詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

鏑木清方と江戸の風情展

鏑木清方と言えば、明治の「美人画の巨匠」である。”江戸の情緒”と”明治の文明開化”の社会的雰囲気の中で東京下町;神田須田町に生まれ育ち、生粋の”江戸っ子”である。清方の父・條野採菊は江戸の戯作者(大衆小説家)であり、新聞人(東京日日新聞、やまと新聞を発行)で、浮世絵師・落合芳幾や月岡芳年と深く交流していた。母は芸事・芸人、派手なことが大好きで江戸女の気質であったという。
また祖母っ子だったため、小さいころから”絵草紙・黄表紙”や”挿絵・錦絵”に触れこよなく江戸の文化を満喫していたと思われる。
明治24年(1891)、13歳で浮世絵師月岡芳年の弟子である水野年方に入門し、挿絵画家として修業を始める。明治26年(1893)1月から「やまと新聞」にコマ絵を描くことになり、この年から「清方」の画号を拝受している。
明治30年(1897)挿絵画家の集まりである紫紅会(明治26年書画研究会を中心に結成)は肉筆回覧誌を描いて、「たけくらべ」に寄せる清方の一葉文学への敬慕の強さがうかがえる。紫紅会は一旦途絶えるが、明治34年(1901)に再興され、烏合会となり、これ以降の清方は泉鏡花と出会い、挿絵画家として成功することになる。
明治35年烏合会展に≪一葉女史の墓≫を出品し、のちに”これは生涯の制作に水上となる”と述べた快心作となり、同年≪孤児院≫を出品し日本絵画協会の銅賞を受賞している。このころから挿絵より日本画のほうへ傾注していくことになる。
明治40年(1907)文展(文部省美術展覧会)の開催が発表され、画家たちの間では「異常な緊張と興奮」が起こったという、文展への期待は大きく、≪曲亭馬琴≫の制作に取り掛かり、清方の幼いころからの愛読書「南総里見八犬伝」の著者の滝沢馬琴の生涯を描くが選出されず文展入選まで2年待つことになる。明治42年文展初入選≪鏡≫では、若き美しさに栄華を誇る女性の姿と、年とともに富からも見放されていく零落する様子を描き、人生の浮き沈みを『鏡』をテーマに明確に伝えている。
その後、第4回文展に≪女歌舞伎≫を発表し、六曲一双の大屏風に挑戦して、三等賞首席を獲得している。
第6回文展≪紅雨荘≫、第9回文展≪霽れゆく村雨≫、第10回文展≪露の干ぬ間≫、第15回三越絵画展覧会≪江の島箱根≫≪雪の日≫第12回文展≪ためさるる日≫が秀逸である。

自然あるいは季節の化身として女性を描く、清方美人の成熟度を感じさせる作品を羅列する。
≪道成寺≫(昭和3年)≪朧夜≫(大正14年)≪白雨≫(昭和8年)≪花見幕≫(昭和13年)≪今様浅妻舟≫(昭和13年)≪娘≫(昭和9年)≪蛍≫(昭和15年)≪夏の日盛り≫(昭和21年)≪春雪≫(昭和21年)≪虫の音≫(昭和22年)≪夏ざしき≫(昭和27年)≪粂三髷の女≫

第二章;清方と江戸をめぐる三題
Ⅰ物語と卓上芸術
清方作品における物語性は、小画面による連作の形をとり、「絵巻物の近代化」による”卓上芸術”にある。大正10年≪雨月物語≫始まり、昭和2年≪注文帖≫と昭和9年≪にごりえ≫でふたりの作家-泉鏡花と樋口一葉への尽きない敬慕。
≪娘道成寺≫≪葛葉≫≪夏の雨≫
≪夏の生活≫は大正8年7月から8月にかけて制作された最初の絵日記。29図に心身に涼やかな風の楽しい日々が綴られている。
≪金沢絵日記≫は大正12年8月に制作された四冊目の絵日記。20図からなる。
「文字と絵」-絵巻物・絵草紙への生涯を通じての執着が垣間見られる。

Ⅱ理想郷としての江戸
浮世絵で繰り返し描かれ、親しみ深い隅田川周辺、祖母や父を介して身内に流れる江戸人の情に共感し、場所・季節・歴史・記憶の情が同じ空間を漂う「情」に共鳴してやまないのではないか!!?
≪隅田川両岸(梅若塚・今戸≫≪納涼≫≪夕河原≫≪川開き≫≪柳やおふち≫≪春風春水≫≪春の野遊≫

Ⅲ理想郷としての明治
関東大震災での東京大崩壊のあと回想としての重要な作品があり、昭和2年(1927)の第八回帝展に出品され、帝国美術院賞を受けた作品≪築地明石町≫は幼少期に親しんだ明石町を舞台に知人の女性を明治風俗で描いた名作である。
画業の後半を特徴づける庶民の暮らしという主題が昭和12年≪鰯≫あたりから鮮明になり、16年の自伝的連作≪築地川≫へと続く。
また、太平洋戦争にて東京の町は再び焦土と化す。戦後住まいを鎌倉に移し、喪失感に苛まされ、明治の懐旧の情を募らせ、下町の夏の一日を、思い出されるまま絵巻風に描いた≪朝夕安居≫は遠い昔を懐かしむ情が伝わってくる名作である。
≪絵草紙屋の店≫≪新大橋之景≫≪襟おしろい≫

最初に「美人画の巨匠」と書いたが、実のところ鏑木清方は浮世絵の系譜の美人画家ではなく、挿絵で庶民の生活を描く風俗画家としての評価のほうが高いように感じるのは、私だけだろうか・・・・?!!!
最後に明治期に発刊した新聞・雑誌の挿絵や口絵、同館所蔵の喜多川歌麿、鳥居清長、葛飾北斎、鳥文斎栄之、鈴木春信、歌川豊春、等々、清方が模範とした作品を比較できるように展示されているのはディスプレイの名利である。
相変わらず千葉美術館は、小粒だが小気味の良い展示をされるもんだ。

淫乱齋永泉

開催会場;千葉市立美術館
開催期間;10月19日まで

2014年10月21日