詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

野田弘志「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」 284.2×696.8㎝ 2021年

Exhibitions

野田弘志新作展
神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―

  • ホキ美術館 (千葉県・千葉市)

最後の風景画に生と死を描き込む

 日本の写実絵画の第一人者である野田弘志(1936年~)が、「画家人生で描く最後の風景画」と位置付ける縦約3㍍、横約7㍍の大作「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」を発表した展覧会が、千葉市のホキ美術館で開催されている。同館は世界でも稀な写実絵画の専門館として2010年に開館、約500点のコレクションがある。
 北海道の大自然に魅せられて、自宅のあった神奈川県から北海道に移り住んで約25年。野田は、その雄大な自然を一つのテーマとして描き続けてきた。これまでも、噴火する有珠山を描いた縦2㍍横約4㍍の大作「蒼天」や摩周湖の深い青を表現した「摩周湖・夏天」などが同館に収蔵され、今回も展示されているが、風景画の集大成として選んだ場所は、北海道西部ニセコの山岳丘陵地域にある湿原の中の神仙沼だった。

野田弘志「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」 284.2×696.8㎝ 2021年
野田弘志「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」 284.2×696.8㎝ 2021年

 昨年11月18日に開かれた会見で野田は、以前から最後に描く風景画の場所探しをしていたが、決定感がなく半分諦めかけていた。そんな時、子息が帰省するたびに車で訪れていたこの沼に誘われて行くようになり、次第に「ここでいけるかもしれない」という確かな感触を得るようになったことを語った。「生と死をテーマにずっと描き続けて来たが、ここにはそれが揃っている」という。
 主に雪解け後の6月から7月に取材している。画面をよく見ると、清楚で可憐な三槲(みつがしわ)の白い花が咲いているかと思えば、その葉に止まったまま死んだトンボが雪に埋もれて冬を越し、そのまま姿をとどめている様子が描かれている。対岸の森には新緑の葉が芽吹いているが、木々の合間に白樺が倒れていたり、松の枯れた枝が赤く見えていたりする。野田が昨年取材した際には、赤トンボや糸トンボがつがいでたくさん飛んでいたという。「卵を産んで死ぬわけです。ここにも生と死が含まれています」。

「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」(部分)。トンボが三槲の葉にとまっている
「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」(部分)。トンボが三槲の葉にとまっている

 「この絵は生死が中心で、主役がいない。逆に言えばすべてが主役の風景。自分の絵はキャンバスのどこを取っても価値が高くなければいけないと思っているので、そういう意味では、この絵は中心がないために全体に価値の高いものがぎっしり詰まっていることになる」と言う。

作品について解説する野田弘志
作品について解説する野田弘志

 実はこの作品は、2016年頃から構想し、本来ならば約2年で描きあげる予定だったが、体調が思わしくなかったことから制作が大幅に遅れ、約6年の歳月を費やした。ホキ美術館の創設者で、最大の支援者でもあった保木将夫が昨年6月に逝去し、「私の目の黒いうちに描きなさい」と言われていたのに描けなかったことが悔やまれるという。「保木将夫氏に捧ぐ」という副題をつけたのは「感謝の気持ちをはじめ、いろいろな思いを込めて描いた」ことを示している。
 野田は風景画とともに人物画のシリーズ「崇高なるもの」をテーマのひとつとしている。その特別編として保木将夫の肖像も手掛けていて、同館のギャラリー8で見ることができる。

野田弘志「保木将夫氏の肖像」 2020年
野田弘志「保木将夫氏の肖像」 2020年

 「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」はホキ美術館最大の作品として披露されたが、実は、前述の通り、体調不良などから展覧会初日までに納得の行く表現にたどり着けない見通しになっていた。そのため昨年の4月から10月まで、写実画家の大畑稔浩に制作の一部を手伝ってもらったという。
 さらに「本当はもっとトンボを飛ばしたかったが、3年前に納品しなければならなかったのに、今になってしまったので、絵を運搬するトラックがアトリエに来るギリギリまで描いていたが間に合わなかった。もっとしっかり描き足したいので館長さんにお願いしたところ、年に2回、書き足して良いことになった。死ぬまで美術館に描き足しに来て、糸トンボを飛ばしたり、対岸の木を少し整形してより立体構造になるように陰影をいじってみたりしたい」と語り、理想の完成図に向けて今後も筆を入れることを明らかにした。

野田が北海道の風景を描いた同館収蔵の作品5点すべてが展示されている。
右から「蒼天」2010年、「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」2021年、「摩周湖・夏天」1998年、「天谿・梓川」2002年(この作品のみ長野の風景)、「オロフレ峠」2010年

 野田は「西洋の美術史では写実は過去のもの。それになぜこだわるのかというと、存在のはかなさやすごみをつかまえていくのが写実だと思うから」だと語る。
 「不可能に挑戦する。それをやりたい。85歳になって何を言っているのかと言われそうだが、何とかもう10年生き延びて、挑戦してみようと思っている」とさらなる意欲を燃やしている。
 会場のギャラリー3には、「神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―」のほか、「蒼天」、「摩周湖・夏天」、「オロフレ峠」が展示され、野田が北海道の風景を描いた4点の収蔵品すべてを見ることができる。

ホキ美術館。
ホキ美術館。千葉市最大の公園、昭和の森に隣接している

 野田弘志は1936年韓国生まれ。61年東京芸術大学卒業。83年に「朝日新聞」に連載された加賀乙彦の小説『湿原』の挿画を担当したことがきっかけで、舞台となった北海道に加賀とともに20回近く足を運ぶうちにその自然に魅了され、1996年に北海道にアトリエを構えた。95年から教授として後進の指導にあたっていた広島市立大学芸術学部を2005年に退任後、本格的に移り住む。2018年、天皇、皇后両陛下(現上皇、上皇后陛下)の肖像を描き宮内庁に納めた。

(文中敬称略)

執筆・写真撮影 西澤美子

参考映像:「リアリズムの真実 野田弘志」(BSフジ 2021年12月4日)

野田弘志新作展
神仙沼―保木将夫氏に捧ぐ―

【会期・会場】
2021年11月19日(金)~2022年5月22日(日) ホキ美術館(千葉市・緑区)
※来館の際は前日までにHPか電話で事前予約を
美術館HP:https://www.hoki-museum.jp/