詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

META real 2016 
新旧入れ替えたメンバーで再スタート

  日本画の伝統的な画材や技法を受け継ぎながらも、現代社会を生きるうえでの表現を模索し、可能性を切り開こうとする作家によるグループ展「META」の2016年展が、3月29日から4月10日まで、神奈川県民ホールギャラリーで開かれている。
  「META」とは、「無秩序の、世代を超えた、独自の、変容する」という意味で、明治時代から築かれてきたピラミッド型の日本画壇社会に異議を呈したグループとして、松本俊喬、村松秀太郎を中心に1998年に発足。日本橋の丸善ギャラリーで2002年まで開催した後に一時活動を休止したが、2005年の神奈川県民ホールギャラリーでの開催を機に新たなスタートを切り、その後ほぼ毎年、複数の会場で展覧会を開催。今回は2011年の同ホールでの開催以来5年ぶりとなる。98年の創設時から出品していた斉藤典彦、山本直彰、岡村桂三郎らが退き、META初の女性2人、長谷川幾与、吉澤舞子と青秀祐、千葉大二郎の4人が新メンバーとして加わった。「組織に属さない自由」よりもさまざまな「固定概念からの解放」を目指している。

・空間を意識した巨大作品
  今回の出品者は前述の4人のほかに市川裕司、梶岡俊幸、木島孝文、酒井祐二、佐藤裕一郎、竹内啓、長沢明、吉田有紀の8人。全12人がホールの1階と地下のスペースを存分に使った平面や立体的な空間演出をともなう巨大作品を展示していることが特徴のひとつだ。
  中でも、市川裕司の《世界樹Ⅴ》は、1階から地下への吹き抜けのスペースに、ポリカーボネートという透明なフィルムに箔を施した長さ12m、幅6mほどの幕を吊るしたMETA展ならではの作品といえるだろう。4月3日に神奈川芸術文化財団学芸員でMETAを応援しているという中野仁詞を進行役に行われたギャラリートークで、2010年にも同じスペースに作品を展示していることをふまえ、「2フロア分の高さの空間に対してどのように展開するかという問題提起があった。過去には300kgほどの重さのある作品を作っていたが、2010年のMETAで反重力的なニュアンスを持たせる発想に展開したことが、僕にとっては大きな事件だった。今回の作品も50kgほどの重さしかなく、畳んで軽自動車1台で運べる」と述べた。「世界中の誰もが知っているリンゴの型がくり抜かれた」フィルムが弧を描くように天井から吊るされた「空間絵画」。床には一つだけリンゴが置いてあり、さまざまなストーリーを想像することができる作品だ。

  2001年からMETA展に参加し、今回から最も古株のメンバーとなった長沢明は約4.5m四方の大作≪マザー≫を発表した。虎が描かれた門をイメージした板に絵馬や千社札を表す形が配された作品。トークでは「誰もが母親のゲートを通って出現する」ことを根底とし、「人間の業や念、性など、自分で見てみたいものを作った」と語った。

  墨とシーツによる不定形な形が画面に表れた酒井祐二の《Bedsheets #67》は、横9m縦2.55mの画面に淡い墨色の線や点が空気が漂うように浮かびあがり、春の訪れを感じさせるような大作だ。これまでの酒井の作品は、縦方向に連続した線が描かれることが多かったが、今回は「横幅の9mにわたって繋がる形にしてみたい」という思いがあり、全体を捉えるように制作した。支持体を紙から綿布に変えたことも、「形がふんわりと見える」表現に繋がったようだ。

・女性作家が初参加
  META初の女性作家の一人、長谷川幾与は《リリーフィールド#1》と《リリーフィールド#2》を発表した。トークでは最初に「主に心象風景を描いていて、自分が行きたい場所を空想しながらそれを絵にしていく」と述べ、「#1は沖縄県の離島、伊江島にあるリリーフィールド公園を、#2では大学の通学路に咲くカサブランカを題材にした。集合と個の違いの面白さを感じ、2つを連作として展示した」と話した。ユリはずっと描きたいと思っていたモチーフで、今回初めて作品にしたという。「おしべとめしべがむき出しになっていて、色っぽさを感じる花のひとつ。#2では緑の中で花の白がわっと主張するような不思議な感覚があり、きれいというよりもおばけのような不気味さと違和感を覚え、その時の印象を表現した」。画材は主に和紙と墨で、それぞれの特色を生かして、素材が自分に与える対話を取り入れながら描いているという。
  METAに初参加したことに関しては、「METAというと大作を描かなくてはという意識があり、それも一つの特徴だと思う。マチエールや作品の厚みで説得力を持たせる作家が多いが、うす塗りのやわらかい表現で描いた方が自分らしいのではないかと思い、意識しながら制作した」と話した。

  今回は、最年長で1960年生まれの竹内啓から最も若い1992年生まれの千葉大二郎までをメンバーとし、若返ったMETA。次回の発表は2年後の予定。

執筆:西澤美子(文中・敬称略)


META real 2016

3月29日(火)~4月10日(日)※会期中無休
神奈川県民ホールギャラリー(横浜市中区山下町3-1)
☎045-662-5901
9時~18時(最終日15時)
入場無料
詳細:http://metareal.weebly.com/

写真キャプション
①  市川裕司《世界樹Ⅴ》2016年
②  長沢明(右)と《マザー》2015年。左は中野仁詞(左)
③  酒井祐二《Bedsheets #67》2016年
④  長谷川幾与と《リリーフィールド#1》(右)、《リリーフィールド#2》いずれも2016年

2016年4月10日