮彫ともいえるだろう。裏には円空の墨筆で梵字や制作地などが書かれている。ここある像はすべて飛騨の木からつくられたとのことだが、木が、いや木に宿る神や仏や霊性が、円空の手を借りてそのまま仏や神の姿になったように思える。
円空は、江戸時代の17世紀後半に活躍した僧である。幕藩体制が整ってきた頃の1632年(寛永9年)、今の岐阜県南部にあたる美濃国(みののくに)に生まれ、1695年(元禄8年)に同じく美濃国の関の弥勒寺で亡くなった。松尾芭蕉、井原西鶴の活躍時期と重なる。円空は1666年(寛文3年)以降30年にわたって近畿から北海道まで各地を巡り、修業を積み、霊山に登った。そして立ち寄った村落で人々の切実な祈りに寄り添い、求めに応じてたくさんの仏像を造った。人々から「円空さん」と呼ばれて慕われ、円空仏たちは各地の寺社や祠堂などで大切に永く守られてきた。現在、円空仏は5000体以上も知られているが、特に故郷の美濃、隣国の飛騨(岐阜県北部)および尾張(愛知県)に集中して多く残存している。
本展覧会では、円空ゆかりの寺である飛騨の千光寺(岐阜県高山市)所蔵の61体に加え、高山市所在の計100体の円空仏が出品され、円熟期の像がそろっている。
祈りの森のように立ち並ぶ飛騨の円空仏たち。ここに立っていると、円空さんと人々とが語らう声が聞こえてくるようだ。「円空さん、日照りが続いてほとほと困っています。雨乞いの神様仏様を彫っていただけないでしょうか」「はい、造りましょう」「ありがとうございます」。祈りの気持ちはいつの時代にも共通する。
HOSOKAWA Fonte Idumi
展覧会正式名称:東京国立博物館140周年
特別展「飛騨の円空—千光寺とその周辺の足跡」
場所:東京国立博物館 本館 特別第5室
TEL:03−5777−8600
期間:2013年1月12日〜4月7日(月曜日は休館)

2013年1月23日