詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展II
「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」

  • 静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) (東京都・千代田区)

 2022年10月、世田谷区岡本から東京・丸の内の「明治生命館」に展示ギャラリーを移転した静嘉堂文庫美術館。新美術館「静嘉堂@丸の内」の開館記念展第2弾として、丸の内で迎える初の新年を寿ぐ華やかな展覧会「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」が開催されている。

五世大木平藏《木彫彩色御所人形》のうち「宝船曳」展示風景
五世大木平藏《木彫彩色御所人形》のうち「宝船曳」展示風景

 本展の大きな見どころは、七福神を中心とした総数58体、人数にして61人に及ぶ御所人形の全員が兎の冠を戴いて一堂に並ぶこと。「兎の冠」が今年の干支にぴったりだが、実はこれは三菱第4代社長であり、財団法人静嘉堂を設立した岩﨑小彌太(1879〜1945)が卯年生まれだったことにちなむそうだ。夫の還暦を祝う孝子夫人が、「昭和の名工」と誉れの高い京都の人形司・丸平大木人形店の五世大木平藏に製作を依頼。中心を成す宝船にゆったりと座して唐団扇(とううちわ)をふるう布袋(ほてい)は、立派な体躯だったという小彌太をイメージしており、その後ろの輿(こし)に座る弁財天には孝子夫人の容貌が写されているという。

五世大木平藏《木彫彩色御所人形》のうち「輿行列」展示風景
五世大木平藏《木彫彩色御所人形》のうち「輿行列」展示風景

 精緻に彫られた木彫に胡粉を丁寧に塗り重ね、細やかに彩色を施して仕上げた御所人形たちは、衣装も小道具も仕草も様々だ。長さ10mに及ぶ行列の群像としても圧巻だが、1体1体の出で立ちや表情もつぶさに見ていきたいところ。「宝船曳(たからぶねひき)」「輿行列(こしぎょうれつ)」「楽隊」は中国風の唐子たち、「餅つき」と「鯛車曳(たいぐるまひき)」は日本の着物を着た童たちからなるが、真剣な面持ちで餅をついたり綱を引いたりする子以外は、ほぼ誰もがそれぞれに愛らしい笑みを浮かべているのも印象的だ。色とりどりの衣装の鮮やかさとその笑顔が、祝祭性をいっそう高めている。

五世大木平藏《木彫彩色御所人形》のうち「鯛車曳」展示風景  61人で総数58体となるのは、幼子をおんぶする子などもいるためだ
五世大木平藏《木彫彩色御所人形》のうち「鯛車曳」展示風景  61人で総数58体となるのは、幼子をおんぶする子などもいるためだ

 新春らしいもうひとつの見どころは、吉祥画題の絵画や吉祥モチーフを取り入れた工芸作品の選りすぐりが並ぶこと。兎は不老不死や長寿、多産や子孫繁栄を象徴するが、ほかにも長寿を意味する白梅や松、長春花(バラ)、霊芝、鶴、寿石、あるいは夫婦長寿を表すつがいのシロガシラ、子孫繁栄を表すザクロなど、解説を読んでいくと様々な吉祥画題が描き込まれていることに気づかされる。

中国・明清時代の絵画と日本の江戸後期の絵画の展示風景
中国・明清時代の絵画と日本の江戸後期の絵画の展示風景

 工芸作品では、兎や鶴など吉祥モチーフをかたどった香合など愛らしい作品のほか、お正月らしい懐石の器や宴席の道具などが見どころとなっている。たとえば、「難転(なんてん)」と掛け、「難を転じて幸となす」と解することから、縁起物とされる南天をあしらった《南天蒔絵提重》や金襴手(きんらんで)の艶やかな酒器など、華やいだ器の数々が新春を寿ぐ気持ちを高めてくれる。

《南天蒔絵提重》 江戸時代・18〜19 世紀
《南天蒔絵提重》 江戸時代・18〜19 世紀

 静嘉堂@丸の内には4つの展示ギャラリーがあり、本展も4章仕立てになっているが、中央の広々としたホワイエから各展示室に自由に行き来ができる。吹き抜けの天井から自然光の降り注ぐ格調高いホワイエでゆったり休憩をとるもよし、気になった作品をもう一度見に戻るのもよし。ちなみに、館のコレクションを代表する国宝《曜変天目(稲葉天目)》は、本展でも展示されている。小さな宇宙さながらに青色や虹色にきらめく光彩の茶碗は、何度拝見しても眼福だ。

重要文化財「明治生命館」の建築を活かしたホワイエ
重要文化財「明治生命館」の建築を活かしたホワイエ
国宝《曜変天目(稲葉天目)》 建窯 南宋時代・12~13 世紀
国宝《曜変天目(稲葉天目)》 建窯 南宋時代・12~13 世紀

執筆・写真撮影:中山ゆかり
  
*会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
*冒頭写真:五世大木平藏 《木彫彩色御所人形》(1939年)の展示風景

静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展II
「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」
Commemorating the 130th Anniversary of Seikado and the Opening of the New Museum Inaugural Exhibition Ⅱ
Celebrate the Year of the Rabbit―The Seven Lucky Gods are Coming!
  
【会期・会場】
2023年1月2日(月)〜2月4日(土) 静嘉堂@丸の内(明治生命館1 階)(東京都・千代田区)
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.seikado.or.jp