詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

絵の始まり 絵の終わり
下絵と本画の物語

・日本画の成立や展望を探る

  日本画の完成作である本画に至るまでに描かれる下絵や素描に光をあて、画家の思考錯誤の過程や作品に込められた意図を読み解く展覧会が開かれている。
  江戸幕府の御用絵師である狩野家で用いられた模本や、卓越した筆力の浮世絵や風刺画で知られる河鍋暁斎の下絵、竹内栖鳳、土田麦僊ら近代の京都画壇や福島を中心とする在野の画家の素描や下図、内田あぐり、山本直彰、酒井祐二ら武蔵野美術大学日本画科の教員でもある現代作家の作品約100点を通して、日本画の成立や動向までも探る内容となっている。監修した武蔵野美術大学の玉蟲敏子教授は「完成作だけを絵師や作家が目指す最終的な目標と見るのではなく、下絵に描き込まれた無数の修正のなかに、決定にいたるまでに起こったさまざまな出来事を見出し、それらの紆余曲折を多様なゴールの可能性を含む〈物語〉として読解しようとするものだ」と述べている。
  描き直しができない画材を用い、多くが発注制作だった近代までの日本画は、下絵、小下図、大下図を経て完成に至ることは必須だったが、本来、下絵は世に出るものではないため、その多くは失われていたり、残っていても公開されることは少ない。一方、現代では、本格的な花鳥画を描く場合などを除いては、下図を作らず直接画面に描く作家が増えている。こうした事実から、作品制作の目的や発表のスタイル、画材の変化についても考察し、日本画について深く掘り下げ展望している。

・村上華岳≪裸婦 画稿≫、竹内栖鳳≪絵になる最初 大下絵≫の魅力

  会場では、第2章「近代の京都画壇」のコーナーに展示されている村上華岳の≪裸婦 画稿≫に着目した。山種美術館が所蔵する重要文化財の≪裸婦図≫の下絵で、顔や脚の線などを胡粉で白く塗って修正を重ね、細部へのこだわりがうかがえる。
  5月28日に開かれた、玉蟲教授と出品作家の尾長良範、西田俊英、山本直彰によるレクチャー&トーク「絵の始まり 絵の終わりをめぐって」で玉蟲教授が、「この展覧会はこの下絵の魅力がきっかけでスタートしたと言ってもいい。鋭く厳しい修正が加えられた下絵に宿った崇高さや世界観は、本画とやや質が違う感じがする」と述べた。
  また、竹内栖鳳の作品で、ヌードモデルの一人が裸になることを恥じらって着物を離せなかった表情と仕草をとらえた≪絵になる最初≫の大下絵も展観。本画では栖鳳絣の紺色が女性の白い肌を引き立たせた美しさや一瞬をとらえた技量が際立つが、下絵では、目や腕に修正が重ねられ、その線の濃さなどから恥じらう女性の初々しさや、存在が近くに感じられるような魅力に溢れ「発想のありかをいっそう明快に伝えている」(玉蟲)。
  また、土田麦僊の≪春(樹)大下絵≫では、鳥を描いた紙が数枚貼ってあり、位置を決めるのに思考錯誤した後が見受けられる。
  山本直彰は、レクチャー&トークで「40年前に大学に入った頃、リアリティーを全く感じない日本画に幻滅を感じていたが、村上華岳の≪裸婦≫と土田麦僊の≪舞子林泉≫の大下図を見た時に、生々しさにびっくりした。その大下図にできるだけ近づいてみたいと思ったのがある時期までの僕の仕事だ」と述べて、1987年の作品をスライドで紹介。京都画壇の仕事が下絵をきっかけに現代に受け継がれていることを示した。

・色指定も書きこまれている河鍋暁斎の下絵

  第1章の「狩野家と河鍋暁斎 江戸~明治における模本と下絵」では、霊獣、異国の動物、日本の動物を緻密に描いた≪伝狩野元信原画 獣尽図屏風模本≫から、江戸時代の下絵制作のあり方を紹介。
  また、河鍋暁斎≪山姥と金太郎 下絵≫は、紙を貼り合わせて顔の向きや表情を描き直した跡や、朱、白など、色の指定をする文字が描きこまれ、興味深い。本画は東京国立博物館所蔵作が知られているが、「東博のものに限定されず、別の本画が描かれた可能性もある」(玉蟲)という。衣紋線の描き込みや顔の表現も見事で、下絵ならではの魅力に溢れている。今回は遺族が100年にわたり保存してきた膨大な量の下絵の中から人物画に的を絞って17点を展示替えをしながら紹介している。
  第3章では、菊地養之助や酒井三良らの会津地方で活動した在野の画家や、川端画学校で学んだ四方田草炎らの在野の画家や福田豊四郎、奥村土牛、山本丘人、毛利武彦ら武蔵野美術大学ゆかりの画家の作品を展観。

・下図を作らない現代作家

  また、第4章「現代作家の絵が生まれるまで」では、シーツを墨に浸して画面に乗せ、現れた画像の偶然性を重視する酒井祐二の≪Bedsheets #58≫や、墨の点で描かれた尾長良範の≪ZONE≫などを展観。現代は下絵を描かない作家が多いことを示している。
  尾長は、下図をつくらず直接画面に描くことで「水墨画の方法論に近いものを感じている」という。レクチャー&トークでは、「あまり、この展覧会には参加したくなかった。昔の方々の作品についてはプロセスがわかって興味深いが、自分の作品を展示する際に、プロセスを見せたりすることにどのくらいの意味があるのか。作品は展示した時が完成であり、プロセスを含めて出すことに凄く悩んだ。現代では、塗り絵のように岩絵具を塗っていく仕事が主になり、下図を作ることに意味があるのかを考え、下図を作らずに制作してきた。直接、画面に対峙している時がすごく大事で、素材と格闘して生まれてくるといった気持で制作している」と述べた。
  尾長の話を受けて玉蟲教授は、「伊藤若冲の筋目描きや俵屋宗達のたらし込みなどは、墨や紙の兼ね合いなど、偶然性の面白さがあり、そうしたものを江戸時代の画家は持っていると同時に、着彩の≪動植綵絵≫のような作品もあり、宗達は注文制作も受けていて、バイリンガル状態が成立していた。近世までの作家と比べると近現代の作家にとって、展覧会がハレの舞台になったことも大きな意味を持っているのではないか」と考察した。
 山本直彰は、過去に描いた≪IKAROS≫シリーズのいくつかの本画をモチーフとして、本画から下絵を作り出そうとした《IKAROS2015―遅れてきた下絵》を出品。「今回の展覧会が発想のもとになった作品だが、見せるという前提のもとで下図はありえないということを実感した」と述べた。

  なお、8月16日(日)午後2時から3時30分まで、福島県立美術館学芸員の堀宜雄と武蔵野美術大学日本学科教授で出品作家の内田あぐりによるギャラリートーク「福島・会津の画家を中心に」が同館で開催される。

執筆:西澤美子 (文中・敬称略)

5月25日(月)~8月16日(日)※日曜、祝日 、8月16日(日)は特別開館
武蔵野美術大学美術館(東京都小平市小川町1‐736)
☎042‐342-6003
入館無料
※展示替えあり
詳細 http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/8967

参考文献:『絵の始まり 絵の終わり 下絵と本画の物語』図録 武蔵野美術大学美術館 2015年

写真キャプション
① 手前は≪伝狩野元信原画 獣尽図屏風模本≫ 原画16世紀末 東京芸術大学。3期にわたり2幅ずつ展示
② 村上華岳≪裸婦 画稿≫ 1920年 京都市立芸術大学芸術資料館
③ 村上華岳≪裸婦 画稿≫(部分) 1920年
④ 竹内栖鳳≪絵になる最初 大下絵≫ 1913年 京都市美術館
⑤ 河鍋暁斎≪山姥と金太郎 下絵≫ 1984年頃 河鍋暁斎記念美術館
⑥ 河鍋暁斎≪山姥と金太郎 下絵≫ (部分)河鍋暁斎記念美術館
⑦ 酒井祐二≪Bedsheets #58≫ 2015年
⑧ 尾長良範≪ZONE≫ 2014年
⑨ 山本直彰《IKAROS2015―遅れてきた下絵》2015年
⑩ 5月28日のレクチャー&トーク 左から西田俊英、山本直彰、尾長良範、玉蟲敏子

2015年8月12日