詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

生誕450 年! シェイクスピアの作品世界を視覚で堪能

   シェイクスピアの作品からインスパイアされた視覚芸術に出会える
「見つめて、シェイクスピア!~美しき装丁本と絵で見る愛の世界」展
が9 月28 日(日)から練馬区立美術館で開催されている。
サブタイトルの通り、展覧会はシェイクスピアをテーマにした、皮装
丁本と絵画作品・挿絵本展示のふたつが大きな柱になっていて、約
260 点の出品作品で構成されている。

   装丁本は英国の製本装丁家協会「デザイナーズ・ブックバインダーズ」
主催の国際製本コンペティション(2013_テーマがシェイクスピア)
の入賞作品で世界中の装幀家による作品が勢揃いしている。
■装丁優秀賞作品はハンナ・ブラウン(イギリス)の「シェイクスピ
アの花園」
。ヨーロッパではシェイクスピアの戯曲に登場する植物で造
られた庭を「シェイクスピアの花園」と呼ばれているそうで、アーツ
アンドクラフツ運動にも名を連ねたウォルター・クレインは絵本『シェ
イクスピアの花園』(『Flowers from Shakespeare’s Garden』(1906) の
復刻版/マール社)の中で、ローズマリー、三色スミレ、ヒナギク、
野バラなどを擬人化した美しいイラストで描いている。作者はこの本
を、深い夜を思わせる濃い青の空間と鮮やかな色彩を放つ花々のコン
トラストで幻想的な庭を表現している。
   中には、従来の本の形や、皮素材からはみ出した装丁作品にも出会え、
装丁への概念を鮮やかに覆してくれる。
■ヤン&ヤメラ・ソボタ(チェコ共和国)の作品「装丁:本の彫刻」
はエリザベスカラー、独特の髪型とひげで、誰もがシェイクスピアと
認識できる上半身をモチーフにしていて、どこから見ても本の形では
ない。シェイクスピアその人そのものの姿をオブジェ化する事で、時
にロマンティックで美しいイメージの作品世界にとらわれ、つい薄れ
がちな、深い人間観察眼に優れ、心理描写に卓越した作家シェイクス
ピアの存在感を思い出させてくれる。

■日本人の入賞作品も何点かある中で、オックスフォード大学
学生賞の野村悠里の「シェイクスピア能、英語能ハムレット」

は和洋混合製本様式をとっていて、黒と草のゴート革、金箔、
黒漆の技法、和紙見返し、ケースはNOH(能)、HON(本)と
いう装飾が施されていて東西の製本文化を融合させている。

   もう一つの柱、絵画・挿絵本コーナーでは、いくつかの章立てを
追って作品に出会える展示が施されている。
■序章では謎に包まれた16 枚のシェイクスピアの肖像画が迎えて
くれる。シェイクスピア本人を描いたものといえる肖像画は2 点し
かないという説もあり、肖像画の多くは本人を目の前に置いて、描
かれたかどうかも不明とされていて、私たちが知っている彼の顔が
果たして本物なのかは疑わしい事になる。むしろこの謎を逆手に
取って、イメージにあう、自分にとってのシェイクスピアを見つけ
るという楽しみ方もありそうだ。

   100 点近い挿絵作品のコーナーは、戯曲、悲劇、喜劇、史劇等の
要素で構成されている。
■四大悲劇「ハムレット」、「オセロー」、「リア王」、「マクベス」の
コーナーでは、ドラクロワやテオドール・シャセリオーなどの絵画・
版画の作品で構成されている。ウジェーヌ・ドラクロワのリトグラ
フの連作のうち「オフィーリアの死」(『ハムレット』1843 年)
は、
狂気を装った恋人のハムレット王子と自らの父の死という不幸のた
め自らも正気を失い、川で溺死をするオフィーリアを描いたおなじ
みの場面。作品はかろうじて木の枝につかまっているが、生気を失
い、死の影が濃いオフィーリアの姿を細密なタッチで表現されてい
る。悲劇のヒロインにあるべき美しさ、はかなさからはかけ離れた
ドラクロワ版オフィーリアには、妙な現実味を感じ興味深い。

■重厚で古典的な挿絵作品のなか進んで行くと、突然、トンネルを抜け
た様に、愛の画家・シャガールの「テンペスト」の版画の連作が、マシュ
マロのような柔らかさで肩の力をぬいてくれる。
繊細な手法と物語性あふれるアーサー・ラッカムの挿絵本「テンペスト」
と比較してみられるのも楽しみだ。
   戯曲作品のキャプションにはあらすじが添えられていて、挿絵と
文字の両方でシェイクスピア作品を味わえる。

■絵画作品では、ジョン・シモンズの「真夏の夜の夢…… パックや
妖精たちに囲まれたハーミア」(1861 年/水彩)
が、光と影のコン
トラストで幻想的な世界を放っていた。ハーミアは物語に登場する
アテネの乙女で、恋人との結婚を父親に反対され駆け落ちをした森
の中でさまよう様子が、シモンズの透明感のある鮮やかな色彩で描
かれている。妖精に見守られ、官能的な立ちポーズを堂々ととる姿
からは、恋に悩む乙女の初々しさよりも、愛を絶対ものと疑わない
女性の逞しさを感じてしまう。それにしても、この水彩画とは思え
ない色彩の透明感は、CG 作品ではないかと見いってしまう。

   どうして展覧会タイトルに「見つめて」がついてるのか…きっと
サラっと見るだけじゃなく、「どこに、シェイクスピアの香りが?」
「あ!あの物語の色だ!」「こんなシィクスピアの形も!?」などど
展示作品から想像して、感じて、物語を楽しめる展覧会なのかもと
ツラツラと考えていたら、展覧会チラシにもじっくり「見つめて」
くださいというコメントが… 
見つめて、感じて…ちょっとアートな秋のひとときを、どうぞ…
展覧会は11 月30 日まで。 その後、滋賀県立美術館で巡回予定
(2015 年2 月7 日~ 4 月5 日)

2014年10月20日