詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

若林奮 飛葉と振動@神奈川県立近代美術館 葉山

  今年の5月から名古屋市美術館をはじめとし、全国5会場を巡回中の「若林奮 飛葉と振動」展。その3会場目となる神奈川県立近代美術館 葉山での展示の特徴を紹介する。
 
  神奈川県立近代美術館は、彫刻家の若林奮(1936年~2003年、東京生まれ)が、1973年37歳の時に公立美術館での初の個展として「若林奮 デッサン・彫刻展」を開催した場所だ。97年には全国4会場を巡回した「若林奮 1989年以後」展も行われた。また、若林が亡くなった2003年10月10日に、今回の会場である同館葉山がオープンするなど、その人生との深い関わりを感じさせる美術館だ。

●40年を経て初披露の《地表面の耐久性について》
  今回の巡回展は、各館それぞれの特別出品作やテーマを設けた展示構成が見どころのひとつとなっている。同館でのトピックのひとつは1975年に収蔵されたのちに一度も日の目を見ることのなかった《地表面の耐久性について》が、美術館入り口左手の屋外に設置されたことだ。この作品は75年に山口県宇部市で開催された第6回現代日本彫刻展で神奈川県立近代美術館賞を受賞した鉄の彫刻だ。
  8月22日に行われた水沢勉館長のトークでは「鉄に焼き付け塗装がしてある。この美術館は(海に面しているため)塩害もあり、完全に野外に耐えられるかはわからないが、ずっと展示したいと思っていた。70年代に入ってから次々と出てくる、(人と対象物との空間を把握する考え方である)「振動尺」の予感が表れている」と述べた。そのため、この作品は「横から見るものではない。水飲み場の方から見ると自分の距離感がはっきりわかる」と話したが、実際の展示は、美術館入り口に向かいながら横から見やすいように設置され、キャプションも横位置に付けられている。縦方向に見るには植え込みから覗かなければならないため、周辺を整備し、キャプションの位置を変更することが望ましいだろう。
  40年間展示されなかった理由については、8月15日に開かれた記念講演会「ある日の若林奮」で、神奈川県立近代美術館館長を長く務め、73年の「若林奮展」の担当学芸員だった講師の酒井忠康が、「今となっては若林さんに聞かなければ永遠にわかりません。本当のところは」としながらも、館長室で若林と当時館長だった土方定一と3人で話をした際に、館長が「台座はどうするのか」と言ったことで若林が「台座は困る」と悩み、後に直接館長に話しに行ったが「うまくいかないんです」と酒井に告げ、「その日は何事もなかったが、2、3日して館長に『あれは倉庫の中に入れておけ』と言われ、40年間そのままになった」と話した。

●初期の野外彫刻に着目
  《地表面の耐久性について》を導入として、同館の特別展示はいずれも若林の初期の野外彫刻に関連したもので、前後期合わせて作品27点とカタログやリーフレットなどの関連資料16点を出品している。
  1969年に箱根・彫刻の森美術館で開催された第1回現代国際彫刻展の《5.15-7.20クロバエ》の部分、同年に宇部で開催された第3回現代日本彫刻展に出品された《7.28-8.23クロバエ上の変更》のためのスケッチ、1970年に神戸須磨離宮公園で開催された第2回現代彫刻展でK氏賞を受賞した連作《多すぎるのか、少なすぎるのか?》のⅠからⅧすべてなど「野外彫刻への関心が高まった1960年代にデビューし、自分の彫刻とどのようにつじつまを合わせるかが彼にとっても大きなテーマだったろう」(水沢氏)と推測される作品や資料が集められ、若林の思考の過程やその後の展開を考えるうえで重要な展示となっている。

●《緑の森の一角獣座》
  美術館の後半の展示室は今展の最大のテーマとなっている庭について紹介している。11月23日の館長トークでは、自らも《緑の森の一角獣座》の制作や存続のための活動に深く関わってきた経験から、この作品が東京都西多摩郡日の出町に建設される二ツ塚ゴミ処分場の建設に反対する住民らが共有するトラスト地に制作し、共感する多くの人たちがボランティアで制作したこと、庭では石の椅子に静かに座って自然を感じてほしいと若林が言っていたこと、周囲の破壊が進んだ場合、銅板で囲む計画がありその仮設置に携わった時の様子、強制収用の際には庭を構成していた石や樹木のひとつひとつに番号がつけられ、都の倉庫に運ばれたことなどが話された。
  会場には、AからD面に区分され全36枚制作された庭の周囲を囲む銅板画のうち、C面にあたる11枚と今展の作品調査で明らかになった、本来の緑色の絵具が取り除かれ、消された樹木の輪郭に小さな穴を打ち込んで改変されたD面の2枚も展示。改変を知った時の驚きや、若林が御嶽のスタジオで、描かれていた線をなぞるようにタガネで線を打ち込む姿に思いを馳せる言葉が語られた。
  また、着目したいのは≪ドローイング1995.12.09-003≫≪ドローイング1995.12.09-004≫≪ドローイング1995.12.09-009≫の3点。《緑の森の一角獣座》は、制作された当時東京都知事に就任していた青島幸男が、二ツ塚ゴミ処分場を公共事業の場として事業認定を下した1995年12月21日以降に作られたために補償の対象にはならないとし、美術作品として認められなかった。これに対して、茨城大学の小泉晋弥教授が公開審理の場で、修学院離宮などを引き合いに出しながら、庭は構想段階から制作が始まっているため、《緑の森の一角獣座》は事業認定の前から制作されていたと主張した。この3点はその裏付けとなるドローイングで、タイトルからも事業認定前の12月9日に描かれたことがわかる。この主張は認められず、一角獣座は強制収用で壊されてしまったが、その創作の原点ともいえる貴重な作品だ。

  ●庭に込められたメッセージ
  《緑の森の一角獣座》のコンセプトは、周辺の樹木や石を移して制作した《新しい庭》と鹿児島県の霧島アートの森に2000年に制作された《4個の鉄に囲まれた優雅な樹々》に受け継がれていく。霧島の作品は、長辺が30m、短辺が15mの長方形の区画の四隅に鉄の立方体が置かれ、その内側に樹木が植えられた庭だ。
  展覧会では、出口の手前のスペースで、若林を霧島で取材した映像が流れていた。その中で、若林は「美術というものを尊敬して欲しい。美術を人間の仕事の中で高い位置にあることをまず認識してほしい。美術は人間がすることだが、元になっているのは自然だ。作品としての尊敬と同じに、生きている植物に対する尊敬も是非持ってほしい」と話している。

執筆:西澤美子(文中敬称略)

若林奮 飛葉と振動
8月15日(土)~12月23日(水・祝)
9時30分~17時(入館は16時30分まで)
一般1000円、20歳未満・学生850円、65歳以上500円、高校生100円、中学生以下無料
神奈川県立近代美術館 葉山(神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1)
☎046-875-2800
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/

【関連企画】
●クロス・トーク(ゲスト×館長)
12月23日(水・祝)14時~15時
ゲスト:山口啓介(美術家)
参加費:無料(但し当日の観覧券が必要)

巡回先
府中市美術館 2016年1月9日(土)~2月28日(日)
うらわ美術館 4月23日(土)~6月19日(日)


参考文献

『若林奮 飛葉と振動』展 名古屋市美術館、足利市立美術館、神奈川県立近代美術館ほか 2015年

写真キャプション
①《地表面の耐久性について》1975年 神奈川県立近代美術館
②講演する酒井忠康
③記念講演会「ある日の若林奮」会場(8月15日)。86年のヴェネチア・ビエンナーレの映像も紹介
④《5.15-7.20クロバエ》の部分
⑤11月23日の水沢勉館長トーク。作品は《緑の森の一角獣座―カッパーペインティングD-6、D-8》1996年~2003年
⑥《緑の森の一角獣座》ドローイング。左から3点の平面が≪ドローイング1995.12.09-003≫≪ドローイング1995.12.09-004≫≪ドローイング1995.12.09-009≫

【若林奮略歴】1936年1月東京・町田市生まれ。東京芸術大学彫刻科卒業。73年文化庁在外研修員として渡仏(74年まで)。70年代後半から自分と対象物との空間と時間を把握する「振動尺」の連作を発表。自然の観察に基づく思索的な作品で知られる。80年、86年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。73年、神奈川県立近代美術館、87年、東京と京都の国立近代美術館で個展、95年東京国立近代美術館で2度目の個展。96年中原悌二郎賞、2003年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。武蔵野美術大学、多摩美術大学で教授として後進の育成にも尽力した。2003年10月死去。

2015年12月22日