詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

生誕120年 古賀忠雄展 塑造(像)の楽しみ

開催中〜2024/02/25

練馬区立美術館

東京都・練馬区

白井美穂 森の空き地

開催中〜2024/02/25

府中市美術館

東京都・府中市

特別展「北斎サムライ画伝」

開催中〜2024/02/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

正倉院宝物を受け継ぐ―明治天皇に始まる宝物模造の歴史―

開催中〜2024/02/25

明治神宮ミュージアム

東京都・渋谷区

うるしとともに― くらしのなかの漆芸美

開催中〜2024/02/25

泉屋博古館東京

東京都・港区

HAIBARA Art & Design 和紙がおりなす日本の美

開催中〜2024/02/25

三鷹市美術ギャラリー

東京都・三鷹市

札幌国際芸術祭 SIAF2024

開催中〜2024/02/25

芸術祭(北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、モエレ沼公園ほか。*さっぽろ雪まつり大通2丁目会場は会期が短いのでご注意を)

北海道・札幌市

やんばるアートフェスティバル

開催中〜2024/02/25

芸術祭(沖縄県国頭郡の大宜味村立旧塩屋小学校ほか、沖縄県各所)

沖縄県

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

2024/02/27〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

2024/03/01〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

若林奮 飛葉と振動 @府中市美術館

  全国5会場を巡回中の「若林奮 飛葉と振動」展。その4会場目となる府中市美術館での展覧会が、若林奮(1936年~2003年、東京生まれ)の誕生日にあたる1月9日から始まった。
  同館は、若林の自宅から直線で約2キロに位置する。JR武蔵小金井駅から府中駅行きのバスが美術館へ向かう際に走る小金井街道の左手だ。筆者は、若林が東京・日の出町の二ツ塚ごみ処分場の建設に反対し、制作した庭≪緑の森の一角獣座≫をめぐり、当時、処分場建設を推進する東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合(現・東京たま広域資源循環組合)へ取材に行ったことがある。その事務所のある場所が、同じ府中駅行きのバスの美術館の手前にあるバス停の名称にもなっている「東京自治会館」の中にあった。
  このバスで向かった初日のオープニング・レセプションでは、若林夫人で画家の淀井彩子が、「若林が最初にアトリエを持ったのは実家のある町田だが、その次に、今、住んでいる小金井の前原町に仕事場を持った。その狭い建物の土間で生まれた作品が今回も出ていて初々しい。また、美術館の前庭に恒久展示されている≪地下のデイジー≫は、若林にとっての最後の発注作品。家から歩いて来られる距離の美術館に最後のものがあるということは、嬉しく、近しい気持ちになる」と述べた。
  若林の作品の源ともいえる武蔵野の風景の中に位置する美術館での個展は、他館とは異なり、自らが作品の中に入り込んだかのような気持ちにさせられる。

・美術館前庭の≪地下のデイジー≫
  府中市美術館での特別出品の中には、前述の≪地下のデイジー≫に関連するドローイング37点と、鉄製の大型作品≪DaisyⅣ≫シリーズ(1997年)がある。
  若林作品の主要なコンセプトのひとつで、自らと対象との距離をはかる物差しである「振動尺」が水平方向への視線を伴う作品ならば、デイジーは垂直方向に向かう考え方の作品だ。美術館正面玄関から20mほどの場所に2002年に設置された《地下のデイジー》は、厚さ2.5㎝の鉄板が123枚重なり、上の3枚だけを残して地中に埋められている。鑑賞者に想像する力を促すこの作品は第2案だったことが1月9日に行われた神奈川県立近代美術館の水沢勉館長のギャラリー・トークの中で、設置に携わった元同館学芸係長で、現在は東京都美術館学芸課長の山村仁志により紹介された。それによると当初のプランは、厚さ3.2㎝、高さ1.8m、長さ16mの巨大な鉄板を美術館の前庭を貫いて設置するものだったという。
  公園を歩く人の美術館への視線を遮断することになるうえ、美術館の外構工事の変更や前庭の設計者やデザイナーのプランへの影響などもあり「実現不可能」であると若林に告げ、その後、第2案である地下プランが提出されたという。この大胆な第1案のドローイングも本展で紹介されている。

・≪雨―労働の残念≫武蔵野美術大学から初めて外部へ
  同館の特別出品のもう一つが武蔵野美術大学に所蔵されている1971年の≪雨―労働の残念≫だ。前述のギャラリートークの際に、同展担当学芸員の神山亮子は、「武蔵野美術大学に行くたびに階段を上がったところにあったこの作品が気になっていた。今回、垂直方向への視線による出品作品が少ないので、デイジーを出発点とする時に、同じく垂直性のある作品としてこの作品を出品したいと思い、何とか実現できた。2つに分けることが出来、左側が700kg、右側が100kgあり、美術館の梁に合わせて設置した。作品にはチャックがあり、開けることができたという話もある。中にはドローイングが隠されているのではないかと言われているが、助手の人が、いらなくなったカタログが入っているかもしれないとも話していて、いずれにしても隠されて見えないという若林さんのエッセンスが入った作品だ」と話した。
 武蔵野美術大学から外部に出品されるのは初めて。

・若い世代に受け継がれて
  「次の世代の人にも若林さんの作品を見て欲しい」という美術館の思いから、2月13日には、「私たちが若林さんから受け取ったこと」と題し、ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員の森啓輔、若林のアシスタントをした経験のある彫刻家で武蔵野美術大学教授の袴田京太朗、多摩美術大学で若林から指導を受けた画家の諏訪未知、千葉正也によるラウンド・トーク2が行われた。
  生前の若林には一度も会ったことがないと言いながらも、主に初期の若林作品について研究し、その作品とトーク参加作家の作品への関連を引き出しながら進行した森、若林には「一番影響を受けているのに見た目の印象が違うせいか、誰も気付いてくれない」と言い、若林の作品「中に犬、飛び方」にちなんで近作のタイトルを「毛布ー複製(中に猿)」「粘土ー複製(中に熊)」などとし、接点を見出そうとする袴田、若林が多摩美術大学教授となった1999年から亡くなるまでの「4年間、まるまる教わることができて幸運だった」と話し、「ドローイングのことを薄い彫刻」と言った若林の言葉に影響を受けたという諏訪、1年生の時に、若林を見て「一瞬で、強いインパクトを受け、この先生にはハッタリは通じないと感じて完全にビビった」と言い、以後、作品や人物そのものに憧れるようになった千葉、それぞれの話が若林の仕事が若い世代に確実に受け継がれていることを示した。なお、千葉が、知人の祖父の葬式で配られたという若林作の鉄製の灰皿を持参し、披露した。
  また、1月31日に行われたラウンド・トーク1「若林奮とアーカイヴ ドローイング調査の成果とこれから」では、彫刻家で多摩美術大学教授の小泉俊己が、同大学若林奮研究会の成果としてこれまで5回開催した「若林奮展」でのドローイング調査の実情や作品への考察を語り、慶応義塾大学ア―ト・センター教授でキュレーターの渡部葉子がアーカイヴの現状や方法を述べた。

執筆:西澤美子(文中・敬称略)
 

若林奮 飛葉と振動
1月9日(土)~2月28日(日)※月曜休館
10時~17時
一般700円、大学生・高校生350円、中学生・小学生150円
府中市美術館(東京都府中市浅間町1-3)
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

【巡回先】
うらわ美術館 4月23日(土)~6月19日(日)

【若林奮略歴】1936年1月東京・町田市生まれ。東京芸術大学彫刻科卒業。73年文化庁芸術家在外研修員として渡仏(74年まで)。70年代後半から自分と対象物との空間と時間を把握する「振動尺」の連作を発表。自然の観察に基づく思索的な作品で知られる。80年、86年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。73年、神奈川県立近代美術館、87年、東京と京都の国立近代美術館で個展、95年東京国立近代美術館で2度目の個展。96年中原悌二郎賞、2003年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。武蔵野美術大学、多摩美術大学で教授として後進の育成にも尽力した。2003年10月死去。

参考文献
『若林奮 飛葉と振動』展図録 名古屋市美術館、足利市立美術館、神奈川県立近代美術館、府中市美術館、うらわ美術館 2015年
『若林奮 DAISY 1993-1998』図録 多摩美術大学 2007年

写真キャプション
①≪地下のデイジー≫の前でギャラリー・トークを行う神奈川県立近代美術館館長の水沢
②≪ドローイング 2001.10.31≫
③≪地下のデイジー≫のドローイング。第1案(右)
④≪雨―労働の残念≫1971年 武蔵野美術大学 美術館・図書館蔵
⑤袴田(左)と諏訪
⑥灰皿を紹介する千葉

2016年2月26日