詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

ヤマザキマリの世界

開催中〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

髙田安規子・政子 Four seasons

  東京・世田谷の住宅地にあるGALLERY TAGA2で髙田安規子・政子の四季をテーマとした展覧会が開かれている。
  双生児ユニットの2人は、トランプに刺繍をして大きな絨毯に見立てたり、軽石で円形競技場を表現したり、今年2月に当サイトでも紹介したMOA美術館の「光琳アート 光琳と現代美術」で尾形光琳の《燕子花図屏風》の切手をレース編みにした作品を出品するなど、日常にあるありふれたものに細密な技巧で手を加え、壮大なスケールのものを小さなものの中に閉じ込めることで、スケールも価値も異なるものに転換する作品を作っている。今回は「身近なものの中に大きな時間の流れが表れるように、四季の循環を表現した」。また、ギャラリーの室内空間の雰囲気を崩さないよう考慮し、作品の素材を選択し制作した。

●カーテン、皿、クロスの絵柄が四季の情景に
  2階建ての建物の上の階の洋間には、カーテン、皿、テーブルクロスを用いて制作した3作品を展観し、「ギャラリーをリビングのような日常空間へと様変わりさせている」。いずれも白やベージュ、ブルーなど「単色の柄のインテリア用品に鮮やかな色彩を装飾的に加えることで、四季の移り変わりを際立たせた」。

  カーテンの作品は《Turning of the seasons/季節の移ろい》。森や田園の風景がベージュ色にプリントされたカーテンの木の絵柄にリボン刺繍が施され、花が咲き、緑が深まり、紅葉し、雪が降り積もる情景が浮かび上がっている。四季がクローズアップされると同時に、際立つ色彩が周囲の空気を明るくする。
  「カーテンの柄は風景がパターンとして繰り返されるので、四季が1年間ではなくて、ずっと循環していくことで大きな時間の流れになることを感じさせてくれる」。
  制作で苦労した一つは生地選びで、「捜すまでに時間がかかった」という。使用したのはアメリカの生地。フランスなどにも同様の柄の生地はあるが、人物が入っていることが多く、今回は自然の情景だけが描かれているものを捜していたため、この1枚しか見あたらなかった。また、リボン刺繍も初めての挑戦だったという。

  皿を用いた作品は《Four seasons plates/四季の皿》。4枚の陶磁器の絵皿に描かれた、葉のついていない落葉樹にトールペイントで葉を描き足し、それぞれを春夏秋冬の風景に作り替えた。小さな皿の中に季節が収まっている。

  テーブルクロスを用いたのは《Leaves/葉》。木製のテーブルに掛けられたリーフ柄のテーブルクロスの柄の葉の部分を刺繍した。若葉が濃い緑色になり、紅葉して落ち葉となって、雪の結晶が付く変化を示したインスタレーション作品。「テーブルから落下した落ち葉は、やがて腐葉土となり、堆肥化し、樹木の芽吹きのエネルギー源になる。そうした自然のサイクルを暗示している」。

  3つの作品を通して「日々の暮らしの中で季節を感じる時、それは延々と繰り返されている大きな時の流れの一時であることを思い起こしてみてほしい」という。

  なお、1階では、四季が生まれるメカニズムを見せるため、太陽の光をあてると紙が焼けることを利用した《紫外線ドローイング》3点を発表している。いずれも太陽に関する図柄を用いている。

  髙田安規子と政子は1978年東京都生まれ。安規子は2001年多摩美術大学を、政子は同年東京造形大学を卒業。2005年2人共にロンドン大学スレード校美術学部修士課程修了。主なグループ展に「MOTアニュアル2014フラグメントー未完のはじまり」(東京都現代美術館)2014年、「春を待ちながら」(青森・十和田市現代美術館)2015年、「光琳アート 光琳と現代美術」(静岡・MOA美術館)2015年など。

執筆・西澤美子(文中敬称略)

髙田安規子・政子 Four seasons
10月29日(木)~11月24日(火)※水・日曜・祝日休廊
12時~19時(最終日17時まで)
GALLERY TAGA2(東京都世田谷区祖師谷1-34-2)
☎03-6411-5590
詳細http://gallerytaga2.com

写真キャプション
①《Turning of the seasons/季節の移ろい》
②《Turning of the seasons/季節の移ろい》(部分)
③《Four seasons plates/四季の皿》
④《Leaves/葉》
⑤《Leaves/葉》(部分)

2015年11月21日