詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

左から《アイリス》1890年 ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム(フィンセント・フ ァン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation) 《ひまわり》1888年 SOMPO美術館

Exhibitions

花が彩る「ゴッホと静物画」

 新宿駅からほど近くの「SOMPO美術館」。「この街には《ひまわり》がある」と謳うように、1987年にフィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜1890)の《ひまわり》がコレクションに加わり、「ゴッホのひまわり」を鑑賞できる美術館として親しまれている。本展ではゴッホの静物画を中心に、シャガール、モネ、ルノアール、セザンヌなどさまざまな画家の静物画を展示する。

ゴッホの描く花

 本展の展示数は69点。そのうち、ゴッホの油彩画を25点展示する。《ひまわり》や《アイリス》をはじめ、花を描いた作品も多い。ゴッホは1886年から2年間のパリ滞在中に、「色彩のための習作」として、さまざまな花を描いた。色彩のための習作というだけあって多彩な花が彩る作品もあって華やかだ。
 
 背景の色も重要な要素になる。花と同系色の色で統一感を感じさせるものや花と呼応するように点描が刻まれる作品もある。私が特に惹かれたのは黒をバックに描かれた作品だった。厚く塗り重ねられた黒がつややかに輝き、赤やピンク、白などの鮮やかな花が際立ち、見る者を魅了する。

《カーネーションをいけた花瓶》1886年 アムステルダム市立美術館 Collection Stedelijk Museum Amsterdam
《カーネーションをいけた花瓶》1886年 アムステルダム市立美術館 Collection Stedelijk Museum Amsterdam
《赤と白の花をいけた花瓶》1886年 ボイマンス・ファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム Collection Museum Boijmans Van Beuningen, Rotterdam
《赤と白の花をいけた花瓶》1886年 ボイマンス・ファン・ブーニンヘン美術館、ロッテルダム Collection Museum Boijmans Van Beuningen, Rotterdam

 ゴッホがひまわりを描いたのも、パリ滞在中のことだという。最初は数種類の花の一つとして描かれたひまわりが、単独のモチーフとなっていく。
 
 黄色い背景に黄色い花瓶。出展作品の《ひまわり》は、周囲の小花がなくなったころのひまわりが描かれる。厚みを持った花の中心部は、今にも種がこぼれ落ちてきそうな臨場感だ。
 
 同じく黄色い背景に描かれるアイリス。青が映えているが、ゴッホの書簡から、もともとは紫色だった可能性が指摘されているという。紫色のアイリスは全く違う印象だったろう。色か描き方か、日本の浮世絵から大きな影響を受けたゴッホを感じさせる。

左から《アイリス》1890年 ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム(フィンセント・フ ァン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation) 《ひまわり》1888年 SOMPO美術館
左から《アイリス》1890年 ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム(フィンセント・フ ァン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation) 《ひまわり》1888年 SOMPO美術館

さまざまな静物画

 花以外のゴッホの静物画もそれぞれ魅力がある。石膏像を描いた作品も展示されていて新鮮だ。1886年、33歳でベルギーのアントウェルペン王立美術学校で学んだゴッホ。必須科目である石膏像のデッサンの修業の必要性を認め、弟テオに宛てた手紙で「(前略)僕はパリでは自分の信念から離れて、少なくとも1年間は裸体や石膏像のデッサンに費やすつもりでいる」(図録より抜粋)と書いていたという。今にのこる多くの名画を描くこの時期に、このような思いを持っていたのだと驚く。

《ヴィーナスのトルソ》1886年 ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム(フィンセン ト・ファン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)
《ヴィーナスのトルソ》1886年 ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム(フィンセン ト・ファン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

 黒い革靴をゴッホが描いた《革靴》は、全体的に暗いトーンだが、モチーフの描き方や雰囲気などやはり魅かれるものがある。蚤の市で履き古した一足の靴を買い、雨の日に街を歩き回って泥で汚し描いたという。
 
 一方で、《皿とタマネギのある静物》は明るい。1888年、耳切り事件の後に描いた作品とは思えない穏やかな印象で、複数のモチーフを丁寧に描いている。《髑髏(どくろ)》もゴッホが描くと、印象が変わる。おどろおどろしさはなく、多彩な色合いでモチーフの印象を変える。

《皿とタマネギのある静物》1889年 クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー © 2023 Collection Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands 以上、全てフィンセント・ファン・ゴッホ 油彩/キャンヴァス
《皿とタマネギのある静物》1889年 クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー © 2023 Collection Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands 以上、全てフィンセント・ファン・ゴッホ 油彩/キャンヴァス

 本展ではゴッホの作品だけでなく、モネやルノワール、セザンヌ、ゴーギャンなどさまざまな画家の静物画を展示する。その中で、私が心を奪われたのは、マルク・シャガール(1887-1985)の《花束》だった。
 
 シャガールが美術学校で学んでいたロシアのサンクト・ペテルブルクからパリに出て間もなく描かれたというこの作品は、81×64センチという大きなサイズのキャンバスいっぱいに、赤を基調にして緑や黒、白に青、黄など多彩な色が描き込まれる。重厚で上質な華やかさを描き出す深みを帯びた色、画面全体からエネルギーを発する力強い筆、絵からあふれ出すとてつもない魅力に、ただ立ち尽くす。「花束」というタイトルだと知って、改めて素敵だと思う。シャガールの花の絵としては最も早い作例だというが、大成した画家の作品のようで、シャガールの才能に改めて感服する。
 
 図録にはゴッホの略年譜や出品リストが読みやすく掲載され、静物画の簡単な歴史、作家生没年表や関連地図、1886年~1890年のゴッホの評価を載せたコラムもあり、ゴッホや静物画について気軽に知識を深めることができると感じた。
 
執筆・写真撮影 堀内まりえ
(文中敬称略)
 
*写真は主催者の許可を得て撮影しています。また、本展では一部作品を除いて作品の撮影が許可されています。
 
(参考文献)
・公式図録「ゴッホと静物画ー伝統から革新へ」公益財団法人 SOMPO美術財団/SOMPO美術館 2023年

「ゴッホと静物画―伝統から革新へ」
Van Gogh and Still Life:From Tradition to Innovation
 
【会期・会場】
2023年10月17日(火)~2024年1月21日(日) SOMPO美術館(東京・新宿区)
展覧会HP:https://gogh2023.exhn.jp/
 
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。