詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

見るは触れる 日本の新進作家 vol.19

 東京都写真美術館が写真・映像の可能性に挑戦する将来性のある作家を発掘するために2002年から開催している「日本の新進作家」展の19回目となる。今回は、写真や映像を触れるようによく見ることで、作品のテクスチュア(手触り)を感じたり、制作のプロセスや背景を想像する力を駆使したりして、より深く作品に迫ろうと試みている。
 基本的に作品には触れることができない美術館での鑑賞の現実と、接触が禁じられたコロナ禍での状況を、“見る”ことにおいて再考する機会にもなっている。
 参加作家は、水木塁、澤田華、多和田有希、永田康祐、岩井優の5人。視覚を通して物質としての手触りを感じさせる作品が個展形式で展示されている。
 その中から多和田有希と岩井優に着目した。

多和田有希「Iam ㏌ You」2016-2022年
多和田有希「Iam ㏌ You」2016-2022年

 多和田有希(1978年静岡県生まれ)は、プリントした写真を燃やしたり削ったりする手法を用いて制作を続けている。今回は燃やす手法を用いた3作品を展示。中でも「Iam ㏌ You」は、海を撮影した16枚の写真が空間を浮遊するように展示され、中央のわずかなスペースを進むことで海の中を歩くような感覚になる。一枚一枚の写真には細かい穴が開いているので室内に映し出される影が空間をより立体的で幻想的なものにしている。この穴は、写真の画像の水の部分だけは燃やし、泡は残すというルールで制作されたことで生み出されたものだ。
 被写体の海は故郷の遠州灘や学生時代を過ごした仙台など太平洋側の海。「東日本大震災の後、3年くらい経ってから海の見方が変わってしまった。見るたびに、靴の中に入った小石みたいな感じで。きれいだけれど見方が変わった海をどうとらえていけばいいのかと考えた時に、自分が撮影してきた海となるべく長時間一緒に過ごす方法」としてこうした手法に至ったと自ら分析する。
 さらにこの作品は、1つの写真を2枚プリントし、1枚は多和田が、もう1枚は母親が、水の部分を燃やしていて、展示室では左右に分けて鏡面のように配されている。離れて暮らす母親との「手紙のような作品」でもある。
 「(震災の)問題を乗り越えるというよりは忘れないように制作した。震災は私だけの問題ではなく、また、問題が大きすぎるということもあり、母と一緒に作れたらいいと思った」という。
 本展担当の遠藤みゆき学芸員は「この作品は一見すると網目状の造形物であり、立体的で生き物のような有機的な存在として私たちの前に現れる。制作のプロセスは作家自身が対峙した現実の問題を自分なりに昇華するためのものであり、他者に開いて行くための時間も重要な要素だ。作品は行為の集積であり、痕跡として存在している。写真の持つ物理的な行為を行うことができる特性と記憶を互換させる記録装置であるという精神的な特性が作品の中で一緒に成立している」という。
 ほかに、大学のワークショップで学生が自ら選んで持ち寄った1枚の写真を燃やし、その様子を眺めた後で作った壺にその灰からできた釉薬をかけて焼き上げたものを並べた「lachrymatory」、自分や家族と動植物の写真を燃やしてコラージュした「Family Ritual」が展示されている。

ワークショップに参加した約50人の作品による「lachrymatory」2021年
ワークショップに参加した約50人の作品による「lachrymatory」2021年

 岩井優(1975年京都府生まれ)は、洗浄・浄化をテーマとした映像作品やパフォーマンスを発表してきた。テーマに関連するコミュニティに参加することで制作につなげている。今回は、東日本大震災後の原発事故で放出された放射性物質の除染作業に約3年間携わり、その際の休憩時間に見えた空や作業現場を映した映像や写真で構成された「Control Diaries」を展観している。
 その中の「経験的空模様#3」は、高さ約4mの木製のドーム型構造物に32面のフレームが組み込まれ、一つのフレームに対して一日の空の映像がループして映し出される作品。岩井が、「記録というよりは日誌のようなものとして撮影していた」というその空は、一見するときれいな青空だが、空中線量も空間線量も高い地域の空だ。岩井はその空の下で道路や建物を洗浄したり、汚染された土を専用の袋に詰めたりする作業に従事していた。「空を見てもストレートにきれいだと言えなくなった。見えない汚染に対するアプローチが震災後に変化し、きれいという根拠や言葉の意味合いが変わった」という。「きれいだと思う感情とそうではないと思う感情、そうした未分化の気持ちを大事にし、心のざわめきや感情の揺れ動きを作品で表現できたら」と考えている。興味を抱く対象が空や道路など、境界線がないものであることも今後の制作のポイントになりそうだ。 
 遠藤学芸員は「過剰なまでに徹底した洗浄作業や目に見えない驚異に晒される状況はコロナ禍を生きる私たちの生活と重なる」と考える。

「Control Diaries」より「経験的空模様#3」2022年
「Control Diaries」より「経験的空模様#3」2022年

 ほかに、汚染除去の手順をハウ・ツー・ビデオとして編集した「グラウンド・クレンジング・ガイド」、スマートフォンで撮った除染作業の日々の写真を無選別にプリントして編集した冊子「ダイアリー」も展示している。

「Control Diaries」より「グラウンド・クレンジング・ガイド」の一場面
「Control Diaries」より「グラウンド・クレンジング・ガイド」の一場面

 写真や映像メディアが多様化し、発表の方法も多岐にわたる現在において、見ることの本質を問う展覧会だ。
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※写真は主催者の許可を得て撮影しています。
  
参考文献:「見るは触れる 日本の新進作家 vol.19」展図録(東京都写真美術館 2022年)

【会期・会場】
2022年9月2日(金)~12月11日(日) 東京都写真美術館 3階展示室(東京都・目黒区)
展覧会HP:https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4282.html