詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

開催中〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

開催中〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展Ⅲ「お雛さま―岩﨑小彌太邸へようこそ」

開催中〜2023/03/26

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

VOCA展2023

開催中〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

仏具の世界 信仰と美のかたち

開催中〜2023/03/31

根津美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

開催中〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

開催中〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

開催中〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

開催中〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

真鍋大度 特別企画展「EXPERIMENT」

2023/04/01〜2023/05/10

清春芸術村・光の美術館

山梨県・北杜市

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

開催中〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

東京国立近代美術館70周年記念展「重要文化財の秘密」

開催中〜2023/05/14

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

【特別展】世界遺産登録10周年記念 富士と桜 ―北斎の富士から土牛の桜まで―

開催中〜2023/05/14

山種美術館

東京都・渋谷区

企画展「北斎バードパーク」

開催中〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

特別展 大阪市立東洋陶磁美術館 安宅コレクション名品選101

開催中〜2023/05/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

モノクロームの表現

2023/04/08〜2023/05/28

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

さくらももこ展

2023/04/22〜2023/05/28

そごう美術館

神奈川県・横浜市

さくらももこ展

2023/04/22〜2023/05/28

そごう美術館

神奈川県・横浜市

フジヤマミュージアム「春の収蔵作品展」

開催中〜2023/05/28

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

開催中〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

開催中〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

深瀬昌久 1961-1991 レトロスペクティブ

開催中〜2023/06/04

東京都写真美術館

東京都・目黒区

アルフォンス・ ミュシャ展

2023/04/07〜2023/06/04

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

特別展「明治美術狂想曲」

2023/04/08〜2023/06/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

開催中〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

開催中〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

細川護熙 美の世界

2023/04/08〜2023/06/11

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

山梨県立美術館コレクションREMIX

2023/04/22〜2023/06/11

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

大阪の日本画

2023/04/15〜2023/06/11

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ルーヴル美術館展 愛を描く

開催中〜2023/06/12

国立新美術館

東京都・港区

さばかれえぬ私へ Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023 受賞記念展

開催中〜2023/06/18

東京都現代美術館

東京都・江東区

麻生三郎展 三軒茶屋の頃、そしてベン・シャーン

2023/04/22〜2023/06/18

世田谷美術館

東京都・世田谷区

MOTコレクション 被膜虚実/Breathing めぐる呼吸

開催中〜2023/06/18

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「The Original」

開催中〜2023/06/25

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

猪熊弦一郎展『いのくまさん』

2023/04/15〜2023/06/25

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

豊島区立 熊谷守一美術館 特別企画展 熊谷守一美術館38周年展

2023/04/11〜2023/07/02

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

特集展示「修験と密教の美術 祖師とみほとけ」

開催中〜2023/07/09

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

霊気を彫り出す彫刻家 大森暁生展

2023/06/03〜2023/07/09

そごう美術館

神奈川県・横浜市

谷川俊太郎 絵本★百貨展

2023/04/12〜2023/07/09

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

【特別展】小林古径 生誕140年記念 小林古径と速水御舟 ―画壇を揺るがした二人の天才―

2023/05/20〜2023/07/17

山種美術館

東京都・渋谷区

恐竜図鑑 ― 失われた世界の想像/創造

2023/05/31〜2023/07/22

上野の森美術館

東京都・台東区

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

開催中〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

石黒亜矢子展 ばけものぞろぞろ ばけねこぞろぞろ

2023/04/29〜2023/09/03

世田谷文学館

東京都・世田谷区

企画展「藤田嗣治 猫と少女の部屋」

開催中〜2023/09/12

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

森美術館開館20周年記念展 ワールド・クラスルーム:現代アートの国語・算数・理科・社会

2023/04/19〜2023/09/24

森美術館

東京都・港区

美しき時代(ベル・エポック)と異彩のジュエリー

2023/04/29〜2023/11/26

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

Exhibitions

META real 2016 
新旧入れ替えたメンバーで再スタート

  日本画の伝統的な画材や技法を受け継ぎながらも、現代社会を生きるうえでの表現を模索し、可能性を切り開こうとする作家によるグループ展「META」の2016年展が、3月29日から4月10日まで、神奈川県民ホールギャラリーで開かれている。
  「META」とは、「無秩序の、世代を超えた、独自の、変容する」という意味で、明治時代から築かれてきたピラミッド型の日本画壇社会に異議を呈したグループとして、松本俊喬、村松秀太郎を中心に1998年に発足。日本橋の丸善ギャラリーで2002年まで開催した後に一時活動を休止したが、2005年の神奈川県民ホールギャラリーでの開催を機に新たなスタートを切り、その後ほぼ毎年、複数の会場で展覧会を開催。今回は2011年の同ホールでの開催以来5年ぶりとなる。98年の創設時から出品していた斉藤典彦、山本直彰、岡村桂三郎らが退き、META初の女性2人、長谷川幾与、吉澤舞子と青秀祐、千葉大二郎の4人が新メンバーとして加わった。「組織に属さない自由」よりもさまざまな「固定概念からの解放」を目指している。

・空間を意識した巨大作品
  今回の出品者は前述の4人のほかに市川裕司、梶岡俊幸、木島孝文、酒井祐二、佐藤裕一郎、竹内啓、長沢明、吉田有紀の8人。全12人がホールの1階と地下のスペースを存分に使った平面や立体的な空間演出をともなう巨大作品を展示していることが特徴のひとつだ。
  中でも、市川裕司の《世界樹Ⅴ》は、1階から地下への吹き抜けのスペースに、ポリカーボネートという透明なフィルムに箔を施した長さ12m、幅6mほどの幕を吊るしたMETA展ならではの作品といえるだろう。4月3日に神奈川芸術文化財団学芸員でMETAを応援しているという中野仁詞を進行役に行われたギャラリートークで、2010年にも同じスペースに作品を展示していることをふまえ、「2フロア分の高さの空間に対してどのように展開するかという問題提起があった。過去には300kgほどの重さのある作品を作っていたが、2010年のMETAで反重力的なニュアンスを持たせる発想に展開したことが、僕にとっては大きな事件だった。今回の作品も50kgほどの重さしかなく、畳んで軽自動車1台で運べる」と述べた。「世界中の誰もが知っているリンゴの型がくり抜かれた」フィルムが弧を描くように天井から吊るされた「空間絵画」。床には一つだけリンゴが置いてあり、さまざまなストーリーを想像することができる作品だ。

  2001年からMETA展に参加し、今回から最も古株のメンバーとなった長沢明は約4.5m四方の大作≪マザー≫を発表した。虎が描かれた門をイメージした板に絵馬や千社札を表す形が配された作品。トークでは「誰もが母親のゲートを通って出現する」ことを根底とし、「人間の業や念、性など、自分で見てみたいものを作った」と語った。

  墨とシーツによる不定形な形が画面に表れた酒井祐二の《Bedsheets #67》は、横9m縦2.55mの画面に淡い墨色の線や点が空気が漂うように浮かびあがり、春の訪れを感じさせるような大作だ。これまでの酒井の作品は、縦方向に連続した線が描かれることが多かったが、今回は「横幅の9mにわたって繋がる形にしてみたい」という思いがあり、全体を捉えるように制作した。支持体を紙から綿布に変えたことも、「形がふんわりと見える」表現に繋がったようだ。

・女性作家が初参加
  META初の女性作家の一人、長谷川幾与は《リリーフィールド#1》と《リリーフィールド#2》を発表した。トークでは最初に「主に心象風景を描いていて、自分が行きたい場所を空想しながらそれを絵にしていく」と述べ、「#1は沖縄県の離島、伊江島にあるリリーフィールド公園を、#2では大学の通学路に咲くカサブランカを題材にした。集合と個の違いの面白さを感じ、2つを連作として展示した」と話した。ユリはずっと描きたいと思っていたモチーフで、今回初めて作品にしたという。「おしべとめしべがむき出しになっていて、色っぽさを感じる花のひとつ。#2では緑の中で花の白がわっと主張するような不思議な感覚があり、きれいというよりもおばけのような不気味さと違和感を覚え、その時の印象を表現した」。画材は主に和紙と墨で、それぞれの特色を生かして、素材が自分に与える対話を取り入れながら描いているという。
  METAに初参加したことに関しては、「METAというと大作を描かなくてはという意識があり、それも一つの特徴だと思う。マチエールや作品の厚みで説得力を持たせる作家が多いが、うす塗りのやわらかい表現で描いた方が自分らしいのではないかと思い、意識しながら制作した」と話した。

  今回は、最年長で1960年生まれの竹内啓から最も若い1992年生まれの千葉大二郎までをメンバーとし、若返ったMETA。次回の発表は2年後の予定。

執筆:西澤美子(文中・敬称略)


META real 2016

3月29日(火)~4月10日(日)※会期中無休
神奈川県民ホールギャラリー(横浜市中区山下町3-1)
☎045-662-5901
9時~18時(最終日15時)
入場無料
詳細:http://metareal.weebly.com/

写真キャプション
①  市川裕司《世界樹Ⅴ》2016年
②  長沢明(右)と《マザー》2015年。左は中野仁詞(左)
③  酒井祐二《Bedsheets #67》2016年
④  長谷川幾与と《リリーフィールド#1》(右)、《リリーフィールド#2》いずれも2016年

2016年4月10日