詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

第2回 秀逸企画賞に
栃木・那珂川町馬頭広重美術館の
「福を招く!猫じゃ猫じゃ展」

   小規模の美術館や博物館が企画した有意義な企画展にも光をあてようと、社団法人日本アート評価保存協会が設立した秀逸企画賞の第2回の受賞が栃木県の那珂川町馬頭広重美術館で昨年7月4日から9月7日まで開催された「福を招く!猫じゃ猫じゃ展」に決まった。

①


   近年、自治体や財団の予算削減によって館の活動が停滞する傾向にあることから、この賞は施設を管轄する自治体の首長や財団の理事長を表彰して意識を高めてもらい、副賞の30万円は授賞した館に与えるというユニークな方法をとっている。
 2月17日に、東京・銀座の同協会で行われた授賞式では、同協会副会長の河合正朝氏から、那賀川町の福島泰夫町長に賞状と副賞が授与された。
   自薦、他薦を含めた10館12展の中から決定した同展は、猫が描かれた浮世絵を中心に、江戸時代から昭和までに作られた招き猫なども加え、約400点を展観。同協会事務局長で元板橋区立美術館館長の安村敏信氏は、選考理由について「猫といえば国芳と言われてきたが、実は広重も好きだったという新しい視点を打ち出した研究の成果に加え、町が運営する小さい美術館だが、収蔵品を生かしながら企画に工夫をこらして頑張っている長年の努力も加味した」と話す。
   福島町長は「学芸員の企画を認めてもらえる素晴らしい賞だ。美術館は赤字だが、町民の活性化につながるので守っていく。皆が元気になればそれで良い」と美術館運営に意欲を見せ、同館の市川信也館長は「地方の美術館にとって励みになる」と喜びを語った。
①


   同展を企画した同館主任学芸員の長井裕子さんは「小さな美術館なので、子どもからお年寄りまで、いろいろな人にアピールでき、研究者にとっても新たな発見があったと思ってもらえるような欲張りな展覧会にしたかった」という。
   出品作品の中心は浮世絵だが、着せ替え人形や双六などの子ども向けのおもちゃ絵や郷土玩具の猫なども紹介し、子どもにも親しみやすい構成とした。また、研究面でも新展開があった。歌川国芳は猫好きで知られるが、名所絵の第一人者として知られる広重には猫の絵は少ない。しかし、三代広重が描いた『百猫画譜』を調べるうちに、初代広重の『浮世画譜』(写真③)に登場する猫の絵と類似することがわかった。これらの絵に関連した文章に「故人一立斎広重は、生前猫を好みて家に数匹を蓄ひ、画猫の余力飼猫の種々なる形象を写して貯へたるを」とあり、一立斎広重が初代広重であると考えられることから、広重は猫好きだったことを明らかにした。
③


④


⑤


   また、歌川国芳のシリーズで、題に用いられる「~たい」で終わる言葉に合わせ、その意味を示す姿態の美人を描いた《山海愛度図会》では、上部のコマ絵に諸国の産物が描かれる。これまでは、美人とコマ絵の関係がわからない作品が多かったが、その謎を解いた。例えば、《山海愛度図会 七 ヲゝいたい 越中滑川大蛸》(写真④)では、これまでは、美人が猫にかじられて「おお痛い」という題がついているのだと考えられ、コマ絵との関連性が明かにされていなかったが、今回の研究により、猫はざらざらした舌で美人の顔をなめていて、コマ絵の「なめりがわ」と「なめり顔」が「おやじギャグのように繋がっている」ことを解明した。同じく《山海愛度図会 三十八 えりをぬきたい 遠江須之股川01》(写真⑤)では、コマ絵に描かれた場所は鰻の産地としても有名で、女性のうなじと関連づけた言葉遊びになっていることを明らかにした。
   長井さんは「受賞をきっかけにいろいろな方に興味を持っていただき、美術館にいらしていただけると嬉しい」と話した。
   第3回秀逸企画賞の応募は、2014年12月から今年11月中会期の展覧会が対象で自薦他薦を問わない。締め切りは11月30日。問い合わせは社団法人日本アート評価保存協会事務局(〒104-0061東京都中央区銀座7-4-12銀座メディカルビル5階TEL03-3569-1250 https://ja2pa.or.jp/)まで。
執筆:西澤美子
--------------
◆那珂川町馬頭広重美術館◆
〒324-0613
栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
☎0287‐92‐1199
http://www.hiroshige.bato.tochigi.jp/
休館:月曜(祝日の場合翌日)、祝翌日
料金:一般500円(企画展)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
--------------
⑥


⑦


※建物は建築家の隈研吾が設計。建物に地元の素材を使っているのが特徴で、屋根の格子は八溝杉、館内の壁は那須烏山で作られた烏山和紙、床は白河石(芦野石)。
   館内のカフェ「雪月花」では、徳川慶喜が飲んだコーヒーを再現した将軍珈琲、地元八溝産在来種のそばを使用した手打ちそば、いしがきかりーなどを提供。運営する「はるこま屋」は町の味噌屋で、製造する味噌「あるちざん」が昨年の第57回全国味噌鑑評会で食料産業局長賞を受賞した。
【参考文献】
   『福を招く!猫じゃ猫じゃ展』図録 発行:那珂川町馬頭広重美術館 編集:長井裕子 2014年
写真キャプション
① 「福を招く!猫じゃ猫じゃ展」チラシ
② 河合正朝氏、福島泰夫町長、長井裕子主任学芸員、市川信也館長(左から)★
③ 歌川広重『浮世画譜』
④ 歌川国芳《山海愛度図会 七 ヲゝいたい 越中滑川大蛸》1852年
⑤ 歌川国芳《山海愛度図会 三十八 えりをぬきたい 遠江須之股川01》1852年
⑥ 美術館外観。設計は隈研吾 *
⑦ カフェ「雪月花」*
   ★日本アート評価保存協会事務局 提供
   *那珂川町馬頭広重美術館 提供

2015年3月17日