詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

第18回 DOMANI・明日展
未来を担う美術家たち 文化庁芸術家在外研修の成果

表現と素材 物質と行為と情報の交差をテーマに
国立新美術館で1月24日まで開催

  文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、研修の機会を提供して支援する制度の成果発表の場である「DOMANI・明日」展の第18回が、東京・六本木の国立新美術館で1月24日まで開かれている。

  今回は「表現と素材 物質と行為と情報の交差」をテーマに、在外研修を終えた11作家とゲスト作家1人、修復家2人の作品が紹介されている。素材を、絵の具や木材、金属などの物質だけではなく、発想の元になった出来事や行為、情報などを含めて幅広く捉えることで、柔軟で多様性のある作品を発表する作家に光が当てられた。

●「原子力船むつ」の意外な歴史を版で表現―風間サチコ

  墨一色の木版で戦争や原子力などの社会問題をテーマとする作品を発表し続けている風間サチコ(1972年東京都生まれ)は、同じ木版を元にした2枚1組の大作の新作《帰り船「黒い座礁」》《帰り船(白い未来)》を発表した。
  テーマは原子力船むつの歴史。昨年、国際芸術センター青森でのアーティスト・イン・レジデンスで制作したこともあり、青森に因んで、むつに着目したという。
  むつは1974年に青森県沖での航行試験中に放射能漏れを起こし、事故後は各地で帰港を拒否されて洋上に漂泊。その後紆余曲折を経て、原子炉が取り外され、代わりにディーゼルエンジンを積み直し、船体も白く塗られて海洋地球研究船「みらい」に作り変えられた。環境観測で航行する中で、近年は、福島の海の放射能汚染を調査する役割も担った。
  風間は、「皮肉な歴史が興味深かった。放射能漏れという事故を起こした船をペンキで白く塗り、『みらい』というポジティブな名前に付け変えてしまうように、黒い部分の多い絵を彫り進めて白くすることで、新しいイメージへの作り変えを一枚の版で表現してみた」という。
  船を引く人々を描く際も、《帰り船「黒い座礁」》では、「いくつもの港で帰港を拒否された船を引っ張り上げる謎の集団をイメージし、《帰り船(白い未来)》では放射能を調査する防護服を着る人たちとして表してみた」。
  船と原子力の歴史を描写だけではなく、画材を生かした制作方法にリンクさせて表現し、訴えかけている。
  ほかに、文化庁買上げとなった2005年の《風雲13号地》、消しゴム版画で名刺を作った《ぼんやり階級ハンコ》など11点の出品。風間は今回のゲスト作家で、文化庁優秀美術品買上げ制度で買い上げられた作家から今回のテーマに合致する作風であるとして選出された。

●巨大壁画の根底に日本画の素材と技法―木島孝文
  セメント、タイル、漆喰、鉄、真鍮、水晶、砂、骨、墨、胡粉、麻布などなど。多くの素材を用いて約8㍍四方の巨大壁画「A.R.#496 “Citrus”Paraiso」を完成させたのは、木島孝文(1974年東京都生まれ、2009~10年ブラジルで研修)。セメントや漆喰などの建築素材があるかと思えば、墨、胡粉などの日本画の画材も用いている。武蔵野美術大学で日本画を学んだという木島は、「日本画は岩絵具をにかわで定着させる技法を用いる。セメントも鉄粉も、粒子があるものなら定着させられるだろうと思い使った」という。タイルも箔を置くのと同じ感覚です」とのこと。
  描かれているのは、花、人、鳥など。原始的なイメージが漂う。研修先をブラジルにしたのは、「自分の生活圏から一番遠いところに行きたい」と考えたから。「いいものはいい、悪いものは悪いと言い、あまり難しいことは考えない国民性に触れ、自分の絵に描くモチーフもよりわかりやすく具体的になっていった」と言う。

●同じ時間や状況は2度とない―古川あいか
  よくあるカーテンのような布が天井から8の字型に吊り下げられていた。柄について作者の古川あいか(1982年愛知県生まれ、2012~13年ドイツで研修)に確かめると、「バックは剥いだ布団。色が付いた柄はひだのしわを強調したギリシャ彫刻の洋服」とのこと。「古代彫刻やバロック期やルネサンス期の遺産に見られる、しわくちゃな衣類のフォルムに興味を持ち、現存する日常の一部と合わせて作品を展開させている」という。
  「朝起きて布団を剥いで、夜寝る時に布団をかぶる行動は皆さん行っているが、同じしわくちゃなフォルムは二度とできないように、日常生活の中では、同じような状況が起こり、同じような時間が流れているように感じても、厳密には違う。それに気付くことが重要」だと考えている。
  剥いだ布団や脱ぎ捨てた衣類の一部をモチーフとした他の作品は、キャンバスに描かれ、壁に展示されているが、この作品≪Daydream≫は背後がすけて見える薄い生地で作られている。
  「今、私たちのいる空間へとつなげるきっかけとなるように」とのコンセプトで、今後はこうした動きのある作品にも取り組んでいきたいという。
  また、ギリシャ彫刻などの服をモチーフとしたのは、研修先のドイツ・ライプチヒでのオープン・アトリエで作品を見た来場者に「バロック美術や宗教画を連想する」と言われたことがきっかけだった。
  研修が制作の重要なテーマにつながり、新たな発想を生み、自由な展開を目指すきっかけとなったようだ。

  ほかに、「絵画に『光』=希望のようなものが現れることを求めて描き続けてきた」という富岡直子(1966年神奈川県生まれ、2006年ニューヨークで研修)が朝をテーマに描いた作品での明るく、澄んだ画面や、佐伯洋江(1978年大阪府生まれ、2012年ロンドン、ベルリンで研修)のシャーペンで自然を慈しむように描いた作品も透明感があり、爽やかだった。

  出品作家はほかに、ALIMO、栗林隆、線幸子、田村友一郎、西ノ宮佳代、野田睦美、松岡圭介、保存修復の石井美恵、奥村祥子。

執筆:西澤美子(文中敬称略)

【参考文献】
『18th DOMANI・明日展』図録 発行:文化庁、2015年

【会期会場】

2015年12月12日(土)~2016年1月24日(日)※火曜休館
午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで〈入館は30分前まで〉)
国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
詳細:http://www.nact.jp/

写真キャプション
①  風間サチコとその作品《帰り船「黒い座礁」》(右)、《帰り船(白い未来)》 2015年
②  木島孝文《A.R.#496 “Citrus”Paraiso》 2013-15年(左)、右は原画
③  古川あいか《Daydream》 2015年
④  富岡直子《朝陽のめざめ-Ⅱ》 2015年(右から2番目)など
⑤  佐伯洋江《Untitled》 2005年 第一生命保険株式会社蔵

2016年1月22日