詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

茨城県北芸術祭 KENPOKU ART 2016  
来年9月~11月に開催

  茨城県北部の日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町を会場に2016年9月17日から11月20日まで「茨城県北芸術祭」が開かれる。
  テーマは「海か、山か、芸術か?」。太平洋の海と里山の自然に恵まれた環境の中で、日本の近代化を担って来た茨城の歴史、科学技術なども視野に入れ、国内外の約80作家の作品を展示する。

・芸術で県北を知ってほしい
  9月30日に東京・上野精養軒で開かれた開催概要発表会では、最初に主催の茨城県北芸術祭実行委員会会長で茨城県知事の橋本昌があいさつし、「茨城県北部エリアは約1650k㎡の広大な地域に約40万人が生活している。自然に恵まれ、岡倉天心ゆかりの五浦の六角堂があるなど、芸術の歴史がある土地だが、一般の人には知られていない。芸術で人を呼び、茨城の県北を知ってほしい」と開催の理由を述べた。なお芸術祭の事業費全体の予算は約5億円。地方創生交付金をメーンにあてるという。


・「今ここ」でなければ生まれない芸術祭に

  次に、総合ディレクターで森美術館館長の南條史生は「地域に根差した『今ここ』でなければ生まれて来ない独自の芸術祭にしていきたい」と意気込みを述べた。「茨城は江戸の末期から常磐炭鉱が開かれ、工業、産業も発達して日本の近代化を支えた。五浦では岡倉天心が蟄居して日本の近代美術の発展に深く関わり、近年では1991年にアーティストのクリストが常陸太田を中心にアンブレラ・プロジェクトを実現した。県内には東京芸術大学、筑波大学、茨城大学もあり、『科学万博―つくば’85』も開催。美しい自然と最前線の科学技術とアートを結びつけ、メディア・アートや生物学を取り込むなど、アートの新しい可能性を紹介することで茨城らしさを出していきたい」と話した。また、参加作家については、昨今、国際的な芸術祭が国内でも多数開催されていることをふまえ、「過去2年間に他の芸術祭に参加した作家はなるべく入れないようにしたい」とし、さらに、作家が滞在制作するアーティスト・イン・レジデンスプログラムの国内の先がけとして1992年からスタートし、20年以上にわたり茨城県守谷市で行われてきた「アーカスプロジェクト」に参加した作家も出展すると述べた。

・土地の特色や歴史を生かす作品を
  次に、同芸術祭のキュレーターで東京造形大学、多摩美術大学客員教授の四方幸子から参加アーティストの紹介があった。
  会見に出席した3組のアーティストのうち、イスラエル代表として1988年のヴェネチア・ビエンナーレへの出展以降、数々の展覧会やアートプロジェクトに参加してきたザドック・ベン=デイヴィッドが最初に登壇し、「茨城を訪れるのは初めて。明日視察予定だが、自然豊かな地域に目を向けてもらえるような作品を作りたい」と抱負を語った。

  北茨城市の茨城県天心記念五浦美術館で作品を発表するチームラボの猪子寿之は、「岡倉天心の愛した地の歴史的なポテンシャルを生かし、日本画を新たな視点でとらえた作品を制作したい」と述べた。「岡倉天心は日本に西洋文明が入って来た際に革新をもたらした人でもある。自分たちなりに日本美術とは何かということをとらえ直し、伝統的な美術に着目したい。天心は研究者であり抽象的な概念を作った人なので、モチーフにするのは難しいが、今回の展覧会にとっても自分にとっても意味があるものを展示できればいいと思う」と話した。

  地域が直面する社会や環境問題を根底とする作品を発表してきた米谷健+ジュリアは、「県内を視察し、自然が豊かで、日本近代の中心であるという点が印象的だった。それを作品の中で生かしていきたい」(ジュリア)と意気込みを話した。代表作の一つで、ウランガラスによる複数のシャンデリアが闇の中で光る《クリスタルパレス:万原子力発電国産業製作品大博覧会》を展示する。

  参加アーティストはほかに、バイオ・アートの分野で制作活動を続けるフィンランド生まれのオロン・カッツ、大自然の中での大規模インスタレーションを構想するドイツのハンス・ペーター・クーン、音を媒介とする作品で知られ、2010年にアーカスプロジェクトで来日したシンガポール生まれのソンミン・アン、建築とテキスタイルをつなぐ作品で知られるスウェーデン在住の森山茜など。
 四方は、「美術館のホワイトキューブでの展示はチームラボだけ。廃校、古民家を利用したり、ジオサイトが多い県北の地層のリサーチを進めるなどして、土地の魅力をアーティトに提案しながら、それぞれの良さを取り込んだ新しい発想の作品を選んでいきたい」と意気込みを語った。 

  今回は、アーティストや住民、来訪者により新たな芸術表現を試みる参加型創作イベントの「アートハッカソン」や、作品やプロジェクトの一般公募も行う。応募は茨城県内在住、在勤、出身、県内での活動実績のある人やグループが対象。応募締め切りは12月14日(月)必着。問い合せは☎03-5545-3627、koubo@kenpoku-art.jpまで。 

  横浜、あいち、瀬戸内など、日本各地で国際芸術祭が開かれている。同芸術祭の開催時期には「さいたまトリエンナーレ2016」も重なる。地域性を打ち出した特色ある芸術祭となることが継続にもつながるだろう。今後決定する参加アーティストの発表は、来年3月頃の予定。

執筆:西澤美子(文中・敬称略)

写真キャプション
①茨城県北芸術祭実行委員会会長の橋本昌(茨城県知事)
②総合ディレクターの南條史生(森美術館館長)
③参加アーティストのザドック・ベン=デイヴィッド
④チームラボの猪子寿之
⑤米谷健+ジュリア
⑥前列左から林千晶(コミュニケーションディレクター)、谷川じゅんじ(クリエイティブディレクター)、南條史生、橋本昌、四方幸子(キュレーター)、金澤韻(アソシエイトキュレーター)、後列左から米谷健、ジュリア、ザトック・ベン=デイヴィッド、猪子寿之

「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」
2016年9月17日(土)~11月20日(日)
茨城県北地域6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町)
http://www.kenpoku-art.jp/
問い合わせ:茨城県北芸術祭実行委員会事務局(水戸市笠原町978-6茨城県企画部県北振興課内)☎029-301-2727

2015年10月31日