詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展《歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能》

開催中〜2024/05/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

百年後芸術祭 -内房総アートフェス-

開催中〜2024/05/26

芸術祭(市原市・木更津市・君津市・袖ケ浦市・富津市の内房総5市)

千葉県・市原市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市の内房総5市

特別展 雪舟伝説―「画聖(カリスマ)」の誕生―

開催中〜2024/05/26

京都国立博物館

京都府・京都市

月岡芳年 月百姿

開催中〜2024/05/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

開催中〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

開催中〜2024/06/02

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

1950〜60年代の日本画―造形への挑戦

開催中〜2024/06/02

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

遠距離現在 Universal / Remote

開催中〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

開催中〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

開催中〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

開催中〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

名作展「大画面の奔流―川端龍子の『会場芸術』再考」

開催中〜2024/06/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「法然と極楽浄土」

開催中〜2024/06/09

東京国立博物館

東京都・台東区

平野杏子展 – 生きるために描きつづけて

開催中〜2024/06/09

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

開催中〜2024/06/09

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

青山悟 刺繍少年フォーエバー

開催中〜2024/06/09

目黒区美術館

東京都・目黒区

没後120年 エミール・ガレ展 奇想のガラス作家

開催中〜2024/06/09

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

サントリー美術館コレクション展 名品ときたま迷品

開催中〜2024/06/16

サントリー美術館

東京都・港区

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

開催中〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

創刊50周年記念 花とゆめ展

2024/05/24〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

2024/06/01〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

2024/06/08〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

2024/06/01〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

2024/06/01〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

2024/06/11〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

2024/05/30〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

2024/06/04〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

2024/05/23〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

META real 2016 
新旧入れ替えたメンバーで再スタート

  日本画の伝統的な画材や技法を受け継ぎながらも、現代社会を生きるうえでの表現を模索し、可能性を切り開こうとする作家によるグループ展「META」の2016年展が、3月29日から4月10日まで、神奈川県民ホールギャラリーで開かれている。
  「META」とは、「無秩序の、世代を超えた、独自の、変容する」という意味で、明治時代から築かれてきたピラミッド型の日本画壇社会に異議を呈したグループとして、松本俊喬、村松秀太郎を中心に1998年に発足。日本橋の丸善ギャラリーで2002年まで開催した後に一時活動を休止したが、2005年の神奈川県民ホールギャラリーでの開催を機に新たなスタートを切り、その後ほぼ毎年、複数の会場で展覧会を開催。今回は2011年の同ホールでの開催以来5年ぶりとなる。98年の創設時から出品していた斉藤典彦、山本直彰、岡村桂三郎らが退き、META初の女性2人、長谷川幾与、吉澤舞子と青秀祐、千葉大二郎の4人が新メンバーとして加わった。「組織に属さない自由」よりもさまざまな「固定概念からの解放」を目指している。

・空間を意識した巨大作品
  今回の出品者は前述の4人のほかに市川裕司、梶岡俊幸、木島孝文、酒井祐二、佐藤裕一郎、竹内啓、長沢明、吉田有紀の8人。全12人がホールの1階と地下のスペースを存分に使った平面や立体的な空間演出をともなう巨大作品を展示していることが特徴のひとつだ。
  中でも、市川裕司の《世界樹Ⅴ》は、1階から地下への吹き抜けのスペースに、ポリカーボネートという透明なフィルムに箔を施した長さ12m、幅6mほどの幕を吊るしたMETA展ならではの作品といえるだろう。4月3日に神奈川芸術文化財団学芸員でMETAを応援しているという中野仁詞を進行役に行われたギャラリートークで、2010年にも同じスペースに作品を展示していることをふまえ、「2フロア分の高さの空間に対してどのように展開するかという問題提起があった。過去には300kgほどの重さのある作品を作っていたが、2010年のMETAで反重力的なニュアンスを持たせる発想に展開したことが、僕にとっては大きな事件だった。今回の作品も50kgほどの重さしかなく、畳んで軽自動車1台で運べる」と述べた。「世界中の誰もが知っているリンゴの型がくり抜かれた」フィルムが弧を描くように天井から吊るされた「空間絵画」。床には一つだけリンゴが置いてあり、さまざまなストーリーを想像することができる作品だ。

  2001年からMETA展に参加し、今回から最も古株のメンバーとなった長沢明は約4.5m四方の大作≪マザー≫を発表した。虎が描かれた門をイメージした板に絵馬や千社札を表す形が配された作品。トークでは「誰もが母親のゲートを通って出現する」ことを根底とし、「人間の業や念、性など、自分で見てみたいものを作った」と語った。

  墨とシーツによる不定形な形が画面に表れた酒井祐二の《Bedsheets #67》は、横9m縦2.55mの画面に淡い墨色の線や点が空気が漂うように浮かびあがり、春の訪れを感じさせるような大作だ。これまでの酒井の作品は、縦方向に連続した線が描かれることが多かったが、今回は「横幅の9mにわたって繋がる形にしてみたい」という思いがあり、全体を捉えるように制作した。支持体を紙から綿布に変えたことも、「形がふんわりと見える」表現に繋がったようだ。

・女性作家が初参加
  META初の女性作家の一人、長谷川幾与は《リリーフィールド#1》と《リリーフィールド#2》を発表した。トークでは最初に「主に心象風景を描いていて、自分が行きたい場所を空想しながらそれを絵にしていく」と述べ、「#1は沖縄県の離島、伊江島にあるリリーフィールド公園を、#2では大学の通学路に咲くカサブランカを題材にした。集合と個の違いの面白さを感じ、2つを連作として展示した」と話した。ユリはずっと描きたいと思っていたモチーフで、今回初めて作品にしたという。「おしべとめしべがむき出しになっていて、色っぽさを感じる花のひとつ。#2では緑の中で花の白がわっと主張するような不思議な感覚があり、きれいというよりもおばけのような不気味さと違和感を覚え、その時の印象を表現した」。画材は主に和紙と墨で、それぞれの特色を生かして、素材が自分に与える対話を取り入れながら描いているという。
  METAに初参加したことに関しては、「METAというと大作を描かなくてはという意識があり、それも一つの特徴だと思う。マチエールや作品の厚みで説得力を持たせる作家が多いが、うす塗りのやわらかい表現で描いた方が自分らしいのではないかと思い、意識しながら制作した」と話した。

  今回は、最年長で1960年生まれの竹内啓から最も若い1992年生まれの千葉大二郎までをメンバーとし、若返ったMETA。次回の発表は2年後の予定。

執筆:西澤美子(文中・敬称略)


META real 2016

3月29日(火)~4月10日(日)※会期中無休
神奈川県民ホールギャラリー(横浜市中区山下町3-1)
☎045-662-5901
9時~18時(最終日15時)
入場無料
詳細:http://metareal.weebly.com/

写真キャプション
①  市川裕司《世界樹Ⅴ》2016年
②  長沢明(右)と《マザー》2015年。左は中野仁詞(左)
③  酒井祐二《Bedsheets #67》2016年
④  長谷川幾与と《リリーフィールド#1》(右)、《リリーフィールド#2》いずれも2016年

2016年4月10日