詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

用の美に出合う
「民藝 MINGEIー美は暮らしのなかにある」

 約100年前に思想家・柳宗悦(1889-1961)は、暮らしのなかで使われてきた手仕事の品々に美を見出す「民衆的工藝=民藝」の考えを唱えた。本展では「衣・食・住」などの暮らしをテーマに民藝をひも解き、柳らが集めた品など約150件を展示する。

時を経ても変わらない魅力

 会場に入ると、民藝の世界が広がる。1926年、柳宗悦は富本憲吉、河井寬次郎、濱田庄司との連名で「日本民藝美術館設立趣意書」を発表し、そこで初めて「民藝」の言葉が使われた。1936年に日本民藝館を設立すると、1941年に「生活展」を開催。民藝の品々で室内を飾り、来館者が展示品である椅子に座って鑑賞できるという展示スタイルは当時、画期的だったという。本展監修者の森谷美保さんによると、民藝館の展示では、柳の家で日常的に使われている品が翌日には民藝館で展示されているということが頻繁にあったというが、実際の生活空間で民藝を味わってほしいという柳の思いが伝わってくる。
 
 本展ではそこで実際に展示された作品を中心に生活展の再現が試みられていて、当時の雰囲気を感じる。一つの展示として、限られたスペースでこれほどの空間がつくられていることに感心する。暮らしの空間の中で民藝の姿が生きることを実感しながら、時代を経ても変わらない民藝の力を感じる。

 「衣」の展示では、江戸時代、身分の高い女性たちが姿を隠すために、頭の上から被った被衣(かつぎ、かずき)も展示されている。もともとあった着物を染め直して被衣に仕立てたものもあり、時代を経てなお堂々とした美しさがある。

 器の展示空間も楽しい。縄文土器やイギリスのスリップウェアなど幅広い時代のさまざまな器を鑑賞する。濱田がイギリスから持ち帰ったスリップウェアを初めて手にした柳の感動は大きかったという。その後、スリップウェアの手法は、民藝の作家たちから日本各地の陶工へと伝えられていった。

「住」空間の展示風景
「住」空間の展示風景

日本各地や世界で収集した品々

 柳らは民藝の品を求め、積極的に国外へと出ていった。1936年と1937年に、柳、河井、濱田は続けて朝鮮を訪れ、当時朝鮮で作られていた日用品を購入した。座布団代わりの円座はデザインがかわいらしく、文字が編み込まれているのも面白い。朝鮮でこの品を見つけた時の柳らの気持ちを想像する。

円座 朝鮮半島 1930年代 日本民藝館蔵
円座 朝鮮半島 1930年代 日本民藝館蔵

 柳の没後、濱田、芹沢銈介、外村吉之介は『週刊朝日』で2年にわたって紹介した世界の品物を一冊にまとめて書籍「世界の民芸」を刊行した。掲載品の産地はヨーロッパ各国、旧ソ連、北米、南米、アフリカなどさまざまで、国はできるだけ重複しないように、さらに当時作られていたものを選ぶよう心がけたという。
 
 「世界の民芸」の展示エリアは、色分けされた展示台が映える。国や地域が違うと生まれるものも異なっていて、それぞれの国や地域性を感じる多様な民藝を見ることができる。

 1968年、芹沢銈介がアメリカ、サンディエゴで個展を行った際に入手したというメキシコの入れ子の土鍋に魅せられる。内側に釉薬をかけた陶器だというが、釉薬の輝きからか革のような印象も受ける。少しいびつな形やシンプルな美しさに感動を覚える。パナマ、サンブラス諸島の手仕事として知られる双魚文上着裂(モラ)は、色の異なる2枚の布を重ね合わせたもので、赤と黄色のバランスや刺繍が施された魚のデザインなど、全体を見ても細部を見てもみどころが多い。

メキシコ グアダラハラ市近郊 入れ子土鍋 20世紀後半 土器 静岡市立芹沢銈介美術館蔵
メキシコ グアダラハラ市近郊 入れ子土鍋 20世紀後半 土器 静岡市立芹沢銈介美術館蔵

 本展後半には「民藝の産地―作り手といま」と題し、日本の5つの産地に焦点をあてて、そこで現在作られている品を展示するほか、現地を訪れ制作された映像が流れる。江戸時代中期から続く歴史をもつ大分県の小鹿田焼もそのひとつ。1954年、バーナード・リーチは柳らと共に小鹿田を訪れ、20日間ほど滞在して制作を行った。その時にリーチが制作したピッチャーも展示されているが、伝統的な技法の櫛描を使いながらもどこか独特でイギリスを感じるような色やデザインに足が止まる。この時、リーチが職人に指導したことからコーヒーカップの生産が始まったという。鮮やかな紅柄紙を特徴とする富山県の八尾和紙も美しい。

小鹿田焼(大分県)
小鹿田焼(大分県)
八尾和紙(富山県)
八尾和紙(富山県)

 たくさんの民藝の品々を見て、質のいいものに出合ったというすがすがしい気持ちで満たされる。実用品に美を見出し、暮らしの中の美を大切にしたいという気持ちを強くする。
 
 
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:堀内まりえ
*写真は主催者の許可を得て撮影しています。また本展では一定の条件のもと、撮影が許可されています。
 
<参考文献>
公式図録「民藝 MINGEIー美は暮らしのなかにある」朝日新聞社、東映 2023年 

民藝 MINGEIー美は暮らしのなかにある
MINGEI:The Beauty of Everyday Things
 
【会期・会場】
2024年4月24日(水)~2024年6月30日(日) 世田谷美術館(東京・世田谷区)
 
展覧会HP:https://mingei-kurashi.exhibit.jp/
 
【今後の巡回予定】
2024年7月13日(土)~2024年9月23日(月・祝) 富山県美術館
2024年10月5日(土)~2024年12月22日(日) 名古屋市美術館
2025年2月8日(土)~2025年4月6日(日) 福岡市博物館