詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

絵の始まり 絵の終わり
下絵と本画の物語

・日本画の成立や展望を探る

  日本画の完成作である本画に至るまでに描かれる下絵や素描に光をあて、画家の思考錯誤の過程や作品に込められた意図を読み解く展覧会が開かれている。
  江戸幕府の御用絵師である狩野家で用いられた模本や、卓越した筆力の浮世絵や風刺画で知られる河鍋暁斎の下絵、竹内栖鳳、土田麦僊ら近代の京都画壇や福島を中心とする在野の画家の素描や下図、内田あぐり、山本直彰、酒井祐二ら武蔵野美術大学日本画科の教員でもある現代作家の作品約100点を通して、日本画の成立や動向までも探る内容となっている。監修した武蔵野美術大学の玉蟲敏子教授は「完成作だけを絵師や作家が目指す最終的な目標と見るのではなく、下絵に描き込まれた無数の修正のなかに、決定にいたるまでに起こったさまざまな出来事を見出し、それらの紆余曲折を多様なゴールの可能性を含む〈物語〉として読解しようとするものだ」と述べている。
  描き直しができない画材を用い、多くが発注制作だった近代までの日本画は、下絵、小下図、大下図を経て完成に至ることは必須だったが、本来、下絵は世に出るものではないため、その多くは失われていたり、残っていても公開されることは少ない。一方、現代では、本格的な花鳥画を描く場合などを除いては、下図を作らず直接画面に描く作家が増えている。こうした事実から、作品制作の目的や発表のスタイル、画材の変化についても考察し、日本画について深く掘り下げ展望している。

・村上華岳≪裸婦 画稿≫、竹内栖鳳≪絵になる最初 大下絵≫の魅力

  会場では、第2章「近代の京都画壇」のコーナーに展示されている村上華岳の≪裸婦 画稿≫に着目した。山種美術館が所蔵する重要文化財の≪裸婦図≫の下絵で、顔や脚の線などを胡粉で白く塗って修正を重ね、細部へのこだわりがうかがえる。
  5月28日に開かれた、玉蟲教授と出品作家の尾長良範、西田俊英、山本直彰によるレクチャー&トーク「絵の始まり 絵の終わりをめぐって」で玉蟲教授が、「この展覧会はこの下絵の魅力がきっかけでスタートしたと言ってもいい。鋭く厳しい修正が加えられた下絵に宿った崇高さや世界観は、本画とやや質が違う感じがする」と述べた。
  また、竹内栖鳳の作品で、ヌードモデルの一人が裸になることを恥じらって着物を離せなかった表情と仕草をとらえた≪絵になる最初≫の大下絵も展観。本画では栖鳳絣の紺色が女性の白い肌を引き立たせた美しさや一瞬をとらえた技量が際立つが、下絵では、目や腕に修正が重ねられ、その線の濃さなどから恥じらう女性の初々しさや、存在が近くに感じられるような魅力に溢れ「発想のありかをいっそう明快に伝えている」(玉蟲)。
  また、土田麦僊の≪春(樹)大下絵≫では、鳥を描いた紙が数枚貼ってあり、位置を決めるのに思考錯誤した後が見受けられる。
  山本直彰は、レクチャー&トークで「40年前に大学に入った頃、リアリティーを全く感じない日本画に幻滅を感じていたが、村上華岳の≪裸婦≫と土田麦僊の≪舞子林泉≫の大下図を見た時に、生々しさにびっくりした。その大下図にできるだけ近づいてみたいと思ったのがある時期までの僕の仕事だ」と述べて、1987年の作品をスライドで紹介。京都画壇の仕事が下絵をきっかけに現代に受け継がれていることを示した。

・色指定も書きこまれている河鍋暁斎の下絵

  第1章の「狩野家と河鍋暁斎 江戸~明治における模本と下絵」では、霊獣、異国の動物、日本の動物を緻密に描いた≪伝狩野元信原画 獣尽図屏風模本≫から、江戸時代の下絵制作のあり方を紹介。
  また、河鍋暁斎≪山姥と金太郎 下絵≫は、紙を貼り合わせて顔の向きや表情を描き直した跡や、朱、白など、色の指定をする文字が描きこまれ、興味深い。本画は東京国立博物館所蔵作が知られているが、「東博のものに限定されず、別の本画が描かれた可能性もある」(玉蟲)という。衣紋線の描き込みや顔の表現も見事で、下絵ならではの魅力に溢れている。今回は遺族が100年にわたり保存してきた膨大な量の下絵の中から人物画に的を絞って17点を展示替えをしながら紹介している。
  第3章では、菊地養之助や酒井三良らの会津地方で活動した在野の画家や、川端画学校で学んだ四方田草炎らの在野の画家や福田豊四郎、奥村土牛、山本丘人、毛利武彦ら武蔵野美術大学ゆかりの画家の作品を展観。

・下図を作らない現代作家

  また、第4章「現代作家の絵が生まれるまで」では、シーツを墨に浸して画面に乗せ、現れた画像の偶然性を重視する酒井祐二の≪Bedsheets #58≫や、墨の点で描かれた尾長良範の≪ZONE≫などを展観。現代は下絵を描かない作家が多いことを示している。
  尾長は、下図をつくらず直接画面に描くことで「水墨画の方法論に近いものを感じている」という。レクチャー&トークでは、「あまり、この展覧会には参加したくなかった。昔の方々の作品についてはプロセスがわかって興味深いが、自分の作品を展示する際に、プロセスを見せたりすることにどのくらいの意味があるのか。作品は展示した時が完成であり、プロセスを含めて出すことに凄く悩んだ。現代では、塗り絵のように岩絵具を塗っていく仕事が主になり、下図を作ることに意味があるのかを考え、下図を作らずに制作してきた。直接、画面に対峙している時がすごく大事で、素材と格闘して生まれてくるといった気持で制作している」と述べた。
  尾長の話を受けて玉蟲教授は、「伊藤若冲の筋目描きや俵屋宗達のたらし込みなどは、墨や紙の兼ね合いなど、偶然性の面白さがあり、そうしたものを江戸時代の画家は持っていると同時に、着彩の≪動植綵絵≫のような作品もあり、宗達は注文制作も受けていて、バイリンガル状態が成立していた。近世までの作家と比べると近現代の作家にとって、展覧会がハレの舞台になったことも大きな意味を持っているのではないか」と考察した。
 山本直彰は、過去に描いた≪IKAROS≫シリーズのいくつかの本画をモチーフとして、本画から下絵を作り出そうとした《IKAROS2015―遅れてきた下絵》を出品。「今回の展覧会が発想のもとになった作品だが、見せるという前提のもとで下図はありえないということを実感した」と述べた。

  なお、8月16日(日)午後2時から3時30分まで、福島県立美術館学芸員の堀宜雄と武蔵野美術大学日本学科教授で出品作家の内田あぐりによるギャラリートーク「福島・会津の画家を中心に」が同館で開催される。

執筆:西澤美子 (文中・敬称略)

5月25日(月)~8月16日(日)※日曜、祝日 、8月16日(日)は特別開館
武蔵野美術大学美術館(東京都小平市小川町1‐736)
☎042‐342-6003
入館無料
※展示替えあり
詳細 http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/8967

参考文献:『絵の始まり 絵の終わり 下絵と本画の物語』図録 武蔵野美術大学美術館 2015年

写真キャプション
① 手前は≪伝狩野元信原画 獣尽図屏風模本≫ 原画16世紀末 東京芸術大学。3期にわたり2幅ずつ展示
② 村上華岳≪裸婦 画稿≫ 1920年 京都市立芸術大学芸術資料館
③ 村上華岳≪裸婦 画稿≫(部分) 1920年
④ 竹内栖鳳≪絵になる最初 大下絵≫ 1913年 京都市美術館
⑤ 河鍋暁斎≪山姥と金太郎 下絵≫ 1984年頃 河鍋暁斎記念美術館
⑥ 河鍋暁斎≪山姥と金太郎 下絵≫ (部分)河鍋暁斎記念美術館
⑦ 酒井祐二≪Bedsheets #58≫ 2015年
⑧ 尾長良範≪ZONE≫ 2014年
⑨ 山本直彰《IKAROS2015―遅れてきた下絵》2015年
⑩ 5月28日のレクチャー&トーク 左から西田俊英、山本直彰、尾長良範、玉蟲敏子

2015年8月12日